日本の轍

毎週火曜 午後9:54~10:00

※3月31日(火)の放送は、午後10:54~11:00です。

12月24日(火)

第194回「多武峰街道~義経伝説が生んだ料理~」

多武峰街道—とうのみねかいどう

多武峰街道

多武峰街道

奈良県を通る多武峰街道。
この街道には、数々の不思議な伝説が残っています。
国家に不祥事があった際に、真っ二つに割れたという巨岩。そして、源義経の逸話から生まれた老舗の宿に伝わる名物鍋。
多武峰街道、そこには、義経伝説から生まれた鍋の轍がありました。

紹介した内容

御破裂山—ごはれつさん

標高607mの御破裂山は、国家に不祥事が生じる時に激しく揺れると信じられています。
街道沿いにある巨岩の中央には、大きな割れ目が入っており、これは江戸時代、御破裂山が激しく揺れた際に出来たと言い伝えられています。

聖林寺

十一面観音像

いにしえの鍋料理

義経鍋—よしつねなべ

義経鍋は、源義経が兄の頼朝から追われる身となり、多武峰に落ち延びた時、僧侶の十字坊がもてなした料理が起源とされています。
鍋の材料には、鴨やイノシシ、山菜などの山の幸を使用し、その味は、多武峰にある老舗の宿に受け継がれています。

子安延命地蔵菩薩

子安延命地蔵菩薩

関西テレビ ページトップへ戻る