新説!所JAPAN

毎週月曜 午後10:00~10:54

5月20日(月)

ゲスト

陣内智則、パックン、渡辺満里奈

中継リポーター

天達武史

番組内容

所ジョージが日本にまつわる身近な謎に迫る知的バラエティー!
今回のテーマは「天気」。

日常生活に欠かせない天気情報だが、実はこれほど天気を気にしているのは世界的に日本人くらいだというが、それはなぜなのか?
天気予報の最新技術や歴史、天気がもたらす絶景など、日本人と天気の深いつながりに迫る。

所ジョージ、谷元星奈

所ジョージ、谷元星奈、陣内智則、パックン、渡辺満里奈

所ジョージ、谷元星奈、パックン

番組では、東京都内にある日本唯一の気象神社を取材。
そこには“雨女”を克服したい人や、天候に左右される商売に関わる人など、さまざまな人々が参拝に訪れていた。
そもそも“雨女”の由来とは?江戸時代に描かれた“雨女”の驚きの姿から、古来の日本人と雨の関係をひも解く。

また、日本でも屈指の降水量がある三重県尾鷲市を取材。
雨の日に食べるというお茶漬けや、雨音の楽しみ方、さらに雨上がりに見える絶景など、雨が多いからこその楽しみ方法を紹介する。
さらに、雨が多い尾鷲に天文台!?反対意見も多い中、発案者が訴え続けた尾鷲だからこその理由とは?

歴史学者の磯田道史氏によると、江戸時代に存在した「日和見人(ひよりみびと)」という気象予報士を紹介し、天気予報する人が古くから権力者や民衆に重宝がられていた歴史を解説する。
さらに、今では的中率90%を誇るというウェザーニューズの天気アプリの秘密に迫る。
その精度を支える、日本人だからこそ実現した技術とは?

さらに、気象予報士・天達武史氏が埼玉県秩父市からの中継で登場し、今だからこそ見られる絶景スポットを紹介する。
夜だからこそ見られるという「ファンタジックな天空の宝石箱」や、これから気温が上がる時期に見られるという「霊峰・富士が生んだ幻の○○」に、所ジョージも「こんなのが見られるんだ!」と感激する。
さらに天達氏が、これからの梅雨に向けて、雨上がりに虹を見つけるコツを伝授する。

関西テレビ ページトップへ戻る