6月29日(水)<7月2日(土)再放送>

藤本景子アナンサー、兵動大樹(矢野・兵動)、中山優馬、桜 稲垣早希
藤本景子アナンサー、兵動大樹(矢野・兵動)
兵動大樹(矢野・兵動)、中山優馬、桜 稲垣早希
桜 稲垣早希
藤本景子アナンサー、兵動大樹(矢野・兵動)
今回のピーチケパーチケは、7月から大阪で開催される『フェルメールと17世紀オランダ絵画展』藤本景子アナ北海道会場リポート第2弾!世界中から愛され続けているフェルメール作品の素晴らしさを、大阪市立美術館・篠雅廣名誉館長の解説とともにお届けします!スタジオでは、VTRに入りきらなかったプチこぼれ話が藤本アナから明かされると、絵画好きの中山優馬も「どうしても行きたい!」と大興奮!さらに、ふぉ~ゆ~×梅棒が初ダックを組み、極上のダンス・パフォーマンスで魅せる舞台『ふぉ~ゆ~ meets 梅棒「Only1, NOT No.1」』では、自称・ピーチケ準レギュラー!?ふぉ~ゆ~・辰巳雄大を直撃インタビュー!念願だったという梅棒との共演にまつわるマル秘裏話や、気になる役どころなど作品の見どころにググっと迫ります!また、いよいよ7月2日~あべのハルカス美術館で開幕する『ピーターラビット™展』では、知っていると展覧会をより楽しむことができる情報をお届け!さらに、可愛すぎてたまらない!会場限定オリジナルグッズの数々もご紹介!ひょピックスコーナーでは『FANTASTICS from EXILE TRIBE』&『The Songbards』から独占メッセージが到着!

出演者

兵動大樹(矢野・兵動)
桜 稲垣早希
中山優馬
藤本景子(関西テレビアナウンサー)
兵動大樹(矢野・兵動)
桜 稲垣早希
中山優馬
藤本景子アナンサー

紹介予定のイベント

ドレスデン国立古典絵画館所蔵『フェルメールと17世紀オランダ絵画展』

  • ドレスデン国立古典絵画館所蔵『フェルメールと17世紀オランダ絵画展』
    ドレスデン国立古典絵画館所蔵『フェルメールと17世紀オランダ絵画展』
    ドレスデン国立古典絵画館所蔵『フェルメールと17世紀オランダ絵画展』
  • 2022年7月16日(土)~9月25日(日)
    大阪市立美術館

    本展の注目作品である17世紀のオランダ絵画の巨匠ヨハネス・フェルメールの《窓辺で手紙を読む女》は、窓から差し込む光の表現、室内で手紙を読む女性像など、フェルメールが自身のスタイルを確立したといわれる初期の傑作です。 本展では、この修復過程を紹介する資料とともに、大規模な修復プロジェクトによってキューピッドが姿を現した《窓辺で手紙を読む女》の当初の姿を、所蔵館であるドレスデン国立古典絵画館のお披露目に次いで公開します。 所蔵館以外では世界初公開となります。 また、ドレスデン国立古典絵画館が所蔵するレンブラント、メツー、ファン・ライスダールなど、17世紀オランダ絵画の黄金期を彩る珠玉の名品約70点もあわせてご紹介します。

ふぉ~ゆ~ meets 梅棒『Only 1, NOT No.1』※番組内予約有り

  • ふぉ~ゆ~ meets 梅棒『Only 1, not No.1』
    ふぉ~ゆ~ meets 梅棒『Only 1, not No.1』
  • 7月29日(金)~31日(日)
    サンケイホールブリーゼ

    ふぉ~ゆ~新たな挑戦!誰もが耳馴染みのあるJ-POPナンバーに乗せて、ダンスと演劇的表現、ノン・バーバルでストーリーを展開させる独特な演劇手法で活躍を続けるエンターテインメント集団「梅棒」と初コラボ!様々な演劇に挑戦してきた、ふぉ~ゆ~が梅棒とタッグを組み、「新しい挑戦=ノン・バーバル」に挑む。ジャニーズ・ナンバーも盛り込んだ珠玉のHit Tuneに熱いパッションをこめて、ふぉ~ゆ~が、ホストクラブの激烈バトルを、極上のダンス・パフォーマンスにてお届け!

