#86月11日放送

樹(松坂桃李)に絶体絶命の危機が迫る!
地震直後の混乱のなか、安否が分からない樹を探すため、つぐみ(山本美月)は父・元久(松重豊)が止めるのも聞かずに家を飛び出して…?

高木圭吾(山中崇)と楓(紺野まひる)、夫婦の夢をどちらも叶える樹(松坂桃李)のプランは、2人に笑顔を取り戻し、樹は正式に、高木夫妻が建てる家の設計を請け負うことに。つぐみ(山本美月)もまた、建築中のバリアフリーのモデルルームを見学できるよう、仕事関係者にかけ合う。その一方で、2人がまた一緒に仕事をすると聞いた葵(中村ゆり)はいても立ってもいられず、松本で働くつぐみの元へ向かい、「樹くんと付き合うことになった」と嘘をついてけん制する。それを聞いたつぐみは、樹への想いを封印するように、高校時代に描いた思い出の絵を捨てる。樹もまた、つぐみが是枝(瀬戸康史)と結婚すると知り「幸せになれよ」とエールを送るが…。

建設工事の安全を願う地鎮祭当日、つぐみは元久(松重豊)に、樹と一緒に仕事をしていることを打ち明けようとするが、次の瞬間、強い揺れに襲われ、大きな地震が起きる。幸い、つぐみの家は被害が少なかったが、地鎮祭に参加するため、同じく松本にいた樹とは連絡がつかない。心配になったつぐみは、元久や咲子(堀内敬子)が止めるのも聞かず、家を飛び出す。

一方、東京で地震のニュースを知った洋貴は、つぐみから樹と連絡が取れないと聞き、葵と合流して松本へ向かうことに。葵の話によると、樹にとって何より心配なのは、排せつができないことによる尿毒症だという。最悪の場合、死にいたることもあると聞き、ますます不安が募るつぐみだが…?

物語はついに佳境へ!!岐路に立たされ、激動する、それぞれの運命の行方はー?

チェインストーリー

第7.5話2人に足りないのはきっかけ

東(とよた真帆)に密かに想いを寄せる渡辺(木村祐一)は、カフェデートに行った部下の沢田(池岡亮介)と東の仲を疑う。しかし、沢田から「社長と東さんってお似合いです」と言われ、渡辺はその気になり…。
一方、第一志望に就職が内定したしおり(岡崎紗絵)は、友人のナオ(真魚)と内定祝いをしていた。ただ、浮かない顔のしおり。長く片思いをしていた洋貴(瀬戸康史)に失恋してしまったという。そんなしおりをナオは励ますために…。

恋心を繋ぐもう一つのドラマ チェインストーリーはこちら

バックナンバー

関西テレビ ページトップへ戻る