三冠 奇跡に挑む者たち

10月17日(土) 午後4:30~5:30

日本近代競馬の発祥から実に158年。
その歴史上初めてとなる「三冠」と「牝馬三冠」の同時達成という
“奇跡”が起きようとしている。
そんな“奇跡”に挑むサラブレッドとホースマンの
知られざる闘いに迫るドキュメンタリー番組。

出演者 ナビゲーター・小籔千豊×ナレーター・長濱ねる

小籔千豊

長濱ねる

三冠とは…

同じ年に生まれたサラブレッドが世代最強を決めるために戦う3つのGIレース(=三冠レース)を同じ馬が全て制する事。三冠を達成した馬はこれまで7頭、牝馬三冠を達成した馬はこれまで5頭いるが同じ年に三冠と牝馬三冠が達成されたことは1度もない。

三冠レース…「皐月賞」「日本ダービー」「菊花賞(10/25)」※牡馬牝馬が出走可能
牝馬三冠レース…「桜花賞」「オークス」「秋華賞(10/18)」※牝馬のみ出走可能

菊花賞で三冠に挑むディープインパクトの最高傑作「コントレイル」

デビューから無敗での二冠制覇。それは“日本近代競馬の結晶”と謳われた父ディープインパクト以来の偉業。重心を低くして飛ぶように走る姿は奇しくも父の現役時代と重なる。“コントレイル=飛行機雲”と名づけられた最強のDNAを宿す才能は、父以来となる史上3頭目の無敗での三冠制覇に挑む。

“令和の福永”へ!偉業に挑む 騎手・福永祐一(43)とチームコントレイル

これまで無敗の三冠制覇を達成した騎手は、岡部幸雄と武豊の2人だけ。共に昭和と平成の競馬界を牽引してきた天才騎手だ。そんな偉業に挑むのは騎手25年目を迎えた福永祐一(43)。すでに歴代5位となるJRA通算2350勝(9/25現在)をあげ、国内のGIレースはもちろん海外のGIレースを制すなど数々の栄冠を手にしている。しかし、三冠への挑戦は初めて。「強いだけじゃなく、競馬史に燦然と名を残すような馬に巡り合いたかった。
コントレイルはそんなスーパースターになれる可能性がある馬」と話す福永騎手。
偉業のプレッシャー、未経験の長距離という課題、さらには新型コロナウィルスなど立ちはだかる壁に対し、矢作芳人調教師を始めチームスタッフ達と共に挑む。

コントレイル Road to Triple Crown

秋華賞で牝馬三冠に挑む“リアルシンデレラ”「デアリングタクト」

コントレイルが「三冠制覇」に挑む一方で、女馬の「牝馬三冠制覇」に挑む馬がいる。
二冠牝馬デアリングタクト、彼女は家族経営の小さな牧場に生まれた“雑草”だった。同い年の馬たちが億を超える高額で取引される中、彼女には誰も買い手がつかなかった。そんな中でも才能を信じ続けて奇跡の大逆転劇を起こした。

デアリングタクト Road to Triple Tiara

歴代三冠馬

歴代三冠牝馬

番組へのメッセージ

関西テレビ ページトップへ戻る