カンテレ通信

第3・第4日曜 午前6:30~7:00

原則、毎月 第3・第4日曜の2回(5週月は第4・第5日曜)

2017年5月14日(日)

ご意見ピックアップ

関西テレビに寄せられた視聴者の皆様の様々なご意見・お問い合わせを紹介します。

今回は、「春の気象用語へのご意見」「映画試写会へのご要望」などについてお答えします。

※このコーナーでは、皆様のご意見を募集しております。
ご紹介させていただいた方には、関西テレビで毎週火曜 午後9:00~放送中のドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』のクリアファイルを差し上げます。

3月27日(木)放送「みんなのニュース ワンダー

テロップで「おもんばかる」と表示されていましたが、正しくは「おもんぱかる」ではないですか。

アナウンス部からの回答

ご意見ありがとうございます。
ご指摘いただきました「おもんぱかる」について、FNS系列では読み方を統一しておりません。

根拠のひとつは辞書です。
「おもんぱかる」を引くと、多くの国語辞典に「おもんばかるとも」と出ています。
つまり「おもんばかる」という読みも広く流通していて、間違いとは言えないという判断をしているわけです。
30年以上前の『広辞苑』第3版にも同じように出ていますので、2通りの読み方が最近広まったというわけでもなさそうです。

番組コメンテーターより

影山貴彦さん
「おもんぱかる」でしょう。
僕は「おもんばかる」は聞いたことがありません。

わかぎゑふさん
東京の方は意外に「おもんばかる」とおっしゃいます。
前にすごく声のいい方が「いろいろおもんばかってね…」とおっしゃったとき、ちょっとドキッとして、それ以降「おもんばかる派」に転向しました。(笑い)

石巻アナウンサー
調べたことはありませんが、そういう地域性もあるかもしれません。

もともと「おもんぱかる」は「思(おも)い量(はか)る」という言葉からできていて、これは音の変化ですので「必ず“ぱ”でなければならない」といった「ぱの正当性」は、それほど強くはないのかもしれません。

またあまり多く使わない言葉でもあるので「ぱ」「ば」があいまいになって、その結果「ば」も広く流通している、といったところもあるのかもわかりません。

みんなのニュース ワンダー

毎年桜が咲き、雨が降って花が散りゆく姿を「花散らし」と気象予報士が説明します。
ですが「花散らし」は「雨で桜が散る」という意味ではありません。

本来は「桜の咲くころになると、花見を理由に男女が野外で宴を開く」という意味です。
雨で散りゆくはかなさを表現するのであれば「花散らし」ではなく「桜流し」などが正しい表現だと思います。

気象予報士・片平敦さんからの回答

同じようなご指摘を去年の桜の時期にも頂きました。

「花散らし」という言葉のもともとの意味を知りませんでしたので、図書館に行って調べてみますと、やはり桜の時期、若い男女が集まって酒盛りをしたり、いろいろ楽しんだり—いまの言葉でいうと合コン、しかももうちょっと自由な、艶っぽい意味で使われていたということでした。

そこで今シーズンから私は「花散らし」という言葉をあまり積極的には使っていませんが、気象の言葉を集めたハンドブックの中には「桜を散らすような雨や風のことを『花散らし』と表す」といった記述もあります。
「花散らしの雨」「花散らしの風」といった言葉も、最近では使われているというわけなんです。

言葉のもともとの意味を大事にしながらも、時勢に合ったわかりやすい解説を、これからもしていきたいと思っています。

カンテレ試写会

当選発表はどのようにされているのですか。
「応募が完了しました」というメールが届いたら、当日そのまま会場に行けばいいのですか。
定員に対しての募集でしょうから、やはり抽選などがあるのでしょうか。
初めての応募なのでよくわかりません。

抽選があるならその当落を、発送をもって、ということならいつごろまで待てばよいのか、せめてそれくらいの情報を頂けたらと思います。
当選したかどうかも分からない試写会のチケットを、毎日待ち続ける身になってみてください。

営業局業務部からの回答

ご意見をありがとうございます。
「カンテレ試写会」はより多くの方に見ていただくため、どなたでも応募できる試写会です。
応募総数も多いため、情報管理の観点から、きめ細かな状況の開示は難しい面もあります。

以前は応募ページの2ページ目に「抽選結果につきましては、個別の連絡または発送をもって当選発表に替えさせていただきます。抽選結果のご質問にはお答えできませんので、あらかじめご了承ください」という文言を記載していました。
ですがご指摘のように、抽選・発送のスケジュールがまったく分からないまま試写状の到着をお待ちいただくのは、大変なご負担かと思います。

このたび最初のページに発送予定日と「発送をもって当選発表に替えさせていただきます」という文言を追加し、ご応募いただく方の不安や疑問が少しでも解消できるよう改善いたしました。

貴重なご意見をありがとうございました。
今後とも「カンテレ試写会」をよろしくお願いいたします。

番組コメンテーターより

影山貴彦さん
速い対応でよかったです。
(応募した側は)気になるんですよね。

わかぎゑふさん
いままで(最初のページに)書いていなかった、というのは疑問でした。
改善されてよかったです。

番組審議会報告

4月13日(木)に開催された第584回番組審議会の報告です。
3月28日(火)放送の『ザ・ドキュメント夢への扉「課題研究」~先生を越えて進め~』が審議されました。

ご意見ピックアップ

カンテレEYE

関西テレビの番組を中心に、メディアリテラシー<メディアのメッセージをどう読み解くか、またどうつきあっていけばいいのか>についてご紹介します。

視聴者の皆さまからご意見やお問い合わせを数多くいただく「テレビで使われる言葉」のなかで、日常生活でも間違えがちな「外来語」や最近耳にする「新語」などについて、豊田アナウンサーが詳しく解説します。

カンテレEYE

インフォメーション

次回予告

『カンテレ通信』は皆様のご意見をお待ちしています。
次回は、5月21日(日)放送予定です。
データ放送など双方向メディアの最前線についてご紹介します。

関西テレビ ページトップへ戻る