9月19日(日)

ご意見ピックアップ

関西テレビに寄せられた視聴者の皆様からのご意見・お問い合わせを紹介し、回答する「ご意見ピックアップ」のコーナー。今回は、「晩ご飯の時間に食用コオロギが映り、気分が悪かった」と「カンテレ通信は、すべての時間を質問への回答に充ててほしい」というご意見について担当部署がお答えします。

『カンテレ通信』では皆様からのご意見をお待ちしております。番組でご意見が採用された方には、関西テレビで月曜から金曜の午後に放送中の『2時45分からはスローでイージーなルーティーンで』などの特製グッズを差し上げます。

『報道ランナー』 (メール/男性/20代)

  • ちょうど晩御飯の時間にも関わらず、新食材としてコオロギの特集が放送されており、非常に気分が悪かった。もう少し放送の時間帯、スケジュールをどうにかしていただきたかった。

  • 報道センターの回答

    今回ニュースとして取り上げたのは、大学の研究をベースにしたベンチャー企業の取り組みで、世界のたんぱく質不足を解決するためにコオロギを新たなたんぱく源として定着させたいというものです。皆様に知っていただく意義のある内容であると考えて取り上げたものですので、ご理解いただきたいと思います。

  • コメンテーターから

    わかぎゑふさん
    私は旅行の大半がアジアとか、わりと過疎地域が多いので、はっきり言って全然抵抗もなく、あらゆるものを食べてきましたので、(今回の映像も)美味しく見ましたけど。ただ、都会の若い人は本当にやっぱり、自然からもう離れて生活してしまっているので、びっくりするんだろうなって思うこともあるし、こんなグルメの国なのに、食に対する好奇心が少ないのが、ちょっと残念だなと思ったことと、もうひとつは食べ物ってアップで見たら、ちょっとグロテスクなんです、どんなものでも。それは、テレビではあまり映してほしくない映し方だなと思うことはよくあります。

    佐藤卓己さん
    私もこの特集を目にしました。非常にインパクトのある映像だったので、食事時じゃなくても、やはり気分が悪くなるという方がおられるのかもしれないとも感じます。しかしながら、食糧問題は21世紀のグローバルな課題として、SDGsにも取り上げられていることですから、目をそむけず、みんなで考えていく必要のある重要な問題だと思います。

『カンテレ通信』 (メール/女性/50代)

  • 毎月すごい数の意見が来ているのなら、カンテレ通信の時間全部を視聴者の意見に答えてほしいと思います。

  • 法務・コンプライアンス部の回答

    いつも「カンテレ通信」をご覧いただき、ありがとうございます。 この番組では、毎日たくさんお寄せ頂くご意見やご質問の中からいくつかをご紹介し、時間の許す範囲でお答えしています。また、放送法で設置が義務付けられている番組審議会の報告をしていて、これは放送局としてかならず行う必要があります。
    このほかに、番組制作の裏側や放送以外の活動、取り組みについても取り上げることで、関西テレビのことをより深く知っていただきたいと考えています。これからも『カンテレ通信』を見ていただくことで、また違ったテレビの見方を見つけていただきたいと考えています。

  • コメンテーターから

    佐藤卓己さん
    大変たくさんのご意見が来ているということは報じられているわけですが、実際にどのくらいの数なのか、あるいはそのうち電話が何パーセントで、手紙が何パーセント、あるいはインターネットを介したメールが何パーセントといった内訳等について、私は個人的にも関心があります。おそらく視聴者の方も、そうした数字には関心があるだろうと思います。その意味では、できる限り、どういう番組に、どのようなご意見が来ているのか、その傾向も含めて、何らかの形で告知するコーナーがあってもいいのかなと感じます。
    もう一つ重要なことは、批判的なご意見だけではなくて局の側で見せたい特徴であるとか、良質なコンテンツを見ていだだくのもまた、メディアリテラシーという観点からは重要なことだろうと思いますね。問題点だけではなく、良い点を見ておくことが、鑑識眼を高める上では重要なことであると思います。

    わかぎゑふさん
    先生と、ほぼいっしょですけど、いつもはできないかもしれませんが、「何通くらいのお便りが来ていて、こういった傾向があります」、みたいなことは、この番組だったら報告できるかなって思うので、なんかそういう機会をつくってもいいかなと思いましたね。

カンテレACT

関西テレビのアクション、様々な事業や社会貢献の取り組みを通して、どのように企業としての社会的責任を果たそうとしているのかについての情報を提供する「カンテレACT」のコーナー。今回は、キャンプなどの活動を通じて青少年の育成を目指す「関西テレビ青少年育成事業団」を取り上げ、新型コロナウイルスの流行下での取り組みや、育成事業への参加者の思いについて、お届けします。
「カンテレ通信」初代MC・石巻ゆうすけは青少年育成事業団の事務局長
「カンテレ通信」初代MC・石巻ゆうすけは青少年育成事業団の事務局長
緊急事態宣言の延長で佐藤さんは引き続きリモート出演
緊急事態宣言の延長で佐藤さんは引き続きリモート出演
関西テレビ青少年育成事業団のサイトはこちら
https://www.ktv.jp/kfyd/index.html

インフォメーション

次回予告