番組で放送した内容

2019年12月27日(金)

12月27日(金)放送分

■【おでかけ中継・星奈のキラッと☆】  

『飛龍スタジオ(倭太鼓飛龍)』 
住所:大阪府大阪市住吉区長居東3-2-10 
 TEL:06-6691-0009 
営業時間:午前10時~午後9時 
休館日:なし  ※年末年始は、12月28日~1月5日まで休館 

【紹介したレッスン】 
・和太鼓ヨガ(不定期) 2700円(税込み)/60分 
【無料体験教室】 
2010年1月6日(月)から。詳しくは電話・HPでご確認ください。

 

■【兵動大樹の今昔さんぽ】
今回は、昭和43年頃の写真を元に、JR野田駅前(大阪環状線/大阪市福島区)からスタート!当時の写真には高架沿いに機械関係の店舗が並んでいます。

●阪神電車高架下へ
・大開公園で「松下幸之助創業の地」の石碑を発見。

●野田阪神機械工具街(大阪市福島区海老江)社長:坂本 高さん
・写真に写る「坂本工機」がないか探してみると「坂本精機産業」の看板を発見。
・「坂本工機」について聞いてみると、親戚が経営していた会社で現在はないという。
・社長の話によると、月亭八方師匠が高校卒業後、この会社の社長の紹介で、落語家になるまで、この会社に勤めていたとのこと。

●野田阪神機械工具街
・高架の反対側にある「ヒラキ機工」で、機械工具街について詳しい人を教えてもらうと、隣の「総合建設コンサルタント」が理事長だと教えてもらう。

●総合建設コンサルタント(大阪市福島区海老江)理事長:尾松正章さん
・阪神電車が高架になる前の昭和22年に機械工具街が線路沿いにバラックで誕生。
・阪神野田駅は複数の路面電車が接続するターミナル駅で便利だった。
・昭和30年代踏切による国道2号線の渋滞が問題化、昭和36年に阪神が高架となったことで機械工具街は高架下に移転。

●光洋商会(大阪市福島区海老江)社長:奥本洋一さん
・戦争で父を亡くし、母親が慣れない工具街の仕事で子供4人を育て大学まで入れた。

●写真撮影

2019年12月20日(金)

12月20日(金)放送分

■【おでかけ中継 星奈のキラッと☆】 

中継場所:あべのハルカス「ハルカス300」 
住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 
入場料:大人(18歳以上)1500円 中高生1200円  
小学生700円 幼児(4歳以上)500円 
営業時間:午前9時~午後10時(年中無休)※最終入場は午後9時30分 

・「プロジェクションマッピング」 
CITY LIGHT FANTASIA by NAKED-Crystal World- 
上映期間:来年3月31日まで(展望台入場料のみで観覧可) 
上映時間:来年1月16日まで      ⇒午後5時30分~午後9時40分 
     来年1月17日~2月13日まで⇒午後6時~午後9時40分 
     来年2月14日~3月31日まで⇒午後6時30分~午後9時40分 

・「かこむdeこたつ」 
開催場所:ハルカス300(58階天空庭園) 
開催期間:来年4月12日まで 
     ※営業休止日があるため要確認 
営業時間:平日 ⇒午後3時~午後10時 
     土日祝⇒午前11時30分~午後10時 

 <紹介した料理>
「三元もち豚のあったか柚子しゃぶコース」※完全予約制(当日受付不可) 
※料理料金に展望台入場料が含まれています 
1人5500円(税込) ※ペアシートは1人6500円(税込) 
          ※1人プラス1000円でメイン料理が食べ放題 

すべての問い合わせ先:ハルカス300インフォメーション 
          TEL:06-6621-0300(午前10時~午後5時)

 

