トピックス

中本(渡部篤郎)に反旗を翻した岩田(甲本雅裕)にネットで激励多数!
「岩田、よくやった!」の声に甲本さん「応援されると思ってなかった」と照れ笑い!
「8話冒頭から気を抜けない展開」

2018.05.29

第8話 今夜9時放送!

1999年に起きた女子高生集団暴行事件。この事件は健人(坂口健太郎)の兄・亮太(神尾楓珠)が主犯として逮捕され、幕を閉じたはずでしたが、健人と亮太が兄弟であったことを知った岩田(甲本雅裕)は事件についての真相を伝えるため、城西病院に健人を呼び出します。健人が城西病院に到着すると、そこには、何者かに襲われ、虫の息の岩田。そして、現場に居合わせた健人が疑われ、事件の容疑者とされてしまいます。

一方で、2000年にキャバクラの違法営業をネタに賄賂を受け取っていたとして、収賄の容疑をかけられて失踪した大山(北村一輝)。しかし、その理由に納得できない健人と美咲(吉瀬美智子)は、大山を探し続けていました。娘の治療費を援助してもらっている代わりに、中本の“手下”として、大山の過去を探る健人の動向を監視していた岩田。しかしその娘が亡くなったことで、岩田は中本に反旗を翻し、「あなたの指示にはもう従いません」と言い放ち、部屋を後にしたのです。そんな姿を見た視聴者からは、ネット上で「岩田、よくやった!」や「頑張れ!」などの激励のメッセージが多数寄せられました。岩田を演じる甲本さんに視聴者の声を伝えると、「役を演じていて、すごく嬉しいです。まさか、岩田に注目してもらえるとは…」と、予想外の反響に照れ笑い。

そして第8話のみどころについて尋ねると、「冒頭から気を抜けない展開です!」と一言。また、岩田について「7話の最後から8話の最初に続くシーンでは、岩田自身も抱え込んでいたことすべてを健人に吐き出して、“終わりにしたい”と思ったのでは。美咲が爆発に巻き込まれて亡くなった時、近くにいた健人に思いをぶつけそうになるほど、“本当は良いやつなのかな”って思います。健人の未来を案じてどうしても伝えておきたいことがあったのでは?」と話します。今夜9時放送の第8話をお見逃しなく!

岩田一夫役 甲本雅裕さん コメント

Q.第7話放送後、「岩田、よくやった!」「頑張れ!」といった、岩田への激励のメッセ―ジが見られました。

「今まで、健人たちの上司でありながら、立ちふさがっているところもあり悪役として思われていたのが、一転して応援してもらえるなんてすごくありがたい。それに、ドラマの今後の展開がどうなるのかと、楽しみにしていただける役を演じられてすごくうれしいです。まさか、岩田に注目してもらえるとは…(笑)」

Q.第8話のみどころについて教えてください。

「7話から8話の冒頭にかけてのシーンです。岩田自身も抱え込んでいたことをすべて健人に伝えて終わりにしたいと思って機会を作ったのかなぁ。岩田は、美咲が爆発に巻き込まれて亡くなった時、近くにいて助けられなかった健人に怒りが込みあがってくるほど部下思いで、“本当はいいやつなんだろうな”って思います。そんな人柄だから、健人の未来を案じて、亮太と兄弟だと知ってどうしても伝えておきたいと考えたのではないでしょうか。結果的に岩田を襲ったのは健人ではないかと捜査対象になってしまうのですが…。8話の冒頭から気を抜けない展開です」

バックナンバー

関西テレビ ページトップへ戻る