S.W.A.T. Season2

内容

イントロダクション
超規格外の“S.W.A.T.アクション大作”待望のシーズン2が始動!圧倒的なリアリティだからこそ胸に迫る、濃密な人間ドラマ!!
ストーリー
ボンドー率いるS.W.A.T.チームは廃墟になっているアパートから、密輸された9人の子どもたちを救おうとする。その瞬間、巨大地震がロサンゼルスを襲い、混乱に乗じて容疑者が少年を人質にとり、逃げ出してしまう。果たして、少年を無事に救出できるのか…?ホテルのバーで出会った検事補ニアとの新たな関係性を模索するホンドー、チームを追い出され、荒れた日々を過ごすストリート、警察委員会からチームの予算削減を迫られるヒックスとジェシカなど、新たな展開を迎えたチームの行く末は…。
キャスト
ダニエル・“ホンドー”・ハレルソン: シェマー・ムーア
ジェシカ・コルテス: ステファニー・シグマン
ジム・ストリート: アレックス・ラッセル
クリスティーナ・“クリス”・アロンソ: リナ・エスコ
ドミニク・ルカ: ケニー・ジョンソン
ヴィクター・タン: デヴィッド・リム
デヴィッド・“ディーコン”・ケイ: ジェイ・ハリントン

放送スケジュール

  • 6月2日(水)
    第1話「揺れる街」

    S.W.A.T.を追い出されたジムは、バイクで賭けレースをしたり、荒れた日々を過ごしていた。クリスに復職するよう助言されても聞く耳を持たない。パトロール勤務では新しい相棒のトニーと組んで地道な仕事をこなしていく。ホンドーは、ホテルのバーで女検事ニアと出会い、意気投合して一夜を共にする。

  • 6月9日(水)
    第2話「ドラム缶」

    ロサンゼルスの一軒家。トルコ人女性のジュビリーがトルコ人グループの暴漢に追われ、息子のルディを連れて逃げるが、家には娘のエラが取り残されていた。間一髪パトロール中のジム達が駆け付け、エラを救出。S.W.A.T.も出動するが、トルコ人グループの応援部隊と銃撃戦の末、逃げられてしまう。

  • 6月16日(水)
    第3話「炎上」

    ニアが担当する裁判は、ジョセフ・ペトロシアンから市議への賄賂疑惑をあばき、あとは評決を待つばかりとなった。だがペトロシンの裏にいるアルメニア・マフィアが動き、重要証人のアンドレアと、補欠陪審員の家を火炎ビンで襲う。そこへパトロール中のジムたちが駆けつけるが…。

  • 6月23日(水)
    第4話「同胞の罪」

    中国系のシェン・クワンが率いる一味が車両基地の貨物列車を襲い、警備員を殺して逃走。彼らは貨物の中から大量の鎮痛剤を盗み、麻薬として売りさばいていた。クワンは連邦保安官が追っていた逃亡犯であり、S.W.A.T.に協力要請が来る。その要請をしたのはなんとニアの夫、エリックだった。

  • 6月30日(水)
    第5話「SOS」

    ジムはS.W.A.T.の採用の1枠を目指してアカデミーの訓練に励む。同じく訓練生のデヴリンはジムにライバル心を燃やす。レミーとコルトンの兄弟が、クルーズ船の乗務員になりすましコカインの密輸を行うも警備員に見とがめられ発砲。警備主任で元ロス市警のウェラーも負傷してしまい…。

  • 7月7日(水)
    第6話「ネバー・アゲイン」

    LAのダイヤ地区で連続強盗殺人事件が発生。犯行グループは4人組で高性能のボディアーマーを着用、プラスティック爆薬や軽機関銃の扱いに慣れていたことから、軍隊経験者である可能性が高まる。被害に遭ったダイヤ・ブローカーはすべて、イスラエル・マフィアの元用心棒コーエンが経営する警備会社と契約していた。

  • 7月14日(水)
    第7話「遺産」

    ネット業界を牛耳る大富豪タッカーの娘ローレンが、恋人と共に誘拐される。犯人グループは動画でローレンに声明を読ませ、タッカーに貧困者への寄付を要求。その手口は1974年にSLAが起こしたパティ・ハースト誘拐事件をまねていると思われた。ルカの祖父がハースト事件を担当していたので、当時の資料を父カールと共に調べることに。