■【兵動大樹の関西今昔さんぽ】

今回は、昭和40年初期の写真をもとに、大正駅前からスタート!
川沿いの木材と看板の文字が印象的です。

<取材先>

・スマ美容室...写真は材木屋がたくさんあった時代のもの。
       市電も走っていたがバスに変わった。今と昔とはぜんぜん違う。

・大阪市電…日本初の市営電車。明治36年(1903)9月に運行開始。
      昭和35年に地下鉄工事が始まり、人口も増え、昭和30年代に自家用車
      ブームも始まり、市電は衰退。昭和40年には大阪万博の開催が決定し
      大阪の都市交通の拡充が広がる。地下鉄や高速道路の工事が開始され
      昭和44年(1969)3月、市電は全線廃止。

●精肉店「チャンピオン」 創業約70年(大阪市大正区千島2丁目)
店主:森川宏光さん、和廣さん
・手作りコロッケ 1個75円(税込)
・写真の場所は、今の昭和山の辺りで、貯木場があった。
・御堂筋の延伸(梅田?新大阪間)の処分土で埋め立てをし、昭和山が造られた。
・看板の文字「エビとりカニとり命とり」
子供達の遊び場だった貯木場。丸太の上を飛んで遊んでいたが、丸太が開いて川に
落ちると丸太が閉じて川から上がれなくなる。⇒命取りになるという意味
・写真の場所のヒント …大正消防署の「火の見櫓」が目印。

●山忠木材株式会社(大阪市大正区3丁目)大正12年創業   店主:山中 忠さん
・山忠木材の前の道路は運河だったが、埋め立てられた。
・なぜ大正区に貯木場?…海が近い。運河に囲まれて船での運搬がしやすかった。
・大阪の材木市場の歴史 …大阪の陣の後、大阪を復興させるべく西長堀川のほとりに
蔵屋敷を持っていた土佐藩が、高知や徳島、全国から材木を集め材木市場を開いた。その後、西長堀川の埋め立てに伴い、運河に囲まれた大正区に材木市場が移った。
・現在は、製材された木材が輸入されるため、丸太のまま保存する必要がなくなったため
 貯木場の需要がなくなってきた。

写真場所は・・・道路を隔てて向かい側。昭和山のグランド周辺。

2019年12月17日(火)

12月17日(火)放送分

■知っトク!ニュースなオカネ

テーマ「今年関西で生まれたヒット商品」

・いちごバター
お問い合わせ:0749-35-2589(市川農場)

住所: 滋賀県犬上郡豊郷町吉田350

いちごバター1296円(税込み)

・じゃばら
お問い合わせ:0120-928-933

(北山村じゃばら村センター・北山村役場地域事業課内)

住所:和歌山県東牟婁郡北山村下尾井335

・和歌山県北山村の移住・子育て支援に関して
お問い合わせ先:0735-49-2331(北山村役場)
住所:和歌山県東牟婁郡北山村大沼42

2019年12月13日(金)

12月13日(金)放送分

■【おでかけ中継・星奈のキラッと☆】 

『あかしや ショールーム』
住所:奈良市南新町78-1
TEL:0120-995-654
営業時間:10時~17時
休業日:日曜日(夏季休暇、年末年始)

【筆づくり体験】
1650円(税込)/1人
所要時間:60分~90分 
※要予約 ※土曜・祝日は、15人以上から

 

■【兵動大樹の今昔さんぽ】

今回は、昭和30年の写真をもとに、針中野駅前(近鉄南大阪線/大阪市東住吉区)からスタート!写真は2つの商店が写っていて、そこに人が立っていますがここはどこ?

<取材先>

●珈琲館「待夢(タイム)」(大阪市東住吉区針中野1-15-36)

●駒川商店街
・衣料品店で「かいたに商店」と「本田屋」は共に商店街内で営業中との情報が。
・昭和24年から営業する店もあるという歴史ある駒川商店街。商店街の北側にある阪神高速松原線の場所に、昭和55年まで路面電車の南海平野線が走っていて、駒川商店街への買い物客や周辺の住民たちの足として親しまれてきた。

●デリカ天寅(大阪市東住吉区駒川5-23-31)/コロッケサンド1個108円(税込)
・玉ねぎ多めのコロッケで自家製マヨネーズで和えた玉子を挟んだ「コロッケサンド」。

