累計部数170万部突破の大人気コミックをドラマ化!

2019.03.12

ドラマの原作は有賀リエさん作のコミック「パーフェクトワールド」。2014年に女性コミック誌「Kiss」(講談社)で連載をスタートし、現在では累計部数170万部を超える人気作!世界では、11ヵ国で翻訳・出版され、フランスではマンガ雑誌「AnimeLand」にて、“2016年ベスト少女漫画”を受賞しています。
ネット上のコミックレビューでは「覚悟がいる恋愛に涙がでました」、「多くの方に読んでほしい」、「障がいに対して、無意識に偏見を持っていたのを自覚させられた」、「漫画のようにうまくいく事ばかりではないが、私や世間が先入観や偏見を少しでもなくしていけたらいいなと思った」といった感想が寄せられるなど、幅広い層に影響を与え、愛されている作品です!最新刊9巻は、3月13日(水)発売!

ドラマでは、オリジナルキャラクターを加えるなど、ドラマならではのストーリーをお届けします!

原作者・有賀リエさん コメント

松坂桃李さんは、新しい作品を見るたびに「すごい役者さんだなあ…」と思ってしまう、いつも次の作品を楽しみにしている役者さんでした。そんな松坂さんが樹役と聞いた時は、嘘じゃないだろうかと信じられなかったです。きっと樹の内面はもちろん、脊髄損傷の細かい仕草も丁寧に表現してくださるだろうと、安心感と期待でいっぱいになりました。
山本美月さんは、その可愛さはもちろん演技が前から大好きで、特に涙を流す時の表情が頭に残って離れない女優さんでした。山本さんに決まった時は本当に嬉しかったです。笑顔や涙の仕草が、つぐみのイメージにぴったりと重なっていくのを感じました。

私もドラマのスタートを楽しみにしています!

バックナンバー

関西テレビ ページトップへ戻る