6月5日(水)<6月8日(土)再放送>

藤本景子アナウンサー、兵動大樹(矢野・兵動)、坂本花織&織田信成、中山優馬
兵動大樹(矢野・兵動)、坂本花織&織田信成
藤本景子アナウンサー、朝夏まなと
特別展「ネコ」関純子アナ
今回のピーチケパーチケは、世界で活躍する一流スケーターが集う豪華アイスショー『Fantasy on Ice 2024 in KOBE』に出演する坂本花織&織田信成が登場!関西出身の2人による息ぴったりの掛け合いにスタジオ爆笑!?さらに、一青窈、家入レオとのコラボなど本公演でしか見られない夢の共演について見どころを徹底解説!ミュージカル『モダン・ミリー』では、主演を務める朝夏まなとを藤本景子アナが独占インタビュー!2年ぶりの上演に向けての意気込みや、思わぬ不安要素まで…!?赤裸々トークをたっぷりお届け!ネコ科動物の全てが詰まった特別展「ネコ」では、猫好きの関純子アナが一足早く名古屋会場の様子をリポート!ひょピックスコーナーでは「EXILE THE SECOND」&「KID PHENOMENON」から独占メッセージ到着!

出演者

兵動大樹(矢野・兵動)
中山優馬
藤本景子(関西テレビアナウンサー)
兵動大樹(矢野・兵動)
中山優馬
藤本景子アナンサー

紹介予定のイベント

『Fantasy on Ice 2024 in KOBE』※番組内予約有り

  • 『Fantasy on Ice 2024 in KOBE』
  • 6月15日(土)、16日(日)
    神戸ワールド記念ホール

    オリンピックや世界選手権で活躍する一流選手たちが一堂に会し、華やかなエンターテイメイントが繰り広げられる。数あるアイスショーの中でも、ひときわ豪華で心躍る空間。2010年にその封印が解かれ、日本各地で人々の胸をときめかせてきた「伝説のアイスショー」。アーティストとの華麗なコラボレーションは人々を別世界に誘う。ライブの力強い歌声がスケーターの美しい滑りと響き合って、そこに生まれるのは、この世のものとは思われない夢幻の世界、まさにファンタジー!魔法のパフォーマンスが、昨年に続き2024年、神戸にて開催!

ミュージカル『モダン・ミリー』※番組内予約有り

  • 8月3日(土) 〜 4日(日)
    新歌舞伎座

    愛すべきキャラクターたち-この楽しさは虜になる?!2024年夏、ハッピーオーラ全開のブロードウェイミュージカルが帰って来る!!
    原作は1967年公開のミュージカル映画「モダン・ミリー」。楽曲をほぼ一新し製作されたブロードウェイ版は歌と踊りに彩られた上質なミュージカルとなり、2002年にトニー賞作品賞や主演女優賞などを受賞し大ヒットしています。そして2022年9月、ミリー役に朝夏まなとを迎えシアタークリエで、10月には新歌舞伎座で上演。心に残る数々のソングナンバー、華やかなダンスで連日お客様の大きな拍手と笑い声に包まれ、大好評を博しました。この度本年8月に、愛すべきキャラクターたちが帰って来ます!とびきりハッピーなブロードウェイミュージカル『モダン・ミリー』に、どうぞご期待ください。

特別展「ネコ」~にゃんと!クールなハンターたち~

  • 7月13日(土) 〜 9月23日(月・祝)
    大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール

    野生ネコ科動物からイエネコまで ネコ科動物の全て!
    哺乳類の中で完全に肉食に特化した “究極のハンター”、ネコ科。現在、41種の野生ネコ科動物が地球上の多様な環境に適応し、生態系のさまざまな生き物と関わり合って暮らしています。
    本展では、ライオンやマヌルネコなどのクールでカッコいい野生ネコ科動物から身近なイエネコまで、最新の研究に基づいてネコ科がもつ魅力に科学で迫ります。
    剥製や骨格標本、映像を交えた展示で、“超肉食獣”として進化したネコ科の身体の特徴や野生の生態を解説し、日本に生息するヤマネコとそのフィールド研究・保全なども詳しく紹介します。また、イエネコについても、野生ネコ科動物との共通性から注目の最新研究までを楽しく学べます。ネコを深く知って今よりもっと好きになる展覧会です。

注目のエンタメニュースをお届け!『ひょピックス』

  • 注目のエンタメニュースをお届けするコーナー『ひょピックス』!今週は「EXILE THE SECOND」&「KID PHENOMENON」から独占メッセージ到着!

    ひょピックス
    ひょピックス

『キース・ヘリング展 アートをストリートへ』

  • 4月27日(土)~6月23日(日)
    兵庫県立美術館ギャラリー棟3階ギャラリー

    明るく、ポップなイメージで世界中から愛されているキース・ヘリング。
    ヘリングは「アートはみんなのために」という信念のもと、1980年代のニューヨークを中心に地下鉄駅構内やストリート、つまり日常にアートを拡散させることで、混沌とする社会への強いメッセージを発信し、人類の未来と希望を子どもたちに託しました。ヘリングが駆け抜けた31年間の生涯のうちアーティストとしての活動期間は10年程ですが、残された作品に込められたメッセージはいまなお響き続けています。
    本展は6メートルに及ぶ大型作品を含む約150点の作品を通してヘリングのアートを体感いただく貴重な機会です。社会に潜む暴力や不平等、HIV・エイズに対する偏見と支援不足に対して最後までアートで闘い続けたヘリングのアートは、時空を超えて現代社会に生きる人々の心を揺さぶることでしょう。