  • 7月21日(水)
    第8話「ティファニー・エクスペリエンス」

    ジェシカは姪のエイミーに頼まれて、ティファニーという人気ブイロガーのイベントに行くがティファニーは遅刻して現場には現れず、突然3人の男の間で銃撃戦が始まる。ファンが逃げ惑う中、ジェシカはティファニーの姉でマネージャーのサラにエイミーを託し、駆けつけたホンドーたちと2人は確保するも、1人を逃がしてしまい…。

  • 7月28日(水)
    第9話「休日」

    チームの休日。ニアと過ごしていたホンドーに、妹ブリアナが助けを求めて電話してくる。クラブで男に薬を飲まされ、襲われそうになったのだ。ホンドーはトイレに逃げろと指示し、助けに向かう。ブリアナはレイプを免れたが、ホンドーは憤って犯人捜しを始める。

  • 8月4日(水)
    第10話「クリスマスの明暗」

    クリスマス・シーズン、ロス市警の科学捜査研究所を3人組の男が襲撃。裁判中の起訴前の証拠63個が盗み出され、職員2名が射殺されたうえに放火され、女性研究員レベッカが意識不明の重体に陥る。レベッカにはヒックスの昔からの友人で、互いに配偶者を亡くして慰めあってきた仲だった。

  • 8月11日(水)
    第11話「学校」

    2013年1月、リバーヒル高校で銃撃事件が発生。生徒二人が校内で銃を乱射し始めた。ヒックスが指揮を執り、バックのチームが現場へ急行。ホンドーが犯人の一人、ジェフを射殺し、ルカがもう一人の犯人パトリックを取り押さえる。当時警察犬担当だったクリスも、犬と共に捜査に協力。ディーコンは、教室に隠れた生徒ライラと無線で連絡を取りつつ救出に向かうが、彼女は撃たれて死亡してしまう。

  • 8月18日(水)
    第12話「メキシコ潜入」

    メキシコ系ギャング「ロス・ウェソス」に潜入していたFBI捜査官クルースが、スパイだとバレて拉致される。彼を助け出すために、FBIはジェシカに協力を依頼。彼女は数年前にロス・ウェソスに潜入し、正体を知られずに幹部の逮捕に貢献したからだ。ジェシカはクルースの監禁場所を探るべく、メキシコシティのギャング幹部ラウルのもとへ、前の捜査と同じ「アリシア」として潜入することに。

  • 9月1日(水)
    第13話「アンコール」

    苛立ちを抱えたまま任務を続けるホンドーは、部下のささいなミスにも厳しく叱責するようになる。そんな中、大企業の従業員が立て続けに誘拐される事件が発生。ネット上に犯行声明の動画がアップされ、再びシンキューが行動を起こしたことがわかる。シンキューはロサンゼルスの五大企業からそれぞれ従業員を誘拐し、正当な納税額5億4000万ドルを今日中に匿名口座に振り込むよう要求する。

  • 9月8日(水)
    第14話「Bチーム」

    女が車に向けて発砲し、車は衝突。乗っていた3人の男のうち二人が逃げ、残った一人が銃を持ってレコード店に立て籠もり、店主らを人質にとる。ホンドーたちが駆けつけて人質を救出。犯人の男は銃を向けたため射殺されるが、車から逃げた男カイトーが組織のリーダーで、発砲した女からプルトニウムを入手して爆弾を作り、沖縄の米軍基地を爆破する計画があることが判明。

  • 9月15日(水)
    第15話「腐敗」

    バレンタイン・デーに、ヒスパニック系住民が暮らす地区で、パトロール中の警官が3人組の男に射殺される。殺されたピート・シュワルツ巡査は、以前クリスが警察犬担当だった頃に組んだことがあった。殺人課のバローズ刑事から、地元ギャングのリーダー、ミザエル・マルティネスが、幹部をシュワルツ巡査に逮捕されたことを恨んで、報復を口にしていたとの情報が入る。

  • 9月22日(水)
    第16話「プライド」

    LGBTQのプライド・マンス中、ラブ・オールLAフェスティバルの前夜、極右的な内容で知られるラジオ・ホスト、ストームの放送を聞いた男が、ゲイの男性2人を轢き逃げするという事件が発生。翌日、この事件に激怒したファイナンシャル・アドバイザーの男性マイカがラジオ局を襲撃し、ストーム以下職員を人質に取って立て籠もる。

