トピックス

時効成立まであと20分…
ついにたどり着いた真犯人を、逮捕できるのか―?
坂口さん「みどころは、“時効が成立するかどうか”という緊迫したシーン」
長期未解決事件捜査班が発足!新たな事件に挑む!

2018.04.17

今夜放送される第2話では、三枝健人(坂口健太郎さん)と美咲(吉瀬美智子さん)が、15年前に起きた女児誘拐殺人事件の真犯人・吉本圭子(長谷川京子さん)に迫ります。第1話で、逃亡を図る圭子を追い詰めた健人たち。第2話は、“時効成立まで、あと20分”と迫る場面からスタートします。圭子から自白を引き出したい健人と、何とか時効を迎えたい圭子は、取り調べの中で激しい心理戦を繰り広げます。

坂口さん自身も、第2話の一番のみどころだと語るこのシーン。健人にとって、女児誘拐殺人事件には強い思いがあります。友達の女児が被害にあっただけでなく、女児を連れ去る謎の女を目撃。そして、そのことを警察に訴えるも、相手にしてもらえなかったという、いわば健人にとって因縁の事件です。

時効目前に犯人を自らの手で追い詰めた健人。“逮捕できるかどうか”という瀬戸際での真犯人との攻防について、坂口さん自身、想像していたよりも感情を高めた演技をしたと言い、「意外と体力を使う撮影(笑)」と振り返ります。女子児童誘拐殺人事件の結末と、長期未解決事件捜査班の結成が描かれるほか、新たな未解決事件への挑戦と、盛りだくさんの第2話。17日(火)よる9時から放送です。

三枝健人役 坂口健太郎さん コメント

「2話のみどころは、やはり、1話の事件の真犯人・圭子(長谷川京子さん)が発見され、時効成立するかどうかの緊迫したシーンです。時間もなく、自供を引きだす為に健人が熱くなるシーンでは、現場での緊迫した雰囲気を受けて、自分が想像していたよりも感情を高めてお芝居しました。まだ警察官としての若い部分や周りが見えていなくて突っ走ってしまう、その若さは出していきたいとは考えていたので、意外と体力を使う撮影でした(笑)。時効成立ぎりぎりでの緊張感や、今後に続いていく新たな未解決事件も2話では始まっていくので、みごたえあると思います。また、タイトルにもある未解決事件捜査班が発足するのですが、結成したての班だから、チームとしてのまとまりがない。でも、話数を重ねる中で出てくるチーム感の変化と、どのように未解決事件とこのチームが向き合っていくのかを考えながら見ていただければと思います」

バックナンバー

関西テレビ ページトップへ戻る