渡辺剛役 木村祐一さん

渡辺剛役 木村祐一さん
作品について、率直な感想をお聞かせください。

バリアフリーが叫ばれている中で、やはりどうしても目を背けるような、社会が触れないようなことがある中で、今作を取り入れることは意義があると思います。オリンピックも近いですし、世界的にもしっかりとしたメッセージを出していきたいですね。 ラブストーリーということで、つぐみには、非常に痛々しさもありながら、ひとりの女性としての勇気も感じられます。僕は健常者ではありますが「障がい者だけが犠牲になるとは限らない」と思っています。乗り越えるうえでいろいろな出来事がありますが、「男女の恋愛に、親の反対や状況は関係ないのかな」「気持ちが勝つんだな」とも思います。

演じられる渡辺剛について、どのような印象をお持ちですか?

普通の建築士という役柄なので、普通のお芝居は難しいなと感じています(笑)。時には平静を装ったり、なだめたりするときもあるという。平常心を保ちながら周りにも気遣いを与えるという役どころは面白いと思いましたね。

役を演じるうえで、どんなことを意識されていますか?

周りから慕われている感じを出すために、言葉ではなく表情などを見せていきたいですね。肩ひじ張らずに、背伸びせずに、自然に演じていこうと思います。いつものように後輩に語るより、女の子に語るくらいの“優しさ”を出していきたいです。

現場の雰囲気はいかがですか?

桃李くんはストイックだけどすがすがしい人ですし、美月ちゃんはかわいいですね。同年代のキャストの方々が多いので、とよた真帆さんと一緒にほほえましく見守る感じで、早くもファミリーな感じが出ていますね。

視聴者へのメッセージをお願いします!

普通の純粋な恋愛ドラマとして見ていただきたいですね。もちろん、乗り越えるものもあるんですけど、一組のカップルの行く末を温かく見守るような感じで見ていただければ、うれしいです。あと、視聴者のみなさんには、僕も独身だということをお伝えしておきたいですね(笑)。

これさえあればパーフェクト!

強い火力と深い鍋、トマト、ニンニク、オリーブオイル…そんな感じですね。 そこまでの材料があれば、料理はいかようにもなるので。

バックナンバー

関西テレビ ページトップへ戻る