新説!所JAPAN

毎週月曜 午後10:00~10:54

10月22日(月)

ゲスト

井森美幸、陣内智則、要潤

JAPANツウ(専門家)

パックン、松本秀樹、宮村浩気

番組内容

所ジョージが日本にまつわる身近な謎に斬り込む知的バラエティー!初回は、日本人が大好きなマグロ、そして美容院に関する謎に挑む。

所ジョージが日本にまつわる身近な謎に斬り込む知的バラエティー!好きな寿司ネタでもダントツ人気を誇り、世界の漁獲高の五分の一を消費するほどマグロ好きの日本人。その理由を紐解く鍵は、海が無い山梨県にあった!?
さらに!全国の美容院の数は、コンビニの4倍の24万軒!なぜ日本には至る所に美容院があるのか?江戸時代までさかのぼる日本人の「和み」の文化に、所ジョージも驚き!

谷元星奈アナウンサー、所ジョージ

なぜ日本ではマグロがダントツ人気のお魚なのか?

好きな寿司のネタランキングでダントツの人気を誇るマグロ。日本の年間マグロ消費量は世界の漁獲高の五分の一で、握り寿司に換算すると国民一人あたり年間181貫もマグロを食べている計算となる。なぜ、マグロはこれほど日本人にとって人気の魚なのか?スタジオには専門家である“JAPANツウ”として、日本一とも評される鮮魚店の店主・松本秀樹氏を招いて、マグロの流通の歴史や味の秘密からこの謎を解き明かしていく。
キーワードは「山梨県」。「関係ないんじゃないの!?マグロのイメージが無い」と、海が無い山梨県とマグロの関係について話す所をはじめとした出演者たちだったが、山梨の人々のマグロ三昧な食生活を目の当たりにして驚き!さらに、その背景を歴史学者・磯田道史氏が詳しく解説する。
さらに、今では高級品の「トロ」だが、100年前には名前が無かった!?大正7年に初めて「トロ」と名付けられた際のエピソードが明らかに!その名付け親は?

なぜ日本にはコンビニの4倍も美容院があるのか?

日本の美容院は24万軒と、コンビニエンスストアの4倍もの多さ。世界的に見ても圧倒的に多い理由に迫る。この謎に関する“JAPANツウ”は、カリスマ美容師の宮村浩気氏。宮村氏とゲストの陣内智則との“ある因縁”が明らかになると、陣内も思わず苦笑いする場面も。
番組では東京や大阪といった大都会よりも人口あたりの美容院の数が多い秋田県の中で、最も人口が少ない上小阿仁村を取材。鉄道が通っていないため駅もなく、書店も、パン屋もないこの村の美容院の数は、なんと4軒。それぞれの美容院の様子を取材すると、ただ髪を切るだけではない美容院のある役割が浮き彫りに。独自に進化した日本の美容院を、磯田氏が解説。そのキーワードは「和み」だった!?

関西テレビ ページトップへ戻る