カンテレ通信

第3・第4日曜 午前6:30~7:00

原則、毎月 第3・第4日曜の2回(5週月は第4・第5日曜)

2017年10月22日(日)

ご意見ピックアップ

関西テレビに寄せられた視聴者の皆様の様々なご意見・お問い合わせを紹介します。

今回は、「地震速報のテロップがわかりにくい」というご意見にお答えし、「バラエティ番組などに後で足していると思われる笑い声や驚きの声が不快だ」というご意見についてはスタジオで一緒に考えます。

※このコーナーでは、皆様のご意見を募集しております。ご紹介させていただいた方には、ドラマ「明日の約束」特製クリアファイルを差し上げます。

地震速報(60代男性 メール)

貴局の地震速報なのですが、毎回時刻だけで場所の通知がありません。他局では<○○時○○分頃○○地方で地震がありました>とテロップが流れます。
貴局で驚かされたのは、時刻だけの後、次のテロップで○○町震度3という情報です。思わず「何処やねん?」とつっこみたくなりました。
事前に○○地方と分かっていれば推察もできるのですが、改善して頂ければ幸いです。

報道センターからの回答

地震情報を速報でお伝えする際は、「地震が発生した時刻と、場所ごとの震度、そして津波のあるなし…」を出来るだけ早く、そして簡潔にお伝えすることが大切なので、文字数も出来るだけ少なくしようと考えて、現在のスタイルになっています。
震度と場所をお伝えする画面で、どの地域に関係があるか、という事もお伝えできると考えておりますが、(地点ごとの震度をお伝えする際)なじみのない地名だと、結局どこの地域で地震が起きているのか、自分たちに影響があるのか分からない…というケースも確かにあるかもしれません。
このようなご意見をいただいたことも踏まえて、今後の表現の仕方についても研究していきたいと考えております。

番組コメンテーターより

影山貴彦さん
場所と時間、そして地震の規模・震度というのは、最も早く正確に知りたい切実な情報の一つだと思います。この方がおっしゃる通り、関西テレビの速報は場所がすぐ出ないため、待って待ってやっと出たのが知らない地名だと思わず「どこやねん!?」と突っ込みたくなる気持ち、私には良くわかります。

わかぎゑふさん
日本のどこで起きているのか?判るだけでもかなり(視聴者の方の)気持ちは変わると思いますが、「表示できる文字数に制限がある」と聞いてしまうとこれは難しい問題だなと思いました。

苦情(40代男性 メール)

バラエティ番組などで、ナレーターや出演者が話した後に、よく「えー」などという観客の声が流れますが、気になって番組内容に集中できません。
数年前から、頻繁に「えー」と驚いたり、「あー」と感心したりするような声が流れる番組が増えたように思います。こうした声は、実際の観客の声ではなく効果音であって、重ねて録音することで臨場感を演出していると思われますが、正直言ってかなり不快です。
さほど驚く内容でもないのに、「えー!」と流れると、さらに「イラッ」とするので、せっかくの番組が台無しになっていると思います。

番組コメンテーターより

影山貴彦さん
昔のテレビは比較的大げさに演出する傾向が確かにありました。しかし最近、私の大学の教え子も「テレビの中の白々しい笑い声がすごく嫌です」と言ってくるなど、必ずしもそうではないようです。視聴者の皆さんが成熟し、テレビがよりシビアになっていると思います。

わかぎゑふさん
私は子供のころ『奥さまは魔女』という海外の番組をよく見ていたのですが、この番組ではよく「わ~!」と笑い声が入っていました。私これがすごく不思議で、また好きでした。なんだかとてもテレビっぽいと思いますよ。

問い合わせ(20代女性 メール)

朝方に流れている「おはようおはようおはぽっぽーおはようおはようおはブーブー」というような音楽のフルを聴きたいのですが、ネットで検索しても出てきません。曲名等はあるのでしょうか?

番組で調べました

・曲名は『おはようアニマル編』。正確には動画の作品名です。
・関西テレビ、朝のオープニング用として2014年につくられました。
・販売・配信などはされていませんが、オープンスクールなど、関西テレビのCSRイベントの会場で上映されることがあります。

カンテレEYE

関西テレビの番組を中心に、メディアリテラシー<メディアのメッセージをどう読み解くか、またどうつきあっていけばいいのか>についてご紹介します。

自他ともに認める(?)関西テレビの「用語番長」こと、豊田康雄アナウンサーが、日常的に使われる言葉と、テレビで使われる言葉・いわゆる放送用語について違いや、それぞれの意味を掘り下げ、視聴者の疑問を共に考えます。
今回は、今どきの「盛った言葉」をしっかり掘り下げます!!「用語ざんすか?」

カンテレEYE

インフォメーション

次回予告

『カンテレ通信』は皆様のご意見をお待ちしています。
次回は11月19日(日)に放送の予定です。

関西テレビが「京都大学iPS細胞研究所」と共に、関西テレビ本社1F・なんでもアリーナで開催した講演会「山中伸弥教授に聞く、ヒトiPS細胞研究の10年」の模様をおつたえします。

関西テレビ ページトップへ戻る