特集コーナー/バックナンバー

2017年6月20日(火)

なるほど!ちまたのケーザイ学「お手軽投資でボーナスを増やせ!」

銀行にお金を預けても利子の期待できないこの時代。

街の人は…

「金利は低いですね。」

「もう全然、銀行はあてにならない」

そんな中、技術の進化で生まれた新たな金融サービス「フィンテック」を活用したお手軽投資が注目を集めています。

 

りそな総合研究所 荒木秀之主席研究員

「やっぱり手軽ですから、従来の投資に関心がなかった人でも投資を始めようと、若年層を中心に動きが始まっているところ。これがどんどん中高年層を含めて広がってくる」

なんと、スマートフォンひとつで初心者でも簡単に投資が出来る新サービスがあると聞き、記者が体験させてもらうことに!

 

ウェルスナビ 柴山和久CEO

「スマートフォンの登場で、投資・資産運用が誰でも身近に簡単に始められる。これまで富裕層でないと利用できなかったような資産運用サービスが誰でも使えるようになった」

この会社では、フィンテックの一種、ロボットアドバイザーと呼ばれる技術を使って、簡単に資産運用をすることができるといいます。

 

Q最短一分と書かれてますね?

柴山CEO

「そうですね(笑)、早速、“診断を始める”を押してください」

 

まずは投資経験の全くない記者が無料診断を体験。年齢・年収や貯めたい目標額など、6つの簡単な質問に答えます。

 

30万円からスタートし、毎月1万円ずつを30年間積み立てた場合、それだけだと390万円になる計算ですが…

 

柴山CEO

「30万円でスタートして、毎月1万円で(積み立てながら)30年間で運用しますと、70%の確率で600万円ぐらいになります」

 

なんと、このサービスを使って運用すると、およそ600万円に増やせる確率が高いという結果が!

あとは、口座を作ってお金を振り込むだけで運用がスタートするのです。

柴山CEO

「だいたい50か国、1万1000銘柄ぐらいに分散して(自動で)投資を行う。世界中の株式に少しずつ分散して投資を行うことによってリスクを抑えて資産運用することが可能となる」

 

以前のこのような資産運用サービスは手数料が高く、富裕層向けのものでした。しかしフィンテックを活用し、判断を人間ではなくロボットアドバイザーが行うことで手数料を低く抑えることが出来るようになったのです。

 

一方、老後の生活費が気がかり…という声に応え、資産を運用しながらも毎月必要なお金を少しずつ引き出して使えるというサービスも!

マネックス・セゾン・バンガード投資顧問MSV LIFE 統括責任者 野水瑛介さん

「当社は比較的年齢が高い方に使って頂いている。年配の方ですとお金を増やすよりも有効活用する方が重要なので、日本にとって意義深いサービスになる」

 

例えば最初に200万円を投資し、月に1万円ずつ使うと、15年後に残るのは20万円です。しかし、このサービスを使いロボットアドバイザーによる投資を行えば、15年後におよそ60万円を残すことができる可能性があるという試算結果が。

 

野水さん

「毎月一定額を取り崩す時に、資産運用をしていなければ当然0になってしまう。運用することによって何十年後かにお金がある程度残る可能性がある。そのあとも取り崩せるのが大きな特徴というかメリット」

 

しかし、街の人からは、「投資には大金が必要なのでは?」という声が。

 

街の人は…

「(投資は)まとまったお金が要るから…。そういうのは無いから」

 

ワンタップバイ 林和人CEO

「え、うち1000円で(株が)買えるんですよ」

 

というこの会社が開発したのは、本来購入するのに多くの資金が必要なアメリカの有名企業の株を、スマートフォンでわずか1000円から買えるというシステム。しかも、その方法は驚くほど簡単です。

林CEO

「例えばフェイスブックの株を選んで、1000円を選択し、“買う”ボタンを押し、“買いますかやめますか”で“はい”を押すとこれで買えます」

 

この会社では、株を独自に小分けにして販売することで、わずか1000円からでも投資することを可能にしたのです。

 

林CEO

「株ってなんか大きなお金を売った買ったってやるイメージですが、それは投資ではなく、むしろ長期でこつこつ、毎日お弁当代を払うような感覚で千円ずつ積み立てていくというようなことが投資の本質」

 

でもやっぱり…

 

「ボーナスは使います。」

「旅行に使いますね」

「すぐに使ってしまいたいです」

 

ボーナスはパーっと使いたい!そんな人には…

 

インヴァスト証券 川路猛社長

「クレジットカードを使った際にたまるポイントが毎月自動的に現金化されて、投資に回るというサービスです」

 

2017年7月から始まるこのユニークなサービス。

例えば毎月、クレジットカードで10万円の買い物をするという人なら、その1%、1000ポイントがたまります。これが自動的に現金1000円と交換され、投資で運用されるというのです。

 

川路社長

「クレジットカードのポイントが3〜5割は失効している、気づかないで期限切れがきてしまって捨てられてしまうというもったいない状況。元手がゼロ円で、しかも将来の資産形成につながるような投資の提案はこれまでなかったので面白いと思って始めてみました」

 

小さなポイントからまとまった資金まで、大切なお金を少しでも簡単に増やしたい。

そんな願いに技術が応える時代が、今、やってきています。

記事一覧へ戻る

関西テレビ ページトップへ戻る