鮎川文乃役 麻生祐未さん

鮎川文乃役 麻生祐未さん
作品について、率直な感想をお聞かせください。

とてもかわいいラブストーリーだなと思いました。今回は車いすに乗っている人と健常者の人のお話で、テレビドラマだとリアルを追究することはなかなか難しいところもありますが、もっと普通にこういうドラマが出てくるといいなと思いました。

役に対してどのような印象をお持ちですか?

原作も読ませていただいて、とても素敵なお母さんだと思いました。子どもが事故に遭ったり、とてもつらい目に遭ったりしたんですけど、それを一緒に経験して何とか乗り越えてきたので、たぶん樹も文乃も幸せになる方法を一生懸命考えた人なんだろうなと思って、大切に演じたいと思いました。

役柄でご自身と似ているところ、共感するところを教えてください。

文乃はとてもしっかりしている人なので、似ているところはあんまりないと思うんですけど…(笑)
ただ私も実際子どもがいるので、子どもとの距離感は分かるかもしれません。文乃は思いがあふれるほどに樹のことを思っているんだけれども、それが近くなりすぎないように、気をつけています。

役を演じるうえで意識していることがあれば、教えていただけますでしょうか?

文乃は、とても前向きで明るくて、そして真面目に、毎日を大切に生きている人だと思います。そんな文乃さんを尊敬しているので、そこは嫌味にならないように、やりすぎにならないように、意識しています。

現場の雰囲気はいかがですか?

とても温かくて、ほんのささいな幸せも大切に作っていこうとしているチームです。みなさん協力的で温かいし、私はとても楽にやっています(笑)。松坂くんは相変わらずとっても頑張っているし、心配になるほど頑張っています(笑)。とてもいい現場です。

視聴者へのメッセージをお願いします!

6話からは、原作とは違う意外な展開があったりするので、何が起こるのか、皆さん楽しみにしていてください!

これさえあればパーフェクト!

私の中では、一日一回笑えたりしていたら「パーフェクト日だな」って、つくづく思いますね。毎日本当に忙しくて流されているんですけど、ふとした時にガラスとか鏡に映った自分の顔を見た時に、口角が下がってさみしい顔をしていることもあるんです。なので、声を出してお腹から笑うことが出来たらベストでしょうけど、「かわいいな」「ほほえましいな」とか、うれしくなることが一日一回でもあると、パーフェクトな一日だなと思います。

バックナンバー

関西テレビ ページトップへ戻る