夢を忘れず走り続けたい! 信頼される 営業マンをめざして

夢を忘れず走り続けたい! 信頼される 営業マンをめざして

村谷 嶺

RYO MURATANI

営業局 営業部

2006年入社 教育学部卒

01

日々の仕事内容

RYO MURATANI SALES

営業の使命は稼ぐ!ではなく・・・
信頼を得ること!

大学時代、陸上をしていたこともあり、スポーツのおもしろさや感動を伝えられるアナウンサーを志望していました。その夢は叶いませんでしたが、営業職として私はカンテレでのキャリアをスタートしました。
今は営業外勤、いわゆる外回りの仕事をしています。テレビの営業でメインの仕事となるのは「テレビ局の売上の柱となる放送収入を稼ぎ出すこと」。「この商品をPRしたい」「会社の認知度をあげたい」といったスポンサーのニーズに応えるため、カンテレができることを考え様々な提案をします。番組やイベント等の企画提案をすることも。スポンサーがより効果的な広告展開ができるよう、そのニーズをいち早く収集することが求められます。そのためにも、時間さえあればクライアントや広告会社へ出向き、できるだけ多くコミュニケーションをとることを心がけています。
スポンサーの方からの信頼を得るための日々の努力は決して怠りません!「信頼を得る」って言うと少し難しく聞こえますが…「まずは私のことを好きになってもらって、その先にあるカンテレとカンテレの作る番組を好きになってほしい!」そんな気持ちです。

02

仕事のやりがいや苦労したこと

仕事のやりがいや 苦労したこと
仕事のやりがいや苦労したこと

営業担当として走り抜ける!
大阪国際女子マラソンへの想い

学生時代、テレビから流れてきたスポーツ実況に心を打たれました。カンテレが制作する「大阪国際女子マラソン」です。心に刺さる実況に感動しテレビの世界への憧れが募っていきました。また、当時姉がこの大会に出たことがきっかけで自分もマラソンに挑戦したり、と何かと縁を感じていました。当然「大阪国際女子マラソンに関わる仕事がしたい!」入社以来ずっとその目標を持ち続けていました。
そんな中、入社10年目についにそのチャンスが!それは“営業担当”という形で。この大会はスポーツ部だけではなく各部署が総動員で作り上げます。

1つの目標が叶った瞬間ではありましたが、喜んでいる暇もなく試合当日までは大忙し!“大阪国際女子マラソンを通じて”それぞれのスポンサーはどのような想いをもってご協賛して頂いているのか、意見を汲み取り、実現に向けて何ができるか。スポンサーはもちろん、スポーツの制作現場や各所とも調整しながら良いものの実現に向けて奔走する日々でした。
そして迎えた大会当日、憧れの舞台に携われていることを想い胸がいっぱい…と感傷に浸れる時間はほんの一瞬(笑)あらゆる作業に追われ、あっという間に時間が過ぎていきました。大会を実現するために、何か月も前から様々な方とともに作り上げていく、OAを見るだけでは感じ取ることのできない「力の集結」を肌で感じることができました。2018年も大阪国際女子マラソンが開催されます。自分がランナーとして42.195kmを走ることも、感動の実況をすることもありませんが、営業担当として走り抜けたいと思います!

私、意外と 敏感な鈍感 敏感な鈍感 だった。

カンテレに入社するまでは、自分は敏感かつ繊細な人間だと思っていました。やがて、社会人となり営業マンになった私はたくさんの壁にぶち当たりました。「厳しい交渉」や「度重なる失敗」…絶望的な気持ちになることも多々ありました。でも最終的には、楽しくお酒を酌み交わし、1日ぐっすり寝てしまえば…翌日の朝には、意外にも嫌な事もケロッと忘れて平常心の自分がいました。
つまり…自分は「敏感」だと思っていたけど、良くも悪くも「鈍感」なんだと。失敗を引きずってくよくよするよりも、「鈍感力」を活用して翌日からまたポジティブに取り組む。仕事を続けていく上では大事なことだと思います。

これから挑戦したいこと

制作現場だけじゃない!
営業でも番組作りはできる!

自分自身あまり貪欲な性格ではないと思っていましたが、営業で様々な仕事を担当してきたことで世界が広がり、もっと色々な経験がしたい!と思うようになりました。
現在、海外のとある観光局の担当をしており、その中で番組制作に何度か携わってきました。「その国の魅力を視聴者に伝える」ことを目的とした特別番組で、企画段階から一緒に考え、ロケ、放送に至るまで…これまでの営業経験ではなかった体験をさせて頂きました。営業はCM枠の商談がメインで、番組には関われないと思われがちですが、提案次第でこのように番組の制作に関われるチャンスもある。制作現場でなくても自分の企画が通れば番組はできます!

KANSAI TELECASTING

カンテレ RECRUIT 2019