3月30日(水)<4月2日(土)再放送>

今回のピーチケパーチケは、神戸市立博物館で開催中の『大英博物館ミイラ展』の会場を、兵動大樹がリポート!貴重な展示品の数々を目の前に「これが“ほんまもん”か~!」と大興奮!さらに、4月に大阪のフェスティバルホールで開催される『祝祭大狂言会2021』では、野村萬斎を直撃インタビュー!知れば知るほど身近に感じる!?「コントの元祖」とも言われる狂言の魅力を深掘り!また、京都市京セラ美術館で開催中の『兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~』では、展覧会の監修を務める学習院大学・鶴間和幸教授による「知れば知るほど面白い!兵馬俑の世界」第2弾をお届け!『キングダム』ファンにはたまらない!ディープな古代中国の魅力をたっぷりご紹介!ひょピックスコーナーでは、『HY』&『go!go!vanillas』を直撃!

出演者

兵動大樹(矢野・兵動)
桜 稲垣早希
中山優馬
藤本景子(関西テレビアナウンサー)
兵動大樹(矢野・兵動)
桜 稲垣早希
中山優馬
藤本景子アナンサー

紹介予定のイベント

『大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語』

  • 大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語
  • 2022年2月5日(土) ~ 5月8日(日)
    神戸市立博物館

    “歴史の殿堂”が誇る至宝 約250点が来日!大英博物館からミイラがやってくる!!大英博物館から6体のミイラが来日します。CTスキャンを用いた画像解析によって、ミイラの謎を解き明かし、古代エジプト人の生活や文化を紹介します。展示される6体のミイラは、年齢や性別、社会的立場や暮らしていた時代も様々です。彼らはどのような人生を送ったのちにミイラとして残ったのか-?CTデータをもとにした高精度の映像や、「食」「健康」「音楽」「家族」などのテーマに沿った展示物を交え、各ミイラの6つの物語を展開します。2019年に日本人が率いる日本エジプト合同の調査隊が発見し、現在も調査が続いているサッカラ遺跡のカタコンベ地下集団墓地を実寸大の部分模型で再現するなど、日本独自の展示も行います。

『祝祭大狂言会2021』※番組内予約有り

  • 『祝祭大狂言会2021』
  • 2022年4月10日(日)
    フェスティバルホール

    フェスティバルホールの春を彩る、野村家三代による「祝祭大狂言会」を2022年4月に開催!世界に誇る日本の伝統芸能「狂言」が2年ぶりにフェスティバルホールに登場します。人間国宝・野村万作を筆頭に、テレビやCMなどでも大活躍の野村萬斎、野村裕基ほか一門が出演。多彩な演目を、フェスティバルホールの大空間を生かした「祝祭大狂言会」ならではの演出でお送りします!冒頭には野村萬斎による演目解説付き!狂言に馴染みのない方でも十分にお楽しみいただけます。野村家三代、一門による笑いの芸能「狂言」をどうぞお見逃しなく!

日中国交正常化50周年記念 『兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~』

  • 日中国交正常化50周年記念 『兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~』
    日中国交正常化50周年記念 『兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~』
    日中国交正常化50周年記念 『兵馬俑と古代中国~秦漢文明の遺産~』
  • 2022年3月25日(金) ~ 5月22日(日)
    京都市京セラ美術館 本館北回廊2階

    日中国交正常化50周年記念!実物大の兵馬俑による隊列展示や日本初公開となる貴重な出土品など約200点を紹介する展覧会!日中国交正常化から50年となる2022年、死後の皇帝を守り続けてきた兵馬俑が来日、古代中国の歴史に焦点をあてます。 本展では、秦漢両帝国の中心地域である関中かんちゅう(現在の陝西せんせい省)の出土品を中心に、日本初出の一級文物ぶんぶつ(最高級の貴重文物を指す中国独自の区分)を含めた約200点をダイナミックに展示。 戦国時代の極小の騎馬俑が、始皇帝陵では等身大の兵馬俑となり、また漢代皇帝陵では小さな兵馬俑に変化した歴史の不思議を実際の遺物で観察することができます。 また始皇帝陵や漢の皇帝陵と、エジプトのピラミッドとの類似性に注目し、衛星画像から東西の古代の陵墓の謎も探求。新たな視点も加えた興味深い展覧会となっています。

注目のエンタメニュースをお届け!『ひょピックス』

  • ひょピックス
    ひょピックス
    ひょピックス
    ひょピックス
    ひょピックス
    ひょピックス
  • 注目のエンタメニュースをお届けするコーナー『ひょピックス』!今週は、『HY』&『go!go!vanillas』を直撃!

『BLEACH生誕20周年記念原画展 BLEACH EX.』

  • 3月24日(木) ~ 4月18日(月)
    大丸ミュージアム<梅田>大丸梅田店 15階

    20年の歩みを、魂で体感せよ-- 漫画家 久保帯人氏が2001年から2016年まで「週刊少年ジャンプ」にて約15年間連載し続けたバトルアクション漫画『BLEACH』。その生誕20周年を記念し、初の原画展「BLEACH EX.」が開催決定!!原画を通して、作品の世界観や原作者のメッセージに触れる機会となっています。会場では、久保帯人氏のイラストを使用したオリジナルグッズも盛りだくさん!!20年の歩みを、ぜひ会場でご体感ください。

『挑む浮世絵 国芳から芳年へ』

  • 2月26日(土)~4月10日(日)
    京都文化博物館

    旺盛な好奇心と柔軟な発想、豊かな表現力を武器として浮世絵のさらなる活性化につなげた歌川国芳 [うたがわくによし](1797年から1861年)。本展では国芳の武者絵を中心としながら、月岡芳年[つきおかよしとし](1839年から92年)ら弟子たちの作品にもスポットを当てます。そして幕末から明治にかけ、国芳の個性がどのように継承、変化していったのかを、尾崎久弥[おざききゅうや](1890年から1972年)、高木繁[たかぎしげる](1881年から1946年)のコレクションなど名古屋市博物館が所蔵する浮世絵によってたどります。人々の嗜好に合わせ最後まで新しい画題と表現に挑み続けた、国芳を領袖とする「芳ファミリー」の活躍をご覧ください。なお展示作品には残虐な描写のものが含まれます。ご用心!!