全人類がリサーチャー!特定せよ! 

2018年3月25日(日)、8月12日(日)の深夜に関西ローカルで放送した生放送番組『全人類がリサーチャー!特定せよ!』。10月8日(月・祝)の午後10時30分から、全国ネットでの放送が決定!
『特定せよ!』はスマホや携帯、パソコンがあれば誰でもリアルタイムで参加できる視聴者参加型生放送番組。写真に写ったわずかな情報をもとに、視聴者がインターネットを駆使し、“この人物は誰?” “この写真に写っているのはどこ?” などを特定。特定作業の能力=特定力を生放送で競い合う!そして、一番早く正解にたどり着いた視聴者に、賞金3万円をプレゼント!
過去2回の放送では、日曜深夜1時からの放送にも関わらず、高視聴率を記録。また、関西ローカルの番組ながらツイッターのHOTワードランキングで、「#特定せよ!」が全国1位になるなど話題となった。
今回も、MCはもちろんベッキー!全国ネットでの放送が決定したと聞いたベッキーは、驚きながらも「関西で“バズった”特番が、いよいよ全国ネットで放送されます!面白いです!本当に面白いです!“特定する”という作業を、ぜひ楽しい方向性でチャレンジしてみてください!」と、視聴者に向けてメッセージを送った。

期間限定で第2弾無料配信中!

前回放送した第2弾を10月8日までの期間限定で公開中。見逃した方も、関西地方・福岡県以外にお住まいの方も、初めて見る方も予習・復習のチャンス!(※解答の受け付けは終了しております)
さらに今後、賞金ゲットのチャンスがある練習問題を公開予定!10月8日の生放送本番に備えて、ぜひチャレンジしてみてください!

コメント

MC ベッキー

Q.ついに全国ネットでの放送が決定しました!率直なご感想や想いをお願いします。

びっっっくりしました。
変な捉え方をしないでいただきたいのですが、全国ネットは私の中で目指してなかったので。目指してなかったというか、それはまた遠くにある、何段階も先の“おとぎ話”みたいなものだと思っていたので、3回目の放送が全国ネットだなんて、ただただ驚きです。スタッフさんの情熱が伝わったのだなぁと。それが嬉しいです。

Q. これまでと放送環境が少し異なりますが、変えようと思っていることや、変えずに貫こうと思っていることなどをお聞かせください。

何も変えようと思ってません。ちょっと鏡で自分をチェックする回数は増えるかもしれませんが(笑)。それくらいです。

Q. 改めて、この番組の見どころ、面白さとは?

視聴者のみなさまがみなさんのスマホなどで参加できる番組だということです。ただ、“視聴者参加型番組”という枠には収まりきらない、ドキドキ感やワクワク感がたくさんあります。正解が解き明かされる瞬間の快感もたまりません。その面白さを体感していただきたいです。

Q. 視聴者の皆さんに見どころ&メッセージをお願いします!

今風に言うと…関西で“バズった”特番が、いよいよ全国ネットで放送されます!面白いです!本当に面白いです!“特定する”という作業を、ぜひ楽しい方向性でチャレンジしてみてください!

カンテレ制作部 大西文志郎プロデューサー

この番組はいわゆる視聴者参加型番組です。番組の主人公はタレントではなく、この番組に参加して下さる視聴者の皆様です。視聴者の皆様に『特定せよ!』という名の“遊び場”を楽しんで頂き、出演者とスタッフで、その遊びを盛り上げていきたいと思っています。もちろん参加されない方にも楽しんで頂けます!
皆様の貴重なお時間の中、少しだけ『特定せよ!』で遊んでいって頂けますと幸いです。SNS・インターネットってちょっと怖いねって思ってしまうかもしれません。是非ご覧ください!

放送内容

テレビの前のアナタが、賞金をかけ、己の“特定力”を競い合う生放送番組!

芸能界を騒がすゴシップネタ、世間の注目を集める事件…そんな出来事がある度、必ずと言っていいほど行われるのが、“特定作業”。
この芸能人は誰なのか?このお店はどこなのか?犯人の素顔は?“特定班”と呼ばれる人々がインターネットを駆使し、わずかな情報から特定していく。そんな行き過ぎた特定行為は、ネガティブにとらえられることが多いのも事実。
しかし!その“特定力”だけに注目すると、その能力には驚くべきモノがある。特定作業を行う一人一人の知識が結集し、人海戦術的にあらゆる事を特定していく。

最近では、こんな事が話題になった。
所在の分からない謎の仏像の写真がツイッターにアップされ、爆発的に拡散。「スコップが明治~大正の物ではなく、昭和の物」、「背景の植物は西日本の海岸沿いの植生」など様々な知識が総動員され、ついに、仏像のあった場所が明らかになった。

人々の知識が集まって行われる“特定”作業は、これまで誰も解けなかった謎や、人の悩みなどでさえ、たちどころに解決する可能性を秘めている。

この番組は、そんな特定力を、敢えて“生放送”で競い合う!

この番組は、アナタと一緒に作り上げるモノです。
スマホかパソコンがあれば、ダレでも参加可能!
アナタの挑戦を、お待ちしています!!

番組へのメッセージ

関西テレビ ページトップへ戻る