日本の轍

毎週火曜 午後9:54~10:00

7月2日(火)

第169回「淡路往還~夏の名物 鱧すき鍋~」

淡路往還—あわじおうかん

淡路往還

淡路往還

淡路島を一周する道、淡路往還。
この道は、港を結ぶ道として江戸時代から豊かな海の幸が運ばれてきました。
夏に旬を迎える鱧も、その一つ。
産地の淡路島では古くから、夏でも鍋にして食べることが伝統となっています。
淡路往還、そこには自然の恵みを届ける轍がありました。

紹介した内容

鱧—はも

兵庫県淡路島では夏になると鱧が旬を迎えます。生命力が強く交通網が整備されていない時代も大阪や京都などに生きたまま運ばれていました。調理には小骨が多い為、皮を1枚残して切る「骨切り」という独特な技法が用いられます。
また頭などのアラは出汁にいれると鱧の旨味が凝縮された鍋を味わえるといいます。

鱧

鱧

いにしえの鱧すき鍋

鱧すき鍋

鱧すき鍋は淡路島の鱧と玉ねぎを使った郷土料理です。
古くから夏バテに効く料理として、特に漁師たちの間で食べられてきました。鱧の栄養を余すことなく摂れる為、夏でも鍋で食べる伝統が今も息づいています。

関西テレビ ページトップへ戻る