R-1ぐらんぷり2019 番組オンエア情報

3月10日(日)午後7:00~9:00

(一部地域を除く)

2月28日(木)

審査員が決定!友近が初のR-1審査員に!

審査員

史上最大の“ひとり芸日本一決定戦”『R-1ぐらんぷり2019』決勝戦の審査員が、桂文枝、関根勤、渡辺正行、久本雅美、陣内智則、友近に決定した!過去6回、決勝に進出している友近は同大会で初の審査員、渡辺は2004年の第2回大会以来の審査員を務める。

初めて審査員となった友近は、「最近話題で注目されているポジションなので、すごく慎重にしなきゃいけないなと思っていて、コメントをどうしようか、今から考えてしまう自分がいます」と苦笑い。決勝に進出した芸人たちには、「私自身も、『R-1』の決勝に行ったことありますけど、楽しくできれば悔いはないのかなと思います」と、自らの経験を交えてアドバイス。最後に視聴者へのメッセージを聞かれ、「単純に楽しんで見ていただきたいなと思いますね。それと、審査員のことを、『なんか変なこと言うたら書き込んでやろう!』みたいな感じで見るのはやめて下さい」と笑わせた。

決勝は、3月10日(日)午後7時からカンテレ・フジテレビ系全国ネットで生放送(一部地域除く)。ストレートで勝ち上がった10名に、当日行われる復活ステージから勝ち上がった2名を加え、計12名で“ひとり芸”の頂点を目指す!
はたして、第17代目王者に輝くのはいったい誰なのか?どうぞお楽しみに!

友近コメント

審査員のお話を聞いて、率直にいかがでしたか?

審査員は最近話題で注目されているポジションなので、すごく慎重にしなきゃいけないなと思っていて、コメントをどうしようか、今から考えてしまう自分がいます(苦笑)。でも、本番当日に、みなさんの笑顔を見て、素直な感想が言えたらいいなと。審査員の立場としては、自分が「面白いな」って思ったものに、素直に票を入れたいと思っています。

迷いはありませんでしたか?

そうですね!「審査員として適しているんじゃないか」と思ってくださったことは、ありがたいことですので。私もネタを大事にして、毎年ライブや舞台もずっとやっていますので、そういう部分で声をかけていただいたのであれば、「よろこんでさせてもらいます!」って感じでした。

ひとりで舞台に立つことの難しさを教えてください。

ひとりでやっていると、「あれ?これで良かったんやったっけ?」とか、やればやるほどわからなくなるときがあるんですよね。でも、ひとりだからこそ自分の世界が作れる部分もありますし、スベッたときは全部自分の責任ですけど、ウケると全部自分の手柄になるのでね。あと、変な人間関係でもめる事はありません(笑)。

決勝メンバーにアドバイスはありますか?

緊張すると思いますけど、なるべく早く自分のペースをつかんでもらって、楽しくできれば、ベストなパフォーマンスができると思います。『R-1』って、ザコシ(ハリウッドザコシショウ)さんを見ていてもそうですけど、自分のスタイルを貫き通しても、みなさんが共感してくれて笑ったら、やっぱ勝ちなんですよね。変に考えずに、自分が「これで勝負したいんや!」というネタを持ってくるのが、一番良いのかも知れないですね。私自身も、『R-1』の決勝に行ったことありますけど、楽しくできれば悔いはないのかなと思います。

視聴者の方にメッセージをお願いします!

初めて見る芸人もいると思うんですけど、ネームバリューとかではなく、素直な目線で見ていただいて、単純に楽しんで見ていただきたいなと思いますね。それと、審査員のことを、「なんか変なこと言うたら書き込んでやろう!」みたいな感じで見るのはやめて下さい(笑)。

関西テレビ ページトップへ戻る