  • 9月29日(水)
    第17話「カージャック」

    輸入高級車ばかりが次々と狙われるカージャックが発生。以前、車の窃盗団に潜入捜査をしたストリートは、その時に知り合った最新技術に詳しいブレインに情報を求める。ブレインは盗まれた車すべてに盗難防止対策として最新鋭のGPS装置が搭載されていることに気づき、追跡出来ないようにするためには衛星にハッキングする必要があることを指摘する。

  • 10月6日(水)
    第18話「誘惑」

    受刑者を乗せた護送車が走行中にロケットランチャーで爆破され、護送中だったマドックスという凶悪犯が脱獄。現売に捨てられていたロケットランチャーは、キャンプ・ペンドルトンから盗み出されたものであることがわかり、20年前にソマリアでホンドーと同じ部隊にいた海兵隊のルイス曹長が捜査に加わる。

  • 10月13日(水)
    第19話「地元の絆」

    ルカとストリートの家の近所に住む少年ティモは、移民局を名乗る男達が女性を車に押し込む場面を偶然見てしまう。男たちに追われたティモは行方不明になり、心配した母親から助けを求められたルカとストリートは捜索に乗り出す。クリスも加わりティモの愛犬の鼻を頼りに捜すと、廃屋に隠れていたティモを発見。ティモの話から、ストリートたちが移民局に連れていかれたという女性の家を訪ねると…。

  • 10月20日(水)
    第20話「ロケット燃料」

    ギャングの隠れ家で通称「ロケット燃料」と呼ばれる幻覚剤が発見される。そのレシピは20年前にシェフJという男が流行らせたものと全く同じで、当時まだ子供だったタンは、ロケット燃料の過剰摂取で従兄弟を亡くしていた。シェフJは荒稼ぎした挙げ句に姿を消していたが、LAに舞い戻ってきた可能性が高くなり…。

  • 10月27日(水)
    第21話「暗鬱な日」

    凶悪な殺人犯ハダッドの居所がわかり、ホンドーたちはあるアパートに急行する。しかし無関係な若い女性が巻き込まれて死亡し、SWATの計画に落ち度があったのではないかという疑いが生じる。ホンドーは任務に入る直前に母シャリースからの緊急の電話を受け、それに動揺して突入を無理に急いだのではないかと厳しい追及を受けることになる。

  • 11月3日(水)
    第22話「絶望の果てに」

    ホンドーはダリルの事件を担当するビリングス刑事から、ダリルのポケットに500ドルが入っていたと聞かされショックを受ける。またダリルを雇った配送トラックの運転手ホルヘは、銃声を聞いて駆けつけたときには集金箱がなくなっていて、撃った男はすでにいなかったと話す。一方、あるダイナーで銃の乱射事件が発生し、SWATチームが対応することに。

  • 11月10日(水)
    第23話「人民裁判」

    シンキューら解放論者たちの初公判が開かれる中、突然シンキューが動画を配信し、目隠しをされたストルーブ議員とワシントンの2名の市議会議員とグウェン・ミラー助役の姿を映し出す。シンキューは「人民裁法廷」と称してストルーブ議員に有罪を言い渡し、その場で絞首刑にする。そしてマスクを取って顔をさらし、1時間毎に残る2人も1人ずつ処刑すると宣告する…。

過去の放送スケジュール

<Season7>2020年11月~2021年5月放送

  • 11月4日(水)
    第1話「S.W.A.T.緊急出動!」

    応援要請を受けてバックの率いるSWATチームが出動。犯罪者グループの1人を追いかけたバックは、誤って無関係な黒人少年を撃ってしまう。バックの部下で黒人のホンドーは、救急車を待っていては間に合わないと判断、撃たれた少年を自ら病院に運ぶ。
    翌日、SWATチームの責任者ヒックスは突然記者会見を開き、バックを懲戒免職処分とし、ホンドーを新たなリーダーに任命すると発表する。

  • 11月11日(水)
    第2話「クチーヨ」

    判決を受けるために裁判所に護送された4人の犯罪者が、保安官代理になりすました男の手引きで脱走するという事件が発生。
    4人の中の1人はスペイン語で「ナイフ」を意味する「クチーヨ」と呼ばれる凶悪犯で、手引きをしたのはそのイトコに当たるレモンだった。
    ホンドーとマムフォードのチームは、競い合うように脱走犯たちを捕らえていく。

  • 11月18日(水)
    第3話「パミリア」

    ヘロインの取引があったとの情報が入り、ある麻薬組織のアジトに踏み込んだホンドーらは、閉じ込められていたフィリピンからの移民たちを発見。彼らはヘロインを体内に飲み込んで運び屋として利用されており、発見直後にその中に1人、ハヴィエルという男性が泡を吹いて危篤状態に陥る。

