ついに物語は最終章突入!第9話で描かれる“毒親問題”について真木よう子がコメント!

ついに物語は最終章突入!
第9話で描かれる“毒親問題”について真木よう子がコメント! 2021.3.9(火)

今夜9時放送の第9話のテーマは“毒親”。高校受験に向け、涼子(真木よう子)のクラスでも進路指導が始まり、三者面談行われる。しかし、必ずしも生徒と親で進路や将来についての考え方が同じというわけではなく、子どもの思いを無視して考えを押し付ける、いわゆる“毒親”も登場。娘の思いとは裏腹に芸能活動を続けさせたい母親、なるべくお金のかからない高校を進路にさせようとする父親、家業の病院を継がせるため医学部付属の高校を受験させたい母親など、様々なケースの家庭に対して涼子はどう対処するのか?そんな第9話について、真木は、「子どもを持つ親としては、自分の子供の将来は気になりますが、今回はそれが行き過ぎたケースを扱っています。自分が、その立場だったらどうするか?また、子どもの立場だったらどう思うかを考えさせられる作品だと思います」とコメントした。
さらに、物語も最終章に突入!第8話では、岡部(遠藤雄弥)による暴行未遂事件を公表しようとした香里(明日海りお)を阻むべく、生徒を脅迫して香里を死に追いやったのが校長の木島(高橋克実)だったと判明。木島の逮捕ですべて明らかになったかに思われたが、隆平(藤原竜也)は、そもそもの発端となった暴行未遂事件について香里が何かを追究しようとしたのではないかと考え調査を続ける。果たして、そこにはどんな秘密が隠されているのか!?