新着情報

坂口健太郎が感じた「ちょっと若い」と思った瞬間とは?台本に無かったという撮影秘話も披露!

2021.03.30

放送に先駆けて、主演の健太郎が前作から約3年ぶりとなる本作への思いや意気込みを語った。

スペシャルドラマのストーリーは原作の中でも特に好きなエピソードだそうで「“これをやれるんだ”っていう期待感もあった」と明かし、「今回の事件はこれまで以上に無線機の力がないと解決できないと思っていて、サスペンスとしての仕掛けのクオリティーが良い」と、作品の魅力を上げる。

連ドラ初主演となった三枝健人という役柄については「これだけ1つの役を長くやることが今までなかった」と、これまで経験した続編ものの作品とは違った様子。「連ドラのときは、前半であえて青っぽさを出したり、徐々に健人をアップデートしている感覚があった」と明かした。「映画では新しいエッセンスとしてアクションの要素も加わって、もちろん三枝健人という同じ役をやっているけど、少しずつ変わっていく様をやっていくのは初めての経験」と、回を重ねて成長していく健人は、まるで坂口健太郎という俳優の挑戦と成長の証にも見える。

また、今作は新たなキャストとして、青木崇高、桜井ユキ、古川雄輝らが名を連ねた。その中でも、青木が演じる元警察官で建設会社社長の石川匠(たくみ)は、健人と対峙する悪の存在だ。正義感溢れる健人と、欲にまみれながらも狡猾な石川が繰り広げる対決は、今作の見どころの一つだが、「青木さんが悪役を振り切ってやってくださったので、お芝居をしていてすごく楽しかった」と、青木との共演を振り返り、坂口が青木の胸ぐらをつかむシーンでは「実は台本には書かれていなくて、芝居をしながら生まれたもの。青木さんと一緒になってシーンを作った感覚があった」と、撮影に手応えを感じた様子。さらに「映画では健人がアクションという肉体的なアプローチをしていく中で、連ドラの健人ではやらなかったような、力が入るシーンをやりたいと思い、提案させていただいた」と、SPドラマの青木とのシーンが、その先の映画につながっていく裏話も披露した。

最後に意気込みをたずねると「初めて『シグナル』を見る方にも分かる内容になっていますし、原作ファンが見てくださった時も、“ここの部分をやってるんだ”とすんなり入っていただけると思う。SPドラマを見ていただいたら、映画ももっと楽しく見ていただけると思う」と作品をアピール。「それと、撮影が今から1年半ぐらい前だったので、ちょっと僕の顔が若かった(笑)」と、屈託のない笑みを浮かべた。

スペシャル編

連続ドラマ編