番組で放送した内容

2019年2月12日(火)

2月12日(火)放送分

■なるほど!ちまたのケーザイ学

テーマ「テーマ「“靴のまち”長田の新たな挑戦」

自分にぴったりの1足を探すのは、意外と大変。そんな客のニーズに応え、神戸の靴職人が立ち上げた「セミオーダー」の靴が今、話題に。
その人気を支える職人たちの「スゴ腕」とセミオーダーのハイヒールを取材しました。

・【アトリエアッシュ】(※パターンオーダーハイヒールの店)
・阪急うめだ本店4階
営業時間:日~木曜日 午前10時~午後8時
      金・土曜日 午前10時~午後9時
問い合わせ先:06-6361-1381(阪急うめだ本店3階婦人靴 代表)
価格:2万5920円(税込み)~

・【神戸レザークロス】
※gauge(ゲージ)(セミオーダーのハイヒールブランド)を展開。
問い合わせ先: 0120-568-118(カスタマーセンター)
〈受付時間:平日10:00~18:00)〉
・測定、購入は要予約。
 →測定は「神戸レザークロス」本社にて。

(住所:神戸市長田区西尻池町2-5-12)
・注文~受け渡しには約3ヵ月かかります。
価格:一律3万7800円(税込み)

・【日本ケミカルシューズ工業組合】
※「神戸シューズプレミアムライン」を展開。
問い合わせ先:078-641-2525
価格:一律1万7280円(税込み)
公式通販サイトで販売、現時点では店頭販売なし。

2019年2月11日(月)

2月11日(月)報道ランナー

■モーリーJAPAN

テーマ「丹波の極上の旅!スゴ腕仕掛け人に迫る」

貴重な町の宝を復活させた新スポットに、歴史ロマンあふれるご当地グルメ「極上の旅」をプロデュースするスゴ腕仕掛け人の大胆アイデアとは?

<取材先> 

〇「離れ」にのうみ(はなれにのうみ)
問合せ先:070-2319-9360(「離れ」にのうみ事務所)
・地元店から選ぶお食事 3,240円~

(放送分は「京懐石 雅」から「花」6,480円/人【税込】)

〇へき亭
住所:亀岡市千歳町毘沙門向畑40 
TEL:0771-23-0889(日置(へき)さん)
・武将飯 4,800円【税込】

2019年2月8日(金)

2月8日(金)放送分

■レオパレス施工不良 

〇レオパレス21 入居者 問い合わせ先
0120-590-080(10:00~19:00)


■ギモン調査部「大阪スパイスカレー旋風」
<取材先>
・旧ヤム邸(大阪・中央区)
 カレー膳2種あいがけ 880円
・お出汁とスパイス元祖エレクトロニカレー(大阪・都島区)
 2種あいがけ 1,000円
・Columbia8 北浜本店(コロンビアエイト 大阪・中央区)
 キーマカレー 850円

■兵動大樹の今昔さんぽ

今回は、昭和25年の写真をもとに、JR京都駅前からスタート!

<取材先>
●フルーツショップ ヤオイソ 
住所:京都市下京区立中町(たつなかちょう)488
価格:ロイヤルフルーツサンド(イチゴ・パパイヤ・マスクメロン・マンゴー) 1,080円

●「第6回鉄道古書即売会」のポスターを貼っていた不動産会社
社名:高永株式会社
住所:京都市中京区西ノ京池ノ内町1-1

●鉄道書・鉄道雑誌・時刻表を専門に扱う店舗を持たないインターネット古書店
店名:交通文化社
住所:京都市中京区壬生森町(みぶもりまち)

2019年2月7日(木)

2月7日(木)放送分

■中継コーナー「わがまちLIVEジュリアのイチオシ!」

場所:阪急うめだ本店9階(大阪市北区角田町8-7)
催事名:「バレンタインチョコレート博覧会2019」
期間:開催中~今月14日(木)まで
時間:午前10時~午後9時 (最終日は午後7時まで)期間中無休
問い合わせ:06-6361-1381

<紹介した商品>
・ 店名「バニラビーンズ」 商品名「デクヴェルト 詰合せ」(4個入) 
・ 店名「ル・ショコラ・アラン・デュカス」(今年阪急初登場)
  商品名「デクヴェルト 詰合せ」(9個入)
・店名「5th アヴェニューチョコラティア」
  商品名「たい焼きソフト(シャンパン)」(阪急限定商品)
・店名「ジ・オブローマ 990」
  商品名「イチゴの生チョコディッップ」

2019年2月1日(金)

2月1日(金)放送分

■兵動大樹の今昔さんぽ

今回は、昭和37年の写真を元に、京都・五条大橋からスタートです。
写真には木造家屋がぎっしり立ち並び、バスが走っています。
・五条大橋を渡って、清水寺方面へ。五条通沿いで聞き込み開始です。

<取材先>
●「五建ういろ」安政2年(1855年)創業/取締役・谷川理恵子さん
 ・店のオススメ「花見ういろ(梅・白・抹茶)172円」を試食。

●五条坂(五条通の大和大路より東側~松原通まで)
 ・清水焼と書かれた看板が立ち並ぶ。
 ・若宮陶器八幡宮(陶器神社)で、「清水焼発祥の地 五条坂」という石碑を発見

●「陶点晴かわさき」江戸時代の後期に創業/8代目店主・河崎尚志さん、妻・菊子さん
・清水焼をはじめ、様々な陶器を扱う老舗
・清水焼の起源は江戸時代。皇族・貴族が中国から持ち帰った焼き物に似せて、
陶器を作らせたことがはじまり。
・かつての登り窯は、京都府公害防止条例(昭和46年施行)で操業できなくなった。

●「海老屋龍山」明和元年(1764年)創業/店主・山本陽子さん
 ・清水寺の駐車場近くで、海老屋龍山の看板を発見。
 ・山本さんによると、昔は清水寺界わいに陶器店や陶芸店が今よりも多かった。
 ・写真の場所は、五条坂を少し下ったところにあるお寺辺り。

関西テレビ ページトップへ戻る