日本の轍

毎週火曜 午後9:54~10:00

10月29日(火)

第186回「暗越奈良街道~奈良ホテルの宝~」

暗越奈良街道—くらがりごえならかいどう

暗越奈良街道

暗越奈良街道

大阪と奈良を結ぶ暗越奈良街道。
街道のほど近くに1909年に開業した「奈良ホテル」がある。
和洋折衷の重厚感のあるつくりで、皇族や国賓、多くの著名人が来館しました。
暗越奈良街道、そこには奈良の古き良き時代を伝える轍がありました。

紹介した内容

奈良ホテル

奈良ホテルは、明治の終わりに急増した外国人観光客のために開業をしました。
周囲の景観と調和した見事な建物は西の迎賓館としても使われました。
オードリー・ヘップバーンやチャールズ・チャップリンなど著名人や各皇族方、当時の首相の多くも来館しています。

奈良ホテル

奈良ホテル

いにしえのピアノ

アインシュタインが弾いたピアノ

相対性理論で知られる物理学者のアルベルト・アインシュタインは、奈良ホテルに宿泊した際、ホテルにあったピアノを弾きました。
その当時の写真がホテルには今も残っています。
ピアノは戦後に一度行方不明になりましたが、現在は同ホテルに戻り、アインシュタインが奏でた当時のままの姿で訪れる多くの人に親しまれています。

アインシュタインが弾いたピアノ

写真

関西テレビ ページトップへ戻る