カンテレ通信

第3・第4日曜 午前6:30~7:00

原則、毎月 第3・第4日曜の2回(5週月は第4・第5日曜)

2017年6月25日(日)

ご意見ピックアップ

関西テレビに寄せられた視聴者の皆様の様々なご意見・お問い合わせを紹介します。

今回は、「番組の“編成”と“視聴習慣”」「あるドキュメンタリー番組がきっかけで芽生えた日米小学校の交流」などについてお答えします。

※このコーナーでは、皆様のご意見を募集しております。ご紹介させていただいた方には、カンテレ特製クリアファイルを差し上げます。

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班

前のドラマ『嘘の戦争』がすごく面白かったので、次のドラマも期待できそうだと思い、視聴しました。
やはりカンテレさんは熱の入った、視聴者を楽しませようとするドラマを作ってくれますね。
『嘘の戦争』でできた火曜9時の視聴習慣、次のクールも楽しみにしています。
いいドラマを作り続けてください。

編成部からの回答

『嘘の戦争』そして『CRISIS』をご覧いただき、誠にありがとうございます。
連続ドラマの多くは3カ月単位で作品が切り替わっていくのが現状ですが、視聴者の皆さまに「火曜9時のドラマ枠」として期待していただけるようになるとすれば、これほどうれしいことはありません。
引き続きご期待に応えるドラマを送り届けられるよう、努めてまいりたいと思います。
これからも火曜9時のドラマをよろしくお願いいたします。

番組コメンテーターより

影山貴彦さん
放送する枠、時間帯については、僕も放送局で編成の仕事もしていたのでよくわかるんですが、人気番組であればあるほど、時間帯を移動させるのはリスクも結構伴います。
そんな中で視聴者の方からこのようなご意見を頂けるのは、うれしいことですよね。

わかぎゑふさん
テレビのドラマを見て、劇場に行ったり、お芝居にも来てくださるという階段みたいなものもあるので、若い人にもぜひドラマをいっぱい見てほしいです。
9時というのはいい時間だと思いますね。

みんなのニュース 報道ランナー

片平さんの「お天気図鑑」で、お花の写真が紹介されました。
新実さんが「スイセンみたいな葉っぱですけど」とご存じなかったようですが、あれは「シャガ」という名前のアヤメ科のお花です。
昔学校から帰る時によく見かけたものです。
懐かしいです。
こういう情報があったとお伝えください。

石巻アナウンサー

シャガはおっしゃる通りアヤメ科で、またアヤメ科では珍しく、冬でも葉の枯れない常緑性が特徴だということです。
情報をありがとうございました。

ザ・ドキュメント みんなの学校

私の義理の兄はアメリカ人です。
関西テレビの番組『みんなの学校』を、ニューヨークで『School for Everyone』というタイトルで視聴しました。
義理の兄は作品に感銘を受け、クイーンズ区にある学校の校長に話したところ、校長も大変興味を持ち「作品に出てくる大空小学校と姉妹校になれないか」と相談を受けました。
義理の兄はことし日本を訪問した際、大空小学校に出向き、姉妹校の申し出を快く受けて頂くことができたそうです。

私も素晴らしい作品だと思いました。
ニューヨークの全ての小学校でこの作品を見ることができれば、こんなに素晴らしいことはないと思います。
もし英語字幕付きのDVDがあるようでしたら、購入することは可能でしょうか。

石巻アナウンサー(補足)
『みんなの学校』は関西テレビが制作し、2013年5月に放送したドキュメンタリー番組です。
特別支援教育の対象となる子どもたちと共に学びながら、誰にでも居場所がある学校作りをみんなで目指す、大阪市立南住吉大空小学校の取り組みを長期にわたって追いかけたもので、文化庁芸術祭大賞や日本放送文化大賞準グランプリなど数々の賞を受賞した作品です。

報道センターからの回答

お問い合わせをありがとうございます。
4年前に番組を制作した時点では、海外を意識したわけではなく、地元・関西の方に大阪での取り組みを知ってほしいと思っていましたが、時間や場所を越えてアメリカの方にも共感していただけたことに驚きと喜びを感じております。

ドキュメンタリーは被写体になった方たちにとって、大きな負担となったりするものですが、大空小学校にも視察が増えたりするなど、いろいろな影響がありました。
現在の校長先生にこの件を尋ねると、アメリカの学校とつながりができたことを前向きに捉えていただいており、安心するとともに素晴らしい学校だと改めて感じました。

『みんなの学校』は子どもたちのプライバシーにかかわる映像が多いため、今後もDVD化の予定はありません。
それでもこの学校の取り組みを知って頂くために映画としてリメイクし、劇場での公開を実施しました。
現在までに日本国内のおよそ1200カ所で上映会が行われ、多くの方に見ていただいております。
『みんなの学校』が広く海外でも必要として頂けるのであれば、映画に字幕などを付けた「外国語版」が製作できればよいと思います。
今後の課題にしていきたいと思います。

石巻アナウンサー(補足)
番組から発展した映画『みんなの学校』は、現在も全国各地の劇場や公民館、地域の学校などで上映会が行われています。
今後の上映スケジュールは公式サイトで知ることができます。
また7月には大阪で自主上映会を行った人たちも集う「みんなの学校 全国大会」が開催される予定です。

番組コメンテーターより

影山貴彦さん
番組の力、作品の力というのは、本当に素晴らしいものだと思います。
いろんな条件があって難しいということでしたが、DVD化に向けても何とか努力してほしいところですね。

わかぎゑふさん
お芝居は見たら終わってしまいますが、作品が残るということがまずいいところですよね。

カンテレEYE

関西テレビの番組を中心に、メディアリテラシー<メディアのメッセージをどう読み解くか、またどうつきあっていけばいいのか>についてご紹介します。

5月に開催しました、さまざまな立場の皆さまに集まっていただき意見を聞く「メディア座談会」の模様をお送りします。
去年夏に続き2回目の今回は、大阪府内の高校で放送部の顧問を務める教員の方々に、生徒の皆さんに接する中で見えてくるテレビ・メディアの現在について語っていただきます。

カンテレEYE

インフォメーション

次回予告

『カンテレ通信』は皆様のご意見をお待ちしています。
次回は、7月16日(日)放送予定です。

関西テレビ ページトップへ戻る