トピックス

無線機よりも前に繋がっていた、
健人(坂口健太郎)と大山(北村一輝)の接点が明らかに!
「健人がとても切なくて、泣いちゃう」
池田鉄洋さんが話す第9話のみどころとは!?

2018.06.05

第9話 今夜9時 放送

坂口健太郎さん演じる主人公・三枝健人が、無線機を通じて繋がった“過去”の刑事・大山剛志(北村一輝)と長期未解決事件に挑むヒューマンサスペンス。

1999年に起きた集団暴行事件の真相を握ったまま何者かに殺害された岩田(甲本雅裕)。岩田が死の直前に残した言葉がきっかけで、健人と美咲(吉瀬美智子)は白骨化した大山の遺体を発見します。事件を追っていた大山はなぜ失踪したのでしょうか?

集団暴行事件について再捜査を始めた長期未解決事件捜査班。人探しのプロ・山田勉(木村祐一)や、鑑識官・小島信也(池田鉄洋)の調査で、被害者の井口奈々(映美くらら)を見つけ出す事ができた。すると、事件の驚くべき真実が明らかになって行きます。

また第9話では、集団暴行事件の主犯として逮捕された亮太(神尾楓珠)の弟・健人と、事件を追う大山との間に、無線機でつながる前から接点があったことも判明します。

小島を演じる池田さんは、第9話について「健人の背負う過去が急展開を迎える」と話します。そして「知れば知るほど彼(健人)を愛してやまない。坂口さんが演じる健人がとても切なく、泣いちゃうんです」と、健人が背負う壮絶な過去が明かされる点を見どころにあげました。自身の出演が少ない第9話ですが、「“印象に残るシーンにしよう”という監督の愛情で、山田(木村祐一)と小島のために演出」することで、シリアスな中にもほっとするコミカルなシーンが撮影できたと明かしました。

また、ドラマ放送直後に配信を開始するチェインストーリー※1に、出演者の中で最も多く登場している山田と小島。第9.5話が最終回となり、本編よりも先に終了するチェインストーリーについて、「見ないと、ドラマは完結しない」と話し、最終話へ繋がる重要性をアピールしました。

今夜9時放送の第9話をお見逃しなく!

※1 チェインストーリー
『シグナル』のキャスト・スタッフがお届けする毎回、様々な登場人物にスポットを当て、過去や隠された秘密など、テレビでは描かれていない内容で各話をつなぐテレビでは放送されなかったもう一つの短編ドラマ。

小島信也役 池田鉄洋さん 第9話 コメント

ここまであまり語られなかった健人の背負う壮絶な過去が急展開を見せる第9話。“いよいよ大山も巻き込んで語られる時が来たか”、というおもしろさと、“連ドラ終盤なのであと少ししかない!”というもったいなさを、わたし個人は感じております。三枝健人の根っこにある事件が明らかになることで、彼の心が本当に動き、刑事としての彼を逸脱する瞬間もあって見どころです。なんと重い過去を背負っていたか-。知れば知るほど彼を愛してやまない、坂口さんが演じる健人がとても切なく、泣いちゃうんです。9話の小島はワンシーンだけですが、内片監督に遊ばせていただきました。印象に残るシーンにしようという監督の愛情で山田(木村祐一)と小島のために演出してくださり、コミカルな仕上がりになっています!
そして、チェインストーリーは9.5話が最終話。久々に木村さんと2人で長回しで撮影しました。本編ではお見せできない2人のバディ感がぞんぶんに出ています。これを見ないとドラマは完結しないと思います!

バックナンバー

関西テレビ ページトップへ戻る