●柄自慢「ほんだ」(大阪市東住吉区駒川5-22-20)店主:本田 護さん
・写真に写る人物は、隣の「かいたにや」のご主人だという。
・写真が撮影された昭和30年に、この地へ移転してきた。
・近鉄針中野駅の由来は、小児はりの「中野鍼(はり)」だという。
○針中野駅の西約200mのところに、平安時代から続くと伝えられている「中野鍼」があり、大正3年開業の南海平野線「中野駅」から「中野鍼」までの道しるべが建てられるほど知られた存在。大正12年に近鉄南大阪線(当時は大阪鉄道)の開通に尽力したことで、最寄りの駅名を「針中野」と付けられ、その後地名として「針中野」と使われるようになった。

●かいたにや酒店(大阪市東住吉区駒川5-22-20)店主:櫂谷繁樹さん
・写真に写っていたのはお父さんである櫂谷繁信さん(享年69)
・太閤秀吉の埋蔵金の古文書を手に兵隊仲間と掘りに行ったが出てきた壺の中は空だった

●お店の前で写真撮影

2019年12月6日(金)

12月6日(金)放送分

■【脚の上げ下げを補助!“着るロボット”紅葉ツアー】
着るロボット(パワードウェアプロトタイプHIMICO)※2021年に販売を目指して開発中
開発会社:ATOUN(アトウン)

■【おでかけ中継・星奈のキラッと☆】 

・京・西陣 孝太郎の酢
住所:京都市上京区新町通寺之内上ル東入道正町455
TEL:075-451-2071
営業時間:9時~17時
休業日:第2・4土曜日・日曜日・祝日

 ・「My ポン酢づくり体験」※3日前まで要予約制 1本 1296円 (税込)
 定員:1名~5名様
 所要時間:約1時間前後
 予約時間:10 時・12 時・14 時・16 時

 ・紹介した商品
 生姜梅酢(300ml) 1728円(税込)
 すし酢(360ml) 734円(税込)

 

■【兵動大樹の今昔さんぽ】

今回は、昭和36年の写真を元に、四条大橋上(京都市中京区柏屋町)からスタート!
写真にはたくさんの車と「今井商店」の看板があります。

<取材先>

●京都市中央卸売市場(京都市下京区朱雀分木町)
・昭和2年に開設された日本初の中央卸売市場で、鉄道輸送のための引き込み線を備えた
プラットフォーム型の市場。全国の中央卸売市場のモデルとなった

●株式会社 西和(京都市下京区朱雀分木町) 店主 竹岡和良さん
 京都青果合同株式会社 元 営業管理部 主務 奥崎清さん
・写真にある「今井商店」と同じ屋号のお店があることを教えてくれたので訪ねることに

●果実問屋 ヤマカ 今井商店(京都市下京区朱雀分木町)
 3代目社長 今井光雄さん 4代目社長 今井英之さん
・ご主人に写真を見せると同名のお店だが、今井違いであることが判明

●丸健水産株式会社(京都市下京区朱雀分木町)代表取締役社長 佐竹賢昭さん
 ・おいしいマグロを味見させていただく
 ・日ノ丸水産の2代目社長が知ってるかもしれないということなので訪ねることに

●(有)日ノ丸水産(京都市下京区朱雀分木町)
  2代目社長 勝村竹雄さん 3代目社長 勝村一夫さん
 ・一般人は入れない市場だが、現在では活気を取り戻すために、毎月第2土曜日を一般開放。 先月23日(土)には冬の一大イベント「鍋祭り」が開催され75000人が来場
・写真に写る「今井商店」が現在の「勝藤屋」である事を教えてくれたので訪ねることに

●株式会社 勝藤屋(京都市下京区朱雀分木町79)
 代表取締役社長 今井仁さん 取締役 部長 今井昭仁さん
・1968年に発泡スチロール製折箱を開発&発売し急成長
・1975年5月に英国エリザベス女王が初来日した際、京都から鳥羽までの近鉄電車
 車中で出された「ロイヤル弁当」の箱を製作したのが、この会社
・写真の場所は七条通り側の入り口付近と教えられ、部長さんと移動
・写真撮影

関西テレビ ページトップへ戻る