番組で放送した内容

2018年6月8日(金)

6月8日(金)放送分

■兵動大樹の今昔さんぽ
今回は、昭和40年代前半の写真をもとにJR京都駅前からスタート!
写真には、大きなお寺らしき門と、仏具店が写っています。

 

●まずは京都駅から近い「東本願寺」へ
・1604年建立、浄土真宗 真宗大谷派の本山。現在の建物は明治28年に建てられたもの。
・御影堂(ごえいどう)は敷地面積としては世界最大の木造建築。

●東本願寺門前の仏具店エリアを探索
・創業160年の仏具店「北川与三兵衛商店」

住所:京都市下京区下珠数屋町通烏丸東入橘町

 

・本願寺が西と東に分かれた理由
▽1591年豊臣秀吉が与えた土地に本願寺(現・西本願寺)が建てられた。
▽豊臣秀吉の死後、本願寺に見守られる形で、秀吉を祀る豊国神社が創られる。
 ▽京都で秀吉が神格化されるのを嫌った家康が本願寺と豊国神社の間に、土地を与えて
  新たな本願寺(現・東本願寺)が建てられた。

●写真の場所を探し求め「西本願寺」へ
・西本願寺から堀川通を挟んでポツンと立つ「総門」は300年前に建てられたもの。
・その昔、堀川通のある場所は西本願寺の敷地だったが、昭和34年に堀川通が拡張され
「総門」が西本願寺の境内から取り残される形となった。

●山田安心堂(1705年頃創業)
住所:京都市下京区 正面通油小路西入 珠数屋町111
・店主の妻、山田秩珠子さんにお話を聞く。
・店のすぐそばにある道は、新選組の「油小路の変」があった場所。
 新選組が店の近くを走り回っていたことをおばあさんから聞いていた。
・店に伝わる明治43年に撮影された西本願寺周辺の写真を見せてもらう。
西本願寺門前の様子が映し出された貴重な写真で、大勢の参拝客でにぎわっていた。


2018年6月7日(木)

6月7日(木)放送分

■わがまちLIVEジュリアのイチオシ

≪文楽≫
●第35回文楽鑑賞教室
【期間】平成30年6月8日~21(金)
【時間】午前の部 10時半開演
    午後の部 14時開演
    ※16日【土】は午前の部のみ
     12日【火】、18日【月】は午後の部のみ
      8日【金】、18日【月】午後の部は貸し切り

【料金】一般3900円(学生1300円)
【場所】国立文楽劇場(大阪市中央区日本橋1丁目12番10号)
【電話】06-6212-2531(国立文楽劇場)
    0570-07-9900(チケット購入に関して 午前10時~午後6時)
【申込】電話・ネット・劇場窓口から購入可能
    ※詳しくは公式HP参照

2018年6月5日(火)

6月5日(火)放送分

■なるほど!ちまたのケーザイ学
テーマ「鯖ビジネス”の仕掛け人に密着」

<取材先>

●食品館アプロ 新森店
住所:大阪市旭区旭区新森2丁目18-12
電話:06-6954-0670
営業時間:9:00~21:45(年内無休)
 ※サバの缶詰(サバ缶)を数多く取りそろえるスーパー

●SABAR(サバー) 阪急三番街店
住所:大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街南館地下2階
電話:06-6131-9138
11:00-22:00(LO21:00)
定休日:阪急三番街に準ずる
*鯖街道 よっぱらいサバの姿造り:1g11円
*大とろさばのひらき 塩焼き:2,880円
*cavaフロマージュ:500円



■ランナーマガジン

・京都文化博物館で開催中の「色彩の画家  オットー・ネーベル展」。
シャガール、カンディンスキー、クレーら20世紀を彩った抽象画の巨匠の作品とともに
オットー・ネーベル独特の色彩表現を楽しむことができます。

