新説!所JAPAN

毎週月曜 午後10:00~10:54

2月10日(月)

ゲスト

坂下千里子
塩崎省吾(食べあるキング!焼きそば担当)
陣内智則
谷まりあ
ロバート キャンベル
※五十音順

ロケリポーター

丸山桂里奈

番組内容

所ジョージが日本の身近な謎に迫る知的バラエティー!

各地で専門店ができるほど大人気!今や日本の国民食ともいえる“焼きそば”の謎を調査!
料理研究家リュウジが、技術、知識すべてを凝縮して、“本気のカップ焼きそば”を作る!

所ジョージ 谷元星奈

 坂下千里子、陣内智則、所ジョージ、谷まりあ、ロバート キャンベル

陣内智則、所ジョージ、谷まりあ

東京・神保町にできた大行列…その先にあったのは、なんと“焼きそば”の専門店!今や国民的B級グルメともいえる焼きそばを世間の人はどうやって楽しんでいるのか?全国調査!

まず街頭取材で飛び出したのは、だしがかかった“つゆ焼きそば”!?一体どんな食べ物なのか?その謎を探るべく青森へ!そこには心温まる誕生秘話があった!
さらに調査をしていくと、沖縄では“真っ赤な焼きそば”が定番という情報が!果たしてその正体とは?

『焼きそばの歴史』の著者で焼きそば専門家の塩崎省吾氏が、世界の焼きそば事情から見る、日本の意外な文化を解説!なぜ日本を代表する調味料「しょうゆ」ではなく、「ソース」で焼きそばを食べるようになったのか?そのヒントを求め向かった山形で “ソースあとかけ焼きそば”という不思議なメニューを発見!そこには驚くべきソースの歴史が隠されていた!

そして“焼きそば”といえば…やっぱり静岡県富士宮市。全国的に知られる富士宮焼きそばは一般的な焼きそばと何が違うのか?丸山桂里奈が現地で徹底調査!モチモチの麺が特徴の富士宮焼きそば。それはある料理を再現しようとして生まれたものだった!

Twitterフォロワー約120万人!話題の料理研究家リュウジが、焼きそばのお手軽豪華アレンジを紹介!自身の技術、知識を凝縮して作った“本気のカップ焼きそば”に所ジョージの反応は?

料理研究家 リュウジのアレンジ料理レシピ

カルボナーラ風やきそば

【材料】
玉葱:1/8
ベーコン:2枚
卵:1個
麺:1玉
水:大さじ1
コンソメ:小さじ1
バター:10g
塩:少々
粉チーズ:大さじ2

【手順】
1 玉葱を薄くスライス
2 ベーコンを1~2cmにカット
3 卵を早めに溶く→粉チーズと混ぜておく
4 麺を耐熱容器に入れ玉葱、ベーコン、水、コンソメ、バター、塩を入れる
5 電子レンジ600wで3分30秒加熱
6 加熱したものに粉チーズ入り卵液を入れ混ぜ合わせ、ブラックペッパー・パセリをまぶし、完成

チヂミ風やきそば

【材料】
麺:1玉
にら:半束
チーズ:40g
3倍濃縮めんつゆ:大さじ1半
片栗粉:大さじ1半
糸唐辛子:適量

[つけだれ]
3倍濃縮めんつゆ:大さじ1
ゴマ:適量
ラー油:適量

【手順】
1 麺の袋に穴をあけ電子レンジ600wで1分40秒加熱
2 にらを2~3cmにカット
3 麺をキッチンバサミで4等分にカット
4 ボウルで麺、にら、チーズ、めんつゆ、片栗粉を混ぜ合わせる
5 フライパンで押し付けながら焼く→焼き色が付き火が通ったら糸唐辛子ゴマをトッピングして完成
6 つけだれはめんつゆ、お好みでラー油、ゴマを混ぜて作る

アレンジペヤング

【材料】
ペヤング:1
キャベツ:20g
ボイルえび:3~5個
オイスターソース:大さじ1
ゴマ油:小さじ1
糸唐辛子:適量

【手順】
1 付属のかやく、キャベツ、ボイルえびをカップに入れ、湯を注ぐ
2 湯を入れたカップの上で盛り付け皿を温める
3 オイスターソース、ペヤングのソース、ゴマ油を混ぜ合わせタレを作る
4 3分後湯切りし、皿に盛り付け、付属のふりかけとスパイス、糸唐辛子をまぶす
5 周りに作ったタレをフランス料理のようにかける

関西テレビ ページトップへ戻る