川奈しおり役 岡崎紗絵さん

川奈しおり役 岡崎紗絵さん
作品について、率直な感想をお聞かせください。

純粋にこの役をやることが出来てうれしかったです。私が演じるしおりというキャラクターは、障がいについて素直に自分の意見を言っていますが、時に周りを傷つけてしまうような言い方もします。なので、演じるうえでいろんなことを考えました。この台本を読ませていただいた時、すごく温かかくて、じーんとくるようなお話だと思いましたし、お姉ちゃんのつぐみと鮎川さんのラブストーリーというのもありますし、障がいをどう乗り越えて行くのか、というのもあると思います。見る人に訴えかける作品だと思っていて、このようなテーマの作品に参加させていただけるのは、とてもありがたく思っています。

ドラマのオリジナルキャラクター・川奈しおりについて、どのような印象をお持ちですか?

キャラクターとしては、思ったことを言ってしまうタイプですね。しおりの場合は、相手にどう思われるかは関係なく、自分が思ったことを発する素直な子だと思います。お姉ちゃんのつぐみとは対照的というか、タイプが違って、お姉ちゃんより多分いろんなことを知っていて「もっと要領よくやりなよ」と思っているタイプかと。お姉ちゃんがしっかりして、細かくやるところを、しおりは大胆な感じでズカズカいっちゃうような。しおりの方が「裏を知っています」という感じです(笑)。

役を演じるうえで、どんなことを意識されていますか?

しおりは素直な子なので、演じる上で「あまり人のことを考えない方がいいんだな」と思っています。あとしおりのセリフは、言い方によってはグサッと来るような場合があったりするので、彼女が悪く見えないように気をつけています。元気なんですけど、ちょっとクールな感じというか、ズケズケ話していく感じでどっしりと構えている子だと思うので、調整しながら演じています。

現場の雰囲気はいかがですか?

最初はだいぶ緊張していました。でも、山本美月さんが気さくで、私に寄り添ってくれるので、すごくうれしいです。つぐみとしおりのように、お互いズケズケ言う関係とまではいかなくても、あんな風になれたらいいなと思います。

視聴者へのメッセージをお願いします!

このドラマを通して、障がいのある方とどう接していくか、ということを考えるきっかけになれば素敵だと思います。私自身、台本を読んでいて本当に考えさせられたので、身近に考えてみるということは大事なことだと感じています。あとは、つぐみお姉ちゃんたちの恋愛模様がどうなるのか、応援していただきたいです!

これさえあればパーフェクト!

“砂肝”です(笑)。最近というか、ずっと好きなんです。味がもう、おいしいです!焼き鳥屋さんに行ったら必ず頼みますし、コンビニで売っている“スモーク砂肝”には特に、ここ最近ハマっています。

バックナンバー

関西テレビ ページトップへ戻る