徹底ツイセキ/森友学園問題

2017年11月22日(水)

森友問題 国有地8億円値引きは「根拠不十分」

 

森友学園をめぐる国有地取引の問題で、「国有地が8億円も値引きされた根拠は不十分」と会計検査院が発表しました。

これまで国が説明してきた内容が大きく揺らぐことになります。

 

【会計検査院】

「参議院予算委員会の要請をいただきまして、結果について報告いたします」

22日午後3時すぎ、会計検査院の報告書が参議院に提出されました。

真相はどこまで明らかになったのでしょうか?

鑑定価格9億6000万円の大阪・豊中市の国有地が8億円以上値引きされて森友学園に売却された問題。

これまで国は「国有地の地中深くから新たなゴミが見つかったため、その撤去費用として8億円を値引きした」と説明してきました。

 

【佐川理財局長(当時)ことし2月】

「今後さらに深い部分でどんな埋設物が出てくるのか、分からない。工事を早く進めないといけないと話がありまして、

大阪航空局は積算・算定したのが8億円という経緯」

しかし、関西テレビが独自に入手した森友学園と国との交渉とみられる音声データによって、数々の疑惑が浮上したのです。

 

【新実キャスターことし9月】

「この小学校の下、地中の深い所で”新たなゴミ”が見つかったとされています。

しかし、音声データから、”口裏合わせ”ともとれるやり取りが明らかになったのです」

 

この音声データは、新たなごみが見つかったとされる直後の去年3月下旬に録音されたもの。

近畿財務局の池田国有財産統括官など国の担当者と籠池夫妻、弁護士、工事業者らとみられる人物が話し合っています。

 

<音声データ>

国側の職員「3mまで掘っていますと。土壌改良をやって、その下からゴミが出てきたと理解している。

その下にあるゴミは国が知らなかった事実なので、そこはきっちりやる必要があるでしょというストーリーはイメージしているんです」

工事業者「そういうふうに認識を統一すべきなら我々合わせるが、下から出てきたかどうかは、

私の方から、あるいは工事した側から確定した情報として伝えていない」

池田靖国有財産統括官(当時)「資料を調整する中で、どういう整理をするのがいいのかご協議させていただけるなら、

そういう方向でお話し合いさせてもらえたらありがたい」

 

音声データに残された口裏合わせのようなやり取り。

国が主導して「新たなごみが地中深くから見つかった」というストーリーを描いているように聞こえます。

 

さらに、その後の価格交渉の過程では、籠池被告の妻から恫喝とも受け取れる発言が…

<音声データ> 

籠池諄子被告「どこまであんたら根性腐っとんや!よくこんな無責任なこと言うな、鬼!」

「開校遅れて、6月の生徒募集もできへんということに対しては、あんたら、どうすんねん!損害賠償やろ」

「その話も、裁判になったら、そないなんねん!国家賠償請求せなあかんやんな」

 

こうした発言から「小学校の開校時期が遅れた場合の訴訟リスク」を避けるために、

国側が格安で早期の売却を行った疑いも浮上したのです。

そして22日、森友学園と交渉していた近畿財務局の池田元国有財産統括官は…

 

Q.算出の根拠が不十分だったという報告を会計検査院が出す見通しですが…

【近畿財務局・池田元国有財産統括官(当時)】「やめてください…」

 

国会の代表質問でも、野党が安倍総理を追及しました。

 

【共産・山下芳生議員】

「国民の財産である国有地が8億円も値引きされ、ただ同然で森友学園に払いさげられたカラクリが、

音声データの生々しいやりとりで明らかになりました。

総理の責任で事実の究明を行うべきだと考えますが、いかがですか?」

【安倍総理】

「国有地の売却における当事者間のやりとりについては現在捜査が行われており、

捜査の場及び、その後に司法の場において明らかになると思う」

 

そして先ほど、国の要請を受けて値引きが適正だったかを調べていた会計検査院が、検査結果を国会に提出しました。

会計検査院は「8億円の撤去費用について、ゴミが見つかった深さや混入率について十分な根拠が確認できない。

算定に必要な慎重な調査・検討を欠いていた」と指摘。

国の手続きの不備を認めた形となりました。

 

【民進・増子輝彦議員】

「いままで色んな形の中で国会でも取り上げられた疑惑・問題がかなりの部分で明らかになってきたということですから、

今後の国会でも質疑されていくと思います」

Q.値引きについて指摘はあった?

「それは『適正ではなかった』という結論付けが明確になりました」

 

これまで「適正な価格で売却された」と主張していた国側は、この結果を受けてどう説明するのでしょうか?

記事一覧へ戻る

関西テレビ ページトップへ戻る