番組で放送した内容

2020年2月14日(金)

2月14日(金)放送分

■【おでかけ中継・星奈のキラッと☆】 

大阪天満宮「盆梅と刀剣展」
期間:3月8日(日)まで
時間:午前9時半~午後4時半(入場受付は午後4時まで)
拝観料:大人700円(高校生以上) 小人400円(中学生以下) 団体600円(10人以上)

住所:大阪市中央区難波5丁目1番5号 
問い合わせ先:(06)6353-0025

 

■【兵動大樹の今昔さんぽ】

今回は、昭和50年頃の写真を元に、大阪市役所前(大阪市北区中之島)からスタートです!写真はビルに囲まれた祠らしき建造物のある風景が。

<取材先>

●露 天神社(通称:お初天神)大阪市北区曽根崎2-5-4 
   宮司 吉沢克規さん
・元々大阪駅前は「梅田繊維街」といって昭和36年頃まで繊維問屋や小規模商店が建ち並びその一角に今回の写真の祠はあった。 

●徳兵衛大明神(大阪駅前第2ビル 3F駐車場)
・第1ビルの祠に行く前に、第2ビルにも立ち寄ると、ビルの下から祠を発見
・全国的にも珍しいタヌキを祀った祠で、タヌキは「他を抜く」という語呂合わせから
縁起物とされ、出世運や勝負運、合格祈願などのご利益があるといわれている

●日武剣道具本舗(大阪駅前第1ビル2F)西村浩史さん
・日本全国から剣道愛好家が訪れる、知る人ぞ知る剣道具専門店
・ 約200種類のアイテムを取り扱い、26万円(税込)する胴具や、店で一番高い、
税込48万円の「虎鮫(とらざめ)」で作った胴具を見せてもらった

●フラワーガーデン(大阪駅前第1ビル地下2F)
 社長 炭田耕作さん、耕次さん
・第1ビルができた当初から創業している生花屋さん(創業50年)。20年前から毎日祠をお世話している

●正一位福永稲荷大明神(大阪駅前第1ビル屋上)
・一般の人でも10時から16時半の間であれば参拝可能。
・約600年前、土地の豪族が、一家の守り神として祀ったのが祠の始まり。
・明治42年に起こった「大阪北の大火」でも焼け残り、「焼けずの稲荷」として
 大切にされたが、昭和20年の空襲には耐えられず焼失。
 再建され、その後、第1ビルの屋上へまつられた。
・炭田さんが祠をお世話をするのは再建した人物から頼まれたため
・昔から、世のため人のためになることは、どんな小さなことでもやれとの、父親からの教えてを守って、約20前からずっとお世話をしている。
・今年の1月から、息子さんが、祠を守る会の会長を務め、お世話をすることになった。

2020年2月10日(月)

2月10日(月)放送分

■モーリーJAPAN

今回は、大阪ベイエリアへ。
2025年に開催される大阪・関西万博に向けて再開発が進む、大阪ベイエリアを徹底取材!万博会場予定地「夢洲」にある巨大な灯台の内部に潜入。
さらに、「寿司船」や、珍しい野鳥の姿も!大阪ベイエリアのディープな魅力に迫りました!

<取材先>
・1/11オープン船上で船を味わう「楼船さえ㐂(さえき)」※完全予約制
 お寿司 お任せランチコース 

2020年2月7日(金)

2月7日(金)放送分

■おでかけ中継・星奈のキラッと☆

イベント:アムール・デュ・ショコラ
住所:大阪市中央区難波5丁目 髙島屋大阪店・7階 特設会場
問い合わせ先:06-6631-1101

期間:2月14日(金)まで
時間:午前10時~午後8時
(2月7日(金) ・8日(土) ・14日(金) は午後8時30分まで)

<番組で紹介した商品> 
・モンサンクレール 「シャンパーニュロワイヤル」1,201円(税込)
・ゴンチャロフ アニマルショコラ「アニマルショコラD」(6個入り)2,268円(税込)
・パティスリーエトネ 「フォンダンショコラ」(3個入り)864円(税込)
・カカオサンパカ 「ハートベア カロロ」 10,800円(税込)

 

■兵動大樹の今昔さんぽ」 

今回は、昭和7年の写真を元に、阪急王子公園駅前(神戸市灘区)からスタート!
当時の写真は、病院か何か建築物の写真が写っていますが...?
さそく、近くの水道筋商店街で聞き込み!

●キムラ商店(昭和9年創業)神戸市灘区倉石通2-1-23 木村よし子さん
・商店街で焼き豚専門店を見つけ、100g400円(税込み)の焼き豚(バラ)を試食。
・写真について聞いてみると、写真が摩耶山であれば隣の西灘文化会館の人が詳しいとのこと。

●六甲技研(神戸市灘区倉石通2-2-29)代表:慈(うつみ)憲一さん
・写真の建物は、昭和4年に摩耶山で開業していた「摩耶観光ホテル」。
・既に廃墟状態だが、山の中腹にあり道路もないので取り壊せない。
・これを摩耶山の魅力のひとつと捉え、慈さんが事務局長を務める「摩耶山再生の会」で
「マヤ(摩耶)遺跡ガイドウォーク」を月1回開催し、「摩耶観光ホテル」も含め摩耶山の魅力を広める活動を行っている。

●摩耶ケーブル駅(神戸市灘区箕岡通4-3)摩耶ケーブル 大人780円(虹の駅往復)
・「掬星台(きくせいだい)」は真矢山頂の展望台で一大パノラマの夜景が楽しめる。
・摩耶観光ホテルは摩耶ケーブルでひと駅の「虹の駅」のそばにある。
・今回特別に摩耶観光ホテルの内部へ案内してもらうために、摩耶観光ホテル保存プロジェクトの前畑洋平さんに来てもらった。
・柵の鍵を開けて歩いていくと、摩耶観光ホテルの4階入り口に到着。
・摩耶ケーブルの前身である「摩耶鋼索鉄道」の福利厚生施設として昭和4年に誕生。
その形から「軍艦ホテル」とも呼ばれていた。戦後、民間に売却され「摩耶観光ホテル」としてリニューアルオープン。余興場やテラスからの眺め、廃墟マニアに「額縁の間」として人気の風呂場などを見学。

2020年2月4日(火)

2月4日(火)放送分

■みいちゃんのお菓子工房

店舗情報:滋賀県近江八幡市上田町1257-18
 営業日はHPのカレンダーを参照してください。

関西テレビ ページトップへ戻る