8月11日(水)<8月14日(土)再放送>

今回のピーチケパーチケは、兵動大樹×桂吉弥W主演しゃべくり喜劇シリーズ第3弾『はい!丸尾不動産です。~本日、家で再会します~』に出演する、施鐘泰&堀くるみがスタジオ登場!“丸尾不動産”シリーズならではの魅力や、とっておきのマル秘情報までたっぷりお届け!さらに、丸尾不動産シリーズのテーマ曲「未来図の僕」を施鐘泰&堀くるみ特別バージョンで生歌披露!また舞台『ドッグファイト』では、主演を務める屋良朝幸を直撃インタビュー!今回3度目の再演ということで、過去に舞台を観劇した直属の後輩・中山優馬も見どころを熱弁!中山が師匠と慕う屋良朝幸からの、まさかのムチャぶりにスタジオ大爆笑の一幕も!大阪南港ATCホールで開催中の『ティラノサウルス展』では、音声ガイドを務める人気バンドflumpoolのボーカル、山村隆太を独占インタビュー!ひょピックスコーナーでは、『山崎育三郎』&『瑛人』からピーチケ独占メッセージが到着!

出演者

兵動大樹(矢野・兵動)
桜 稲垣早希
中山優馬
川島壮雄(関西テレビアナウンサー)

紹介予定のイベント

『はい!丸尾不動産です。~本日、家で再会します~』※番組内予約有り

  • 大阪公演:2021年9月4日(土)~7日(火) ABCホール
    姫路公演:2021年10月3日(日) アクリエひめじ中ホール

    兵動大樹×桂吉弥 W主演しゃべくり喜劇 人気シリーズ第3弾上演決定!『はい!丸尾不動産です。~本日、家で再会します~』。今回は寂れた町の寂れたスナックで繰り広げられるワンシチュエーション・コメディー!吉本新喜劇の未知やすえをはじめ、佐藤太一郎、施鐘泰(JONTE)、近藤頌利(劇団Patch)、堀くるみ、安藤夢叶によるバラエティーに富んだ俳優陣を迎えてさらにパワーアップ!ナンセンスなのに、リアル!バカバカしいのに、胸に刺さる!涙しているのに、ツッコミたくなる!笑って、笑って、ホロリして、最後に大爆笑!!爆笑人情喜劇に乞うご期待!

ミュージカル『ドッグファイト』 ※先行予約有り

  • ミュージカル『ドッグファイト』
  • 2021年10月21日(木)~24日(日)
    梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

    本作は2012 年にオフ・ブロードウェイのセカンド・ステージ・シアターで上演。その楽曲の新鮮さと、繊細な人間ドラマは驚きと感動を持って迎えられました。原作は1991年にアメリカで公開された映画であり、夭折した人気俳優リバー・フェニックスが主演した数少ない映画としても知られています。作詞・作曲は大ヒットしたハリウッド映画「ラ・ラ・ランド」ではアカデミー賞® とグラミー賞®のW受賞。続く映画「グレイテスト・ショーマン」でもアカデミー賞を受賞。ミュージカル「ディア・エヴァン・ハンセン」ではトニー賞®にも輝いた現代最高の作家コンビ、ベンジ・パセック&ジャスティン・ポール。2015年、2017年と大盛況のうちに日本初演・再演を果たした本作。主演は、初演・再演と熱気あふれる演技、歌、ダンスの全てにおいて高い評価を得た屋良朝幸が務めます。普遍的な若者の成長と絆を描いた感動的な物語と、躍動感あふれる音楽とダンスのコラボレーション。更にエネルギッシュな『ドッグファイト』にご期待ください。

『ティラノサウルス展 ~T. rex 驚異の肉食恐竜~』

  • 2021年7月17日(土)~9月5日(日)
    大阪南港ATCホール

    この夏、大阪南港ATCホールで、ティラノサウルスの全身復元骨格5体が集結する『ティラノサウルス展 ~T. rex 驚異の肉食恐竜~』を開催。なかでも、獲物のエドモントサウルスに襲いかかる様子を再現したティラノサウルス(愛称:アイヴァン)は日本初公開の標本です。その他の大型肉食恐竜の標本や、ティラノサウルスと戦いを繰り広げていたとされるトリケラトプスのロボットなども展示、ティラノサウルスが君臨した恐竜時代を紐解きます。さらに、自社で制作・企画したイベントの通算動員数300万人以上を誇るクリエイティブカンパニー「NAKED, INC.」が、本展用に「恐竜」をテーマとした初の大型コンテンツを制作。白亜紀後期のアメリカ大陸を舞台に、ティラノサウルスが目の前によみがえる体感ができる、インタラクティブ展示もあり、家族で楽しめるイベントです。

注目のエンタメニュースをお届け!『ひょピックス』

  • 注目のエンタメニュースをお届けするコーナー『ひょピックス』!今週は、『山崎育三郎』&『瑛人』から独占メッセージが到着!

ノーベル賞受賞100年記念「アインシュタイン展」

  • 2021年7月17日(土)~10月10日(日)
    大阪市立自然史博物館 ネイチャーホール

    20世紀最高の物理学者と称される、アルバート・アインシュタイン(1879~1955年)は、20世紀前半に相対性理論やブラウン運動の理論などを提唱、光電効果の理論的解明によって1921年のノーベル物理学賞を受賞しました。その受賞100年記念として企画された本展は、アインシュタインの科学理論や日本とのつながりについて、国内外の貴重な資料や、体験装置、ゲーム、科学玩具をとおして、子どもから大人まで楽しみながら学べる内容です。また、没後に多くの個人資料の寄贈を受けたヘブライ大学(イスラエル)の特別協力を得て、アインシュタインゆかりの品も展示し、幼少時の挫折体験や晩年の平和活動など、深みのある人間性にも焦点をあてます。