“マタハラ事件”が描かれる第2話の見どころを真木よう子が語る! 「自分もやってしまっているのではないかと考えてみていただければ」

“マタハラ事件”が描かれる第2話の見どころを真木よう子が語る!
「自分もやってしまっているのではないかと考えてみていただければ」 2021.1.19(火)

今夜9時放送の第2話について真木よう子のコメントが到着した。真木演じる浅村涼子は生徒思いの熱血国語教師で、校内に警察官が駐在することに関しては反対している役どころ。生徒に対しても容赦ない嶋田とは、1話から衝突していたが、真木は熱血がゆえに少し空回りしてしまう浅村を楽しんで演じていたようで、「いつも演じているような男勝りな役とはちょっと違って、熱血ではあるんだけれどもちょっとおっちょこちょいというか、先走ってしまうようなところがある、一生懸命で、生徒思いの女性教師」と語った。さらに、「教師の方々にはぜひ見ていただきたいです。あとはやっぱり子供を持つ親にも見てほしいです。スクールポリスが導入される学校のなかで、翻弄(ほんろう)される生徒たちと葛藤する先生たち、学校って、さまざまな要素がいっぱい入っているし、リアルな中学生の悩みとかもあるので、中学生にも見てほしいと思います」と熱く語った。
第1話で配属初日から授業中に暴れ、教師に襲い掛かる生徒や刃物を持った校内への侵入者を逮捕するなど成果をあげるが、校内のさまざまな場所に盗聴器を取り付けるなど素性が知れないスクールポリス。まだまだ謎が多く怪しさ際立つ嶋田からは目が離せない。そんな中、校内では“マタハラ(マタニティ・ハラスメント)”に関する事件が発生!第2話について、真木は「妊娠3カ月の英語教師・水野楓先生(山口紗弥加)の周囲では様々な嫌がらせが起き、校内では新たな事件が発生します。誰が何の目的でやっているのかスクールポリスが解明していくところが見どころです。また、“マタハラ”について知らず知らずのうちに自分もやってしまっているのではないかと考えながらみていただければと思います。そして、学校内で噂される亡霊とは何なのか!?ぜひご覧ください!」と見どころを語った。