R-1ぐらんぷり2018 番組オンエア情報

12月26日(火)

今回もカンテレアナウンサーがR-1ぐらんぷり参戦表明!
坂元アナ「会社に見つからずに参加したかった(苦笑)」
服部アナ「(坂元アナは)前回の僕に嫉妬したに違いない(笑)」

ともに2度目の出場となる坂元アナ(右)と服部アナ(左)

ひとり芸の最高峰を決める『R-1ぐらんぷり2018』。出場条件は、ただ1つ。“ひとり芸”であること。プロ・アマ問わずに出場できるこの大会に、カンテレの坂元龍斗アナウンサー(入社10年目)、服部優陽アナウンサー(入社2年目)が参戦表明。過去には、岡安譲アナウンサーが『R-1ぐらんぷり2006』に、吉原功兼アナウンサー堀田篤アナウンサー川島壮雄アナウンサー、坂元アナウンサーが『R-1ぐらんぷり2009』に参戦し、坂元アナが2回戦進出、前回の『R-1ぐらんぷり2017』でも、服部アナが2回戦進出を果たしている。

9年ぶりの出場となる坂元アナは、日ごろは報道番組のフィールドキャスターとして活躍中だが、今年9月15日放送の『桃色つるべ VS カンテレアナウンサー60分SP』で久々にバラエティー番組に出演。そこで「自分はやっぱりバラエティーが好きなんだ」と再認識。これまでも「いつかまた、『R-1ぐらんぷり』に出たいな」と思っていたため、11月にR-1のポスターをカンテレ社内で見たときに「出よう!」と決意したことを告白。「できれば会社に見つからずに、ノンプレッシャーで参加したかった」と苦笑しながらも、ネタについては、「9年前の『早口言葉ネタ』をブラッシュアップして挑む」と意気込みを明かした。
一方の服部アナは、坂元アナの9年ぶりの出場について、「このタイミングでの出場ということは前回の僕に嫉妬したに違いありません(笑)。先輩よりいい結果を残せるよう、頑張ります!」と余裕のコメント。今回こそ、カンテレアナウンサー史上初となる3回戦進出者が現れるのか?ご期待ください。

『R-1ぐらんぷり2018』決勝は来春、カンテレ・フジテレビ系全国ネットで生放送。エントリーは12/26(火)当日消印有効で受付中!みなさまのエントリー、お待ちしています!

坂元龍斗アナウンサーコメント

Q.R-1への出場を決意したきっかけは?

9年前に若手男性アナ4人で出場しました。もともとバラエティー番組が大好きなので、尊敬する芸人の方々と同じ大会に出られる高揚感、人前で自分のネタを披露する緊張感、ほんの少しでも笑ってもらえた時の達成感など、とても貴重な経験でした。
そんななか、2回戦に進出することができましたが、そこで敗退。スタッフに「惜しかった!」と言ってもらい、急に悔しさがこみあげてきました。
翌年もチャレンジしようと思っていましたが、報道の仕事を中心に忙しくなってきて、出場が難しい状態に。毎年、R-1のポスターが貼り出される度に「いつかまた出たいな」と思っていました。
そんな中、8月に『桃色つるべ VS カンテレアナウンサー60分SP』(9/15OA)の収録がありました。数年ぶりのバラエティー番組だったのですが、ものすごく楽しくて、「自分はやっぱりバラエティーが好きなんだ」と再認識。入社10年目を迎えたこともあり、R-1のポスターを見たときに「出よう!」と決意しました。

Q.今回のネタは何を考えている?

9年前の「早口言葉ネタ」をブラッシュアップして挑むつもりです。初出場の際に、過去数年の「R-1」決勝ネタを文字起こしして研究しました。すると「お~」と感心させたり、構成がよくできているネタで進出している人がいることを発見しました。自分が爆笑を取るのは難しいので、「なんかすごいな~」と思わせて感心してもらえるネタで挑む戦略です。アナウンサーの経験もいかせると思いますので。

Q.前回のR-1で印象に残っていることは?

死ぬほど緊張しました。いまだに入社以来一番緊張した瞬間だと思っています。

Q.意気込みをお願いします!

できれば会社に見つからずに、ノンプレッシャーで参加したかったのですが、バレてしまいました(笑)。後輩の服部アナに負けないよう、そして9年前のリベンジで3回戦進出できるように頑張ります!

服部優陽アナウンサーコメント

Q.2年連続のR-1出場。今回のきっかけは?

前回、1回戦突破しただけで満足するかと思ったら、2回戦で落ちた時にめちゃくちゃ悔しかった。
そこから1年、これが本業ではないと思いながらも、何気なくテレビを見ているときや、宴会芸を見ているときに、今までよりも“ひとり芸”に注目してみている自分に気づいたんです。
あとはR-1の出場者募集のポスターを見た瞬間、気づいたらエントリーしていました。

Q.今回のネタは何を考えている?

1年間、ネタの種をストックしてきました。アナウンサーという概念や枠を壊せるような思い切ったネタで勝負したいです。

Q.前回のR-1で印象に残っていることは?

ネタ中に起きたさざ波のような笑い。今年はビッグウェーブ起こします!

Q.この1年で何が成長した?

絶対に折れない鉄の心!去年2回戦で落ちたネタをやらされる機会も多く、シーンとした空気にも慣れました(笑)。

Q.先輩の坂元アナも出場します。

カンテレアナウンサー史上初の2回戦出場を決めた先輩ですが、このタイミングでの出場ということは前回の僕に嫉妬したに違いありません(笑)。先輩よりいい結果を残せるよう、頑張ります!

Q.意気込みをお願いします!

去年2回戦に進んでしまっただけに、今年1回戦落ちしようものなら「まぐれだ」といわれるのは必至の背水の陣です。今年こそは絶対に3回戦に進みます!

関西テレビ ページトップへ戻る