日本の轍

毎週火曜 午後9:54~10:00

※10月15日(火)の放送は、
「FIVBワールドカップバレーボール2019 男子 日本×カナダ」
延長の際、放送時間が繰り下がる場合があります。

9月17日(火)

第180回「杣街道~甲賀の伝統食~」

杣街道—そまかいどう

杣街道

杣街道

滋賀県を通る『杣街道』。
この街道が通る滋賀県甲賀市では伝統野菜のユウガオの実が栽培されている。
地元ではユウガオの実の芯を、煮物にして味わうのが昔からの習わしだといいます。
杣街道、そこには、いにしえからつながる天然食材の轍がありました。

紹介した内容

ユウガオの実

ユウガオの実は、かんぴょうの原料で滋賀県甲賀市では江戸時代から栽培されています。
収穫したユウガオの実はかんぴょうにする為にすぐに帯状に薄く削ぎ1本ずつ竿にかけてから天日干しにします。
10キロほどに育った熟し過ぎず、ほどよい固さのユウガオの実がかんぴょうには最適だといいます。

ユウガオの実

ユウガオの実

いにしえの伝統料理

ユウガオの外側の実は、かんぴょうに使われ残った芯は「中子」と呼ばれます。
地元では古くからこれを煮物にする習わしがあります。
みずみずしいうちに調理すると旨味が増すといわれ油揚げと一緒に炒めて砂糖と醤油で味を付けます。
1日寝かし冷まして食べると、とろっとした食感が特徴の煮物に仕上がります。

いにしえの伝統料理

いにしえの伝統料理

関西テレビ ページトップへ戻る