出版120周年『ピーターラビット™展』

  • 出版120周年『ピーターラビット™展』
    出版120周年『ピーターラビット™展』
    出版120周年『ピーターラビット™展』
  • 7月2日(土)~9月4日(日)
    あべのハルカス美術館

    今なお世界中で愛され続けるいたずら好きなウサギ、ピーターラビット™。作者のビアトリクス・ポター™によって紡ぎ出され、ロンドンのフレデリック・ウォーン社から出版された物語は、2022年の今年、出版120周年を迎えます。時代を超えて読み継がれ、ピーターラビットシリーズの累計発行部数は、全世界で2億5000万部を超えるロングセラーになっています。本展は、『ピーターラビットのおはなし』出版120周年をお祝いして、その誕生前夜から今日に至るまでの歩みを振り返る、盛大なバースデイパーティをテーマに開催します。作品の原点である《ノエル・ムーア宛ての絵手紙》と、『ピーターラビットのおはなし』の彩色画全点が一堂に展示されるのは日本初となります。その他にも、「ピーターラビット」以前に描かれた本邦初公開のウサギのスケッチやイラストレーション、私家版や草稿本、原画、作家自身の発案による関連アイテムに至るまで約170点をご紹介。やんちゃで魅力的なピーターラビットの活躍を、心ゆくまでご堪能ください。

注目のエンタメニュースをお届け!『ひょピックス』

  • ひょピックス
    ひょピックス
    ひょピックス
    ひょピックス
    ひょピックス
  • 注目のエンタメニュースをお届けするコーナー『ひょピックス』!今週は『FANTASTICS from EXILE TRIBE』&『The Songbards』から独占メッセージが到着!

ブロードウェイミュージカル『ピピン』※番組内予約有り

  • 9月23日(金・祝) ~ 27日(火)
    オリックス劇場

    本公演で上演される日本語版には、2013年にブロードウェイでリバイバル版として上演された『ピピン』に基づき、新演出を手掛けた同クリエイティブ・チームが集結。本作でトニー賞最優秀演出賞を受賞したダイアン・パウルスらが手掛ける日本語版は、日本人向けでありながら、ブロードウェイのテイストを残し、ミュージカル・ダンス・サーカスの魅力が集まった最高レベルの演出で上演されます。主演のピピン役を昨今俳優・歌手としても活躍が目覚ましい森崎ウィン、ヒロインのキャサリン役を元宝塚歌劇団雪組トップ娘役の愛加あゆが演じます。さらに、物語のキーを握るリーディングプレイヤー役を本作で読売演劇大賞優秀女優賞を受賞したCrystal Kay(クリスタル ケイ)が初演から続投、ほか今井清隆、霧矢大夢、岡田亮輔、中尾ミエ、前田美波里ら実力派俳優が勢ぞろい!一度観ると一生忘れられないクライマックスを是非お見逃しなく!

『サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史』

  • 10月7日(金)~12月11日(日)
    京都市京セラ美術館

    ついに、京都で開催!!2020年に創業60年を迎えた株式会社サンリオは日本が世界に誇るキャラクター文化の先駆者として広く知られています。ハローキティやマイメロディなど、450以上のキャラクターを生み出してきたその歴史は今や世界の共通語ともいえる「カワイイ」文化の歴史そのものといっても過言ではありません。本展では創業当時からのグッズや印刷物、映像によってサンリオの歩みをたどります。さらに、ファンとのコミュニケーションを大切にしながらキャラクターを成長発展させていく独特のスタイルにも注目し、時代を超えて愛され続けるサンリオキャラクターの秘密に迫ります。子どもから大人まで、3世代で楽しめるサンリオ史上最大規模の展覧会です。

『生で聴く“のだめカンタービレ”の音楽会』※番組内予約有り

  • 7月30日(土)・7月31日(日)
    兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール

    コミック「のだめカンタービレ」の連載開始20年を記念して、国民的人気を誇るクラシック音楽コメディが、待望の新装版となって登場!新装版発売記念企画として、初めてのだめのコミックを読んだ方にもお楽しみいただけるような企画を揃えました。1日目は「桃ヶ丘編の名曲集」と題して「のだめカンタービレの音楽会」初登場曲や、のだめといえば!のベートーヴェンの交響曲第7番より第1楽章をお届けします。2日目はのだめがシュトレーゼマン指揮でデビューしたコンサートを完全再現した、豪華プログラムをお楽しみください。