物語

無線機を通じてつながる“現在”と“過去”の刑事が長期未解決事件に挑む!時を超えた正義への強い思いとさまざまな人間模様が織りなす予測不可能なヒューマンサスペンス

坂口健太郎 テレビドラマ初主演!
過去の謎を追う骨太な刑事役で新境地に挑戦!

主演の坂口が演じる主人公の三枝健人(さえぐさ・けんと)は、独学でプロファイリングを学んだ警察官。幼い頃に起きた女子児童誘拐殺人事件や、兄が自ら命を絶つ原因となった事件で心に深い傷を負い、警察を全く信用していない。冷静な判断力と観察力を持ち、いつか自らの手で兄の事件の真相をつかみたいと“内なる情熱”を秘めた芯の強い男だ。

無線機を通じて未解決事件を追う…!
現在過去、二人の刑事の思いが奇跡を起こす!

三枝は、幼い頃に友達の女子児童が誘拐・殺害された事件で、女子児童を連れ去った謎の女を目撃した。そのことを警察に伝えるも誰にも相手にされず、15年が経ち、時効間近となっていた。ある日、廃棄されるはずだった無線機から聞こえてくる声を耳にする。声の主は、健人と同じ事件を追う刑事で、事件に関する手がかりを話す。最初は信じられなかった健人だが、無線機越しの刑事から聞いた場所に向かうと、なんとそこには何者かの白骨死体が…。
その後も、その刑事と無線機で交信を続けるうちに、健人は相手が過去を生きている人物であることを知る。二人は互いに協力し合い、未解決事件を解き明かしていく――。

原作はヒューマンサスペンスの傑作

原作は、リアルな人間描写と緻密な構成が感動と興奮をもたらし、韓国で数々の賞を受けたヒューマンサスペンスの傑作『シグナル』。謎の無線機を通じて、“現在”を生きる刑事と“過去”を生きる刑事の二人が、共に未解決事件を解き明かすことで現実が塗り替えられるという矛盾。さまざまな人間模様が織りなす展開が、次々に謎を深める予想不可能なヒューマンサスペンス。

存在感に満ちたキャストたち!

三枝と時空を超えて無線機で交信する刑事・大山剛志(おおやま・たけし)を演じるのは、北村一輝。誰よりも不正を憎み、周囲の迷惑や警察のメンツ、慣例などにとらわれることなく、捜査にのめり込む。疎まれたり反発を買ったりしても、絶対に曲げられない正義感と信念でまい進する。しかし、ある日突然、収賄容疑をかけられ、その後失踪してしまうことに…。

吉瀬美智子が演じる桜井美咲(さくらい・みさき)は、健人が交番に勤務していた際、女児誘拐殺人事件をきっかけに出会った刑事。新人時代の指導係だったのは大山で、厳しい教えを受けて優秀な刑事に成長した。クールだが、誰よりも捜査への思いが強い。現在は長期未解決事件捜査班のリーダーに任命され、健人とタッグを組んで事件を捜査する。 “現在”の健人と“過去”の大山の両方と接点を持つ、重要な存在だ。

そして、渡部篤郎が、警視庁の刑事部長として絶大な権力をふるう中本慎之助(なかもと・しんのすけ)を演じる。警察の裏の顔ともいうべき存在で、数々の政治家や大企業に絡む隠ぺい工作を行うなど、汚い手を使って現在の地位にのし上がってきた。これまでにも、昔かたぎのベテラン刑事や、少しコミカルな鬼刑事など、幅広い刑事役を演じ分けてきた渡部が今回演じるのは、冷酷非道な警察キャリア。これまで以上に、危険な匂いを漂わせる人物を演じる。

関西テレビ ページトップへ戻る