色彩の画家「オットー・ネーベル展」
6月24日(日)まで開催中 京都文化博物館

・今、大阪・梅田で開催されている「ギャラクシースタジオ」。この春発売された最新スマートフォンの驚きの新機能を、期間限定で体験することができるんです!
レポーター:松山メアリ

体験無料「Galaxy Studio」
阪急ビッグマン前広場 6月12日(火)まで

2018年6月4日(月)

6月4日(月)放送分

■モーリーJAPAN
テーマ「KYOTO・ハートの町 女子が恋するお茶の里」
取材先:京都・宇治田原町

・「正寿院」(しょうじゅいん)
 ハート形の幸せを呼ぶ窓があるお寺

・「宗円交遊庵 やんたん」

 6/30オープン予定の観光施設



■ランナーマガジン

・きょう、ファストフードの新メニュー発表会に元サッカー日本代表監督のジーコさんが登場しました。イベントでは、狙った的を打ち抜くキックターゲットに挑戦!
そんなジーコさんが、今月開催されるサッカーワールドカップロシア大会の
優勝チームを予想しました。

・大阪市此花区今年で開園6年目を迎える「大阪舞洲ゆり園」
レポーター:松山メアリ

この時期になると、開花時期を迎えた50種類・250万輪ものゆりが、
色鮮やかに咲き誇るんです。

・ゆり園+舞洲満喫プラン!パームガーデン舞洲 by WBF ランチセットプラン
ランチセットA(BBQランチ+入園券) 中学生以上 5,400円(税込み)   

・舞洲陶芸館
 陶芸体験セットプラン(電動ろくろショートコース+入園券)
 中学生以上 3,700円/4歳~小学生 2,200円 ※全て税込み    

アクセス:JR桜島駅からバスで約15分

「大阪舞洲ゆり園」7月1日(日)まで
入園料  中学生以上 1,200円
    4歳~小学生   400円 ※全て税込み 

2018年6月1日(金)

6月1日(金)放送分

■ランナーマガジン

・きのう、乳製品のPRイベントに、カヌースラロームオリンピック銅メダリストの羽根田卓也選手、タレントの柳沢慎吾さんらが登場しました。

・堂本光一さん、井上芳雄さんらが出演するミュージカル「ナイツ・テイル」の制作発表がきのう、都内で行われました。

ミュージカル『ナイツ・テイル』大阪公演
7月21日(土)チケット発売
9月18日(火)~10月15日(月)梅田芸術劇場メインホール
お問合せ:梅田芸術劇場 06-6377-3800

・R-1ぐらんぷり2018で頂点に輝いた盲目の漫談家・濱田祐太郎さんの特別番組「濱田祐太郎の事ことないこと」が放送されます。 6月3日(日) 深夜0:30~1:30~


■兵動大樹の今昔さんぽ

今回は、昭和26年に撮影された写真をもとに、大阪市此花区・阪神電車「千鳥橋駅」前からスタートです!
写真には7本の煙突がありますが・・・?

 

<取材先>

●「四貫島商店街」へ

●創業 50年以上「多田漬物店」
住所:大阪市此花区西九条1-3-14
電話:06-6465-9100 

●大阪市立「此花図書館」
・大正末期~昭和初期の此花区を再現したジオラマが存在。8本の煙突が。
・見る位置によって本数が変わることから、「おばけ煙突」と呼ばれていた。

●昭和59年創業「喫茶はまゆう」
住所:大阪市此花区梅香3-6-5 

・実は経営するご夫妻の長男が、よゐこ濱口優さん。「オムライス650円(税込み)」は、濱口優さんもよく食べていた。

●8本煙突の正体は「春日出第2発電所」
・大阪電燈(現在の関西電力)が大正11年に建設した、石炭を使った火力発電所。
大阪の人口増加、石炭の出力不足によって、昭和36年取り壊しに。
・跡地には、重油を使った2本煙突の発電所が完成。老朽化により、平成13年閉鎖。

●写真と同じ撮影場所へ。

関西テレビ ページトップへ戻る