1月5日(水)<1月8日(土)再放送>

2022年最初の放送となるピーチケパーチケ!まずは、1月16日(日)まで大阪で開催中の『コレクター福富太郎の眼』の見どころを、兵動大樹&新メンバー・藤本景子アナの名コンビがご紹介!混ぜるな危険!?爆笑リポートをたっぷりお届け!さらに、展覧会が話題となった『怖い絵』がなんと舞台化!主演・尾上松也&比嘉愛未を独占インタビュー!また、チケットが即日完売した大人気のクラシックコンサート『東芝グランドコンサート2022』 では、チケット入手最後のチャンスとなるピーチケ特別予約をお見逃しなく!さらに、ソリストとして出演する、第18回ショパン国際ピアノ・コンクール第2位の快挙を成し遂げた大注目のピアニスト・反田恭平からメッセージが到着!1月28日(金)からあべのハルカス美術館で開催される『イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜』では、杉本なつみアナが見どころを先取りリポート!ピーチケレギュラーきっての絵画通・中山優馬も「もう一回行きたい!」と大絶賛の魅力を皆さまにお届け!ひょピックスコーナーでは、『King Gnu』&『莉犬』を直撃!

出演者

兵動大樹(矢野・兵動)
桜 稲垣早希
中山優馬
藤本景子(関西テレビアナウンサー)
兵動大樹(矢野・兵動)
桜 稲垣早希
中山優馬
藤本景子アナンサー

紹介予定のイベント

コレクター福富太郎の眼

  • コレクター福富太郎の眼
    コレクター福富太郎の眼
    コレクター福富太郎の眼
  • 2021年11月20日(土)~2022年1月16日(日)
    あべのハルカス美術館

    福富太郎は、1964年のオリンピック景気を背景に全国に44店舗ものキャバレーを展開し、キャバレー王の異名をとった実業家です。その一方で、父の影響で少年期に興味を抱いた美術品蒐集にも熱中し、コレクター人生も鮮やかに展開させました。情熱を傾け蒐集した作品の数々は、日本近代美術を紹介する展覧会において多くの人々を魅了し、福富は他とは一線を画すコレクターとして注目される存在となったのです。本展は、鏑木清方や北野恒富に代表される東西画家の美人画はもとより、時代を映す黎明期の洋画から戦争画に至るまで、約80点の作品をとおして今も息づくコレクションの魅力と、作品とともに歩んだコレクター人生を振り返ります。

舞台『怖い絵』 ※先行予約有り

  • 舞台『怖い絵』
    舞台『怖い絵』
    舞台『怖い絵』
  • 2022年3月24日(木)~3月27日(日)
    COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール

    世界中の名画には、実は、隠された恐怖の真実があった…。謎多き絵画コレクターのダークヒーロー・ミステリー!投資家をしながら、実は怖い意味を持つ絵画を集めるのが趣味の男。「怖い絵」に秘められた物語が、その事件の真の姿を浮かび上がらせ、この男が、罪深き人たちに、復讐の代行を行っていく。本当に存在する絵と、そこに隠されたメッセージ。これは新たな絵画版シャーロックホームズとなるのかもしれない。舞台「怖い絵」であなたも絵画からその罪を解き明かせ。今作の主人公である謎多き絵画コレクターを務めるのは歌舞伎以外にもミュージカル、ドラマ、映画、バラエティなど幅広く活躍をしている尾上松也。他キャストには比嘉愛未、佐藤寛太(劇団EXILE)、崎山つばさ、寺脇康文ら豪華出演陣が集結します。

『東芝グランドコンサート2022』ダーヴィト・アフカム指揮 スペイン国立管弦楽団 ※番組内予約有り

  • 『東芝グランドコンサート2022』ダーヴィト・アフカム指揮 スペイン国立管弦楽団
    『東芝グランドコンサート2022』ダーヴィト・アフカム指揮 スペイン国立管弦楽団
  • 2022年3月5日(土)
    兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール

    スペインが誇る国立オーケストラと、今もっとも注目の若きピアニストが競演!国内屈指の伝統を誇るクラシックコンサートシリーズの41回目の開催!本コンサートシリーズは、1982年より海外の著名な指揮者やオーケストラ、豪華なソリストらの共演を実現してきた、国内屈指の伝統あるクラシックコンサートシリーズです。2022年は、スペイン国立管弦楽団と、同楽団芸術監督のダーヴィト・アフカムを招聘いたします。
    ソリストには、卓越したテクニックと華やかかつ繊細な演奏で多くの聴衆を魅了し、第18回ショパン国際ピアノ・コンクール第2位の快挙を成し遂げた、最注目のピアニスト・反田恭平が登場します。1982年の開催より、アシュケナージ、ラトル、M.ヤンソンス、ブロムシュテット、チョン、ビシュコフ、ソフィエフら、数々の現代の巨匠たちをいち早く海外オーケストラと共に招聘し、豪華ソリストとの共演を実現してきました。41回目の開催にふさわしい、世界の最前線で活躍し続ける華麗なるアーティストたちが繰り広げる情熱的で色彩豊かな響きをご堪能ください。

『イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜-モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン』

  • 『イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜-モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン』
    『イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜-モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン』
    『イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜-モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン』
  • 2022年1月28日(金)~4月3日(日)
    あべのハルカス美術館

    約50万点の文化財を所蔵するイスラエル博物館は、印象派の作も珠玉のコレクションを誇ります。本展は同館から、印象派に先駆けたコロー、クールベ、ブーダン、そしてモネ、ルノワール、シスレー、ピサロ、この流れを発展させたポスト印象派のセザンヌ、ゴッホ、ゴーガン、さらに印象派の光と色彩の表現を独特の親密な世界に移し変えたナビ派のボナールやヴュイヤールの作品約70点を厳選し、印象派の光の系譜をたどります。なかでも、「睡蓮の画家」とも呼ばれるモネの最も有名な「連作」のうちの一点《睡蓮の池》は、特に「当たり年」と評される1907 年に描かれたものです。この画家全盛期の作品を含めた出品作の大半が、日本初公開となる予定です。

注目のエンタメニュースをお届け!『ひょピックス』

  • ひょピックス
    ひょピックス
    ひょピックス
    ひょピックス
  • 注目のエンタメニュースをお届けするコーナー『ひょピックス』!今週は、『King Gnu』&『莉犬』を直撃!