特集コーナー/バックナンバー

2017年11月20日(月)

ネット通販で横行する「返品詐欺」の実態

【被害者Aさん】

「ありえない。通販で預けている商品がお客様に盗まれて返品されるなんて、考えもしなかった」

 

大手通販サイトアマゾンを使って、8年前からゲームソフトなどを販売しているAさん。

先月、ある「異変」に気付きました。

 

【被害者Aさん】

「11本注文があって、10本かえってきて、全部中身なし。空っぽです」

 

実際に返品されてきた商品をあけてもらうと…

中は空!「返品詐欺」の被害にあいました。

ある時期に、人気のゲームソフト11本が売れましたが、すぐにうち10本が返品されてきたのです。

 

【被害者Aさん】 

「実際はこういう袋、シュリンクっていうんですけど、これがついていたら新品って思いますけど、

 新品に比べてちょっと波がいってて、ちょっとおかしいなと思って開けてみたら中身からっぽっていう」

(Q.パッと見は絶対分からない?)

「分からないです。ソフトの重さが2グラムしかないので、2グラムの中身を抜かれても正直分からない」

 

詐欺犯は、Aさんから購入したゲームソフトを、

精巧に作られた偽物の空ケースにすりかえて返品しているのです。

返品されてきた商品はビニールで綺麗に包まれていて、

外見では本物と偽物を見分けることは、かなり難しいといいます。

強いて言えば、カラーコピーの画質の差で判断ができる程度です。

 

しかし、中身を比較して見ると一目了然。

さらに発覚を恐れるためか、こんな手口も…(箱を振ると音が)「カラカラ…」

 

記者「これ、何が入っているのか開けてもらっていいですか?」

Aさん「貼ってる…貼ってる…開かない!(ケース開けると…)なんじゃこれ?」

 

人気バンドのDVDでした。もちろんコピー品です。

 

Aさんは、ゲームソフトを通販サイト、アマゾンに出品しています。

商品はアマゾンの倉庫に保管されていて、注文が入るとすぐに倉庫から発送される仕組みです。

 

詐欺犯の手口は、まず、アマゾンでAさんが出品している

ゲームソフトを注文し、お金を払い、商品を手に入れます。

 

その後、返品手続きをし、偽物の空ソフトを倉庫に返品。

Aさんは「30日以内で未開封・未使用」であれば契約上、詐欺グループに全額返金することになります。

詐欺犯の手元には、新品のゲームソフトがお金をかけず残るのです。

 

アマゾンの便利さの裏をかいた詐欺。

Aさんには7万円ほどの被害が出ました。

 

【被害者Aさん】

「このシステムがずっと続くのであれば、アマゾンの商品を買っては中身のないやつを返して、

 それがまた新品として他のお客さんに売られてしまう。

 そのお客さんが今度、クリスマスプレゼントとして、包装されて皆さんのご自宅の商品に届いて、

 中身なかったってなったら、とんでもないことが起こるんじゃないかなって、それだけが不安ですね」

 

いったい誰がこんなことをしているのか…?

調査をすると、11本のゲームソフトは全て、大阪市淀川区の「あるコンビニ」が配達先に指定されていました。

犯人の手がかりはコンビニ周辺のビルにありました。 

【記者】

「男らはアマゾンでゲームソフトを購入し、配達先をこちらのアジトにするのではなく、

 あるいてすぐ近くにあるコンビニを、配達先に指定していたとみられます」

 

こうすることで、住所を知られず、荷物を手に入れることができます。

多い時には1日で10個も荷物を取りに来ていたということです。 

 

男らが出入りするビルには、「FRec(フリック)」という会社の表札が。

関西テレビの取材班が張りこんだところ、カメラが捉えた男の手には、大量の封筒。

中には返品する商品が入っているのでしょうか…

近くの郵便局に行き、アジトに戻った時には封筒は消えていました。

 果たしてこの男らは、「返品詐欺」グループなのか?

さらに取材を進めようとした矢先、事態は思わぬ急展開をみせました。

 きっかけは先月、大阪府泉南市の家電量販店に、ゲームソフト3本と

レシートを手に訪れた男です。

吹き替え「奥さんから叱られてしまったんで、返品して下さい」

 しかし、3本のうち2本が偽物にすり替えられていることに

店員が気付きました。 

その後の捜査で犯行の指示役とみられる男2人が逮捕されました。 

 そう、あのアマゾンの荷物を持った男らが出入りしていた、

コンビニ近くの会社「FRec(フリック)」の経営者だったのです。

今月1日に逮捕されたのは

社長の近藤亮太(こんどう りょうた)容疑者(25)ら2人。

調べに対して2人は容疑を認めたうえで、「他にもやっている」と話しています。

 

【被害者Aさん】 

「うちだけじゃなくて、ほかの会社もやられているでしょうし、この時期はうちが狙われていた。

 それで得られる利益と、捕まった時の人生を棒に振ることを考えれば、普通はしないと思いますけど」

 

Aさんは、自分が被害にあったアマゾンでの返品詐欺についても、警察に被害届を出すことにしています。

記事一覧へ戻る

関西テレビ ページトップへ戻る