カンテレ通信

第3・第4日曜 午前6:30~7:00

2019年4月21日(日)

ご意見ピックアップ

関西テレビに寄せられた視聴者の皆様の様々なご意見・お問い合わせを紹介します。

関西テレビに寄せられた視聴者の皆様の様々なご意見やお問い合わせを紹介します。
視聴者の方からのご意見にお答えする「ご意見ピックアップ」のコーナーでは『R-1ぐらんぷり』をご覧になった女性からいただいた「お客さんの笑い声が演出じみていて不快だ」というご意見のほか計2件と2018年度のご意見総数ベストを紹介します。


※このコーナーでは、皆様のご意見を募集しております。番組で採用されたご意見をお寄せいただいた方には火曜よる9時から放送のドラマ『パーフェクトワールド』のクリアファイルを差し上げます。

視聴者からのご意見 2018年度総数(2018年4月~2019年3月末まで)

73,404件

視聴者からのご意見数・2018年度番組ベスト8

ご意見ピックアップ

3/10「R-1ぐらんぷり」(40代/女性/メール)

毎年「R-1ぐらんぷり」は楽しみにしていますが、年々お客さんの笑い声が演出じみてきていませんか?バラエティ番組ならばいいですが、グランプリと銘打つ番組なのですから、演出のわざとらしい笑い声やキャーと言う声、必要以上の拍手、そして東京の番組でよく聞くフゥーと言う声は必要ないです。視聴者はグランプリのバチバチした戦いを見たいのであって、演出過多なショーを見たい訳ではありません。

編成部の回答

「R-1ぐらんぷり」をご覧いただきましてありがとうございます。
観客の皆さんには番組の説明時に、盛り上げてくださいとお伝えしていますが「こういう風にしてください」というような演出はしておりません。
その時々の観客の皆さんの反応も含めてお楽しみいただけたらと思います。

コメンテーターから

影山孝彦さん
R-1はM-1と比較されることが多いのですが、M-1はどちらかというと緊張感のある笑いを売りにしています。一方のR-1は緊張の中にもアットホームというかやわらかさを演出しています。笑いにもそれが反映していて“華やかな笑いが多い”ということでこの方もご意見をくださったのだと思いますが、私は色んな笑いがあって良いと思います。

3/1『再放送ドラマ』(40代/女性/電話)ほか計9件

昨日とまったく同じ内容を放送していますね。いったいどういう事ですか?

編成部の回答

この度はご意見頂戴しありがとうございます。ご指摘頂きました「再放送ドラマ」につきましては毎週月曜から金曜日の午後、3月末までは57分、現在は55分枠で放送しています。この枠は、既に一度地上波にて放送されたドラマなのですが、例えば、そこでの放送時間が1時間ではなく90分だった場合、放送枠に収まらず前編・後編の2回に分けて編集し直して放送しています。その際、ご指摘頂いたような重複部分が発生します。前編の終盤には「この続きは後編で」という旨の、後編では冒頭に「前編と重複している部分がある」という旨のテロップを掲出し、ご説明をさせて頂いております。何卒ご理解いただき、今後も再放送ドラマをお楽しみ頂きますよう宜しくお願い致します。

コメンテーターから

影山孝彦さん
視聴者の方の気持ち良く解かります。そこで編成部の方に提案があります。
(編成上の都合で)余った時間に前日の振り返りを入れるのではなく、ドラマの未公開シーンをお見せしたり、出演者の方に何か語っていただいたりしてはどうでしょう?それが無理なら監督や脚本家がドラマのウラ話を語るミニ番組を編成したらどうでしょう?
同じシーンを繰り返し見せられたら視聴者もつらいだろうし、もっと視聴者に満足してもらうサービスや工夫をしてほしいと思います。

カンテレEYE

関西テレビの番組を通じメディアリテラシー、メディアの読み解き方を視聴者とともに考え、作り手との相互理解を目指す「カンテレEYE」のコーナー。今回は、FNSアナウンス大賞を受賞した、『報道ランナー』フィールドキャスターを務める関西テレビ・坂元龍斗アナウンサーに密着します。

インフォメーション

次回予告

『カンテレ通信』は皆様のご意見をお待ちしています。

次回の放送は4月28日(日)です。CSRファイルのコーナーは関西テレビが2009年から継続している映像制作支援活動「学びアイ」の新たなチャレンジと「学びアイ・作品鑑賞会」の模様を紹介します。支援を受けた学校の放送部が関西テレビに集まり、それぞれが渾身の作品を上映。生徒やプロのテレビマンが熱く本音で意見や感想をぶつけ合う様子をご覧ください。お楽しみに!

関西テレビ ページトップへ戻る