セカイ旬感紀行

毎週水曜 午後9:54~10:00

大人の女性がリラックスを求め、日常からかけ離れた台湾フォトジェニックな旅

2,3度訪れた程度で測れるほど、魅力の底は浅くない…
きっと知られていない台湾の魅力あふれるスポット。つかの間の贅沢旅をご紹介します。
ナビゲーターは、30代になり大人の女性の魅力を見るたびに増していく女優・貫地谷しほり。
『今日はどんな景色に出会えるのかな?』
彼女の目線で、台湾のちょっとディープな絶景スポットを2泊3日の旅で4回にわたってお伝えします。
この番組で、素敵な‟旬感”を是非みつけてください。

出演者

貫地谷しほり

4月25日(水)

番組内容

参山国家風景区

参山国家風景区は「獅頭山」「梨山」「八卦山」の三山の景勝地を中心とする、台湾中西部の国定公園。穏やかな気候で豊かな自然に恵まれています。台湾で近年人気の観光地となっているのが、美しい自然の中にかかった「吊り橋」。南投の「猴深井天空之橋」は、遠くから見ると、橋が笑っている口のように見えるため「微笑みの橋」とも呼ばれています。

訪れたスポット

水井茶堂

1930年頃に建てられた日本式建築を改装した茶館。
店主、妻、妹、そして妹の夫と共に、家族でお金を出し合い再構築した。

擂茶の名前の由来

擂茶の「擂」は擂り下ろすという意味。
「三生茶」とも呼ばれる擂茶の起こりは、三国時代。「三生茶」という呼び名は、お茶、生米、ショウガを挽いて作ったお茶を飲んだ張飛が、その味を絶賛、「この茶を飲めば三生(三世)までも幸せになれる」と語ったことに由来している。擂茶はもともと塩味で、お茶として飲むだけでなく、ご飯にかけてお茶漬けにもされていたという。

東方美人茶の名前の由来

昔、台湾の烏龍茶がヨーロッパに輸出されていた時代に、大英帝国のビクトリア女王が献上されたこの台湾烏龍茶を淹れて、茶葉がコップの中で上下にジャンピングする姿が美しく舞い踊る美女のようだと感動し、「オリエンタルビューティー(東方美人)」と呼んだのがいわれだそう。(諸説あり)

水井茶堂

住所

新竹県北埔郷中正路1号

TEL

03 580 5122

開店時間

10:00~18:00

料金

・擂茶(体験:300元 完成品:100元)
・水井茶堂で最も高い東方美人茶(2017年の茶葉):60g1500元

猴深井天空之橋

長さ204m、高さ70m、265段の階段からなる2012年にオープンした、台湾で4番目の長さとされる吊り橋。
橋の開放時間は、毎日午前8時30分~午後6時00分までで、橋を渡るには一人50元の利用料が必要。一度に通行できるのは最大150人まで。

夜になると…

夜になるとライトアップされることで、また違った天空橋を見ることができる。

猴深井天空之橋

住所

南投県南投市猴探井街300号

開放時間

毎日午前8時30分~午後6時00分

利用料

一人50元

関西テレビ ページトップへ戻る