  • 12月2日(水)
    第4話「アメリカ育ちのテロリスト」

    爆発事件が発生しホンドーらは現場へ急行。アパートの2階部分が吹っ飛び、住人らに被害が及ぶが、死亡したのは爆弾を作っていたと見られるアダム・ジャレットという若い男だけだった。アダムは爆弾製造に必要な素材を大量に買い込んでおり、ジハードを応援するウェブサイトを頻繁に見ていたことから、イスラム過激派に感化されたテロリストである可能性が高まる。

  • 12月9日(水)
    第5話「制服を着た犯罪者」

    高級住宅街の1軒の家にSWATの制服を着た4人組の強盗が侵入。家族3人を縛り上げて貴金属などを奪い、高校生の娘デジレーを2階へ連れていく。警備員が防犯装置の確認に来たことから事件が発覚。犯人グループが逃走後に現場に到着したホンドー達は、被害に遭った家族から事情を聞くが、何かを隠していると感じたホンドーは、デジレーから話を聞きだすようクリスに命じる。

  • 12月16日(水)
    第6話「潜入捜査」

    ジムはロングビーチ署時代にやっていた潜入捜査が再開されたため、高級車ばかりを狙う窃盗団に「クーパー」という偽名で潜り込む。そして窃盗団の取引相手がユルゲン・リクターであることを知る。リクターはあらゆる捜査機関にマークされながらも逮捕を免れてきた伝説の盗難車ディーラーで、ブラジルの心霊術など怪しげなカルトを信仰する男だった。

  • 12月23日(水)
    第7話「家族の絆」

    ホンドーの地元でギャングのメンバー3人が射殺される事件が発生。犯人はプロの可能性があった。ホンドーは服役中の元ギャングのボス、リロイから内密に話があると呼ぶ出される。リロイとホンドーは子供のころからの知り合いで、息子ダリルがギャング達の殺害現場を目撃したと知ったリロイは、ホンドーにダリルを守ってほしいと頼む。

  • 1月13日(水)
    第8話「ミラクル」

    クリスマスシーズン、ロス市警では小児医療センターの寄付金集めパーティーが開かれ、警察委員長プランクも出席していたが、その最中、違法なバーで銃撃戦発生の知らせが入る。チームが休暇中のホンドーはマムフォードのチームに加わり、SWATの仕事を生で見たいと希望するプランク委員長も防犯ベストを着用して現場へ向かう。

  • 1月20日(水)
    第9話「死角」

    モトクロスバイクに乗った3人組の強盗が合法ドラッグ店を襲い、客2人を殺害。SWATに入る前に似た手口の事件を扱ったタンは、当時の情報屋アリーに接触する。タンとアリーは恋愛関係にあったが、お互いのためにならないと判断したタンが連絡を絶ってしまったため、アリーはタンを恨んでいた。

  • 1月27日(水)
    第10話「プリズン・パニック」

    民営の刑務所で暴動が発生する。3つのギャングがそれぞれ3つのブロックを占拠し、刑務所を訪れていた作業員たちや、カウンセリングのために来ていたシスターと神父たちが人質に取られ、ホンドー・チームも3組に分かれて対応に当たる。SWATチームは看守や受刑者たちと接触していく中で、ある事実を知ることになる。

  • 2月3日(水)
    第11話「コリアタウン」

    民営の刑務所で暴動が発生する。3つのギャングがそれぞれ3つのブロックを占拠し、刑務所を訪れていた作業員たちや、カウンセリングのために来ていたシスターと神父たちが人質に取られ、ホンドー・チームも3組に分かれて対応に当たる。SWATチームは看守や受刑者たちと接触していく中で、ある事実を知ることになる。

  • 2月10日(水)
    第12話「科学テロ」

    港で大量のシアン化物が押収され、化学テロに使われるはずだった可能性が浮上。押収の様子を遠くから見て、その場を立ち去った2人組の男は、交通違反で女性警官ドナに止められるが、自分ちは連邦法にも州法にも縛られない自由な「主権者」だと主張。免許証の提示をめぐって口論の末に、2人組の1人が発砲し…。

  • 2月17日(水)
    第13話「高い壁」

    ホンドーのチームは移民局と協力し、凶悪なギャングのメンバーで殺人容疑のかけられているトロ・オチョアを捜し出すため、移民たちが多く暮らすアパートを捜査。オチョアは見つからず、逃走しようとしたカルロスがその場で捕らえられるが、ジムがカルロスのIDを移民局の捜査官に渡す映像がニュースで取り上げられ、市民から激しい抗議運動が起こる。

  • 3月3日(水)
    第14話「死んだはずの男」

    非番の日に水辺の公園を歩いていたルカは、死んだと思われていた連続殺人犯「美形キラー」らしき男を見かけ、追いかけようとして逃げられるが、車のナンバーを押さえる。ルカはホンドーにそのことを知らせるとともに、2年前「美形キラー」の魔の手から救い出した女優ケリを訪ね、SWATの本部に保護する。

  • 3月17日(水)
    第15話「ピットクルー」

    3つの州で連続した現金輸送車強盗が発生。4人組の犯行グループはその手際の良さと早業から「ピットクルー」と呼ばれている。SWATはFBIと合同捜査に乗り出し、以前にも科学テロ事件で組んだFBIのデュボワ捜査官が指揮を執る。だがデュボワ捜査官は時折集中力に欠ける様子を見せ、ジェシカは不信感を募らせる。

  • 4月7日(水)
    第16話「復讐」

    裕福な家の娘ジュリエットがボディガードの目の前で誘拐される。ボディガードのリックは元海兵隊員で、今は富裕層専門のグレンジャー警備に勤務しており、誘拐犯に撃たれて腕を負傷する。両親の元にはジュリエットから電話がかかってきて、犯人からの要求が身代金500万ドルであることを告げる。

  • 4月14日(水)
    第17話「武器庫」

    ギャング組織ロス・レイエスの殺し屋ロペスの車をジャックしたアンヘル・ルセロは、パトカーに行く手を阻まれ、車を乗り捨てて近くの民家に飛び込む。車の中には死んだロペスが残されており、ルセロは民家に住む一家3人を人質にとって立てこもる。説得に当たるジェシカに対し、ルセロは「妹が殺される」と言い、車と時間を要求する。

  • 4月28日(水)
    第18話「パトロール」

    あるクリニックで発砲事件が発生し、駆けつけたクリスとマムフォードはケガをした女性医師と死んでいる男性患者を発見。撃ったのは女性医師の患者ザック・カルニックであることがわかる。ザックはセミオート銃に取り付ける連射装置を手に入れ、3度目のデートを断られた女性が勤める会社を襲撃。駆けつけたクリスはザックと1対1での格闘になるが…。

  • 5月5日(水)
    第19話「情報源」

    巨悪や権力と闘うロシア女性ジャーナリスト、イリーナが取材や講演のためにLAを訪れ、お抱えの警備チームが頼りにならないことを証明したSWATチームが警護に当たることに。イリーナは大量の銃がロシアからアメリカに密輸されるとの情報をキャッチしており、その情報源である「シャオリン」と名乗る人物と会うことになっていた。

  • 5月12日(水)
    第20話「報復」

    ホンドーは元麻薬取締官のKCとともに、ジェ・キムの調査を独自に続け、市の職員イアン・パックと密会している現場をとらえる。ホンドーはイアンに接触し、フェンタニルの摘発で資金繰りの苦しくなったジェ・キムが、イアンを買収して土地の評価額を不正に下げ、銀行から2500万ドルの融資を受けたことを知る。その返済日が翌日に迫っていた…。

  • 5月19日(水)
    第21話「山狩り」

    バイカー族「マークス」が「ジャッカルズ」を立て続けに襲撃する事件が発生し、その原因を突き止めるため、ディーコンはパトロール警官時代の先輩ホーキンスを訪ねる。ホーキンスはマークスに潜入捜査をしていた経験があり、今は引退して山奥に引きこもっている。しかし、ホーキンスのキャビンには彼の姿はなく兵士姿の男たちから突然襲撃を受ける。

  • 5月26日(水)
    第22話「ヘイトクライム」

    ある家に男が人質を取って立てこもっているとの通報を受けて、ホンドー・チームが現場へ急行。遅れてきたジムは、初出勤の日を迎えた母カレンを送りに行ったために遅れたと言い訳する。チームは家に踏み込みが、そこにいたのはクリスチャン・ベイティという男だけで通報はイタズラだったことがわかる。だが部屋の中から爆弾の材料が見つかり…。

  • ※放送時間・内容は変更になる場合がございます。ご了承下さい。