おうちで舞台~カンテレ劇場~

[#4]『魔術』
9月12日(土)深夜2:15~4:13

番組概要

コロナ禍で、舞台公演など様々なエンターテインメントが軒並み中止になった2020年春。季節は夏からゆっくりと秋に変わりつつあり、少しずつですが劇場で公演が行われるようになってきました。
エンターテインメントの灯を消さないために、6月からカンテレ制作の舞台をノーカットでおうちで楽しんでいただける番組としてスタートしたこの番組。
今回は第4弾の放送となりますが、この『おうちで舞台~カンテレ劇場~』は、一度この9月の放送で役割を終えることとなりました。
カンテレは、これからも様々なジャンルのエンターテインメントを発信し、人々の生活を豊かにする一助になればと思っています。今夜は、カンテレ劇場で、おうちのテレビを通して、観る人の心に深く問いかけてくる舞台『魔術』を、ゆっくりお楽しみください!

カンテレ劇場支配人

川島壮雄(カンテレアナウンサー)

川島壮雄(カンテレアナウンサー)

9月12日(土)

[#4]

『魔術』

おうちで舞台~カンテレ劇場~『魔術』

舞台出演者

中山美穂、萩原聖人、橋本淳、勝村政信

リモートゲスト

内藤裕敬(『魔術』作・演出)

内藤裕敬(『魔術』作・演出)

放送内容

第4弾となる今回は、2016年春に東京、兵庫をはじめ全国7都市で上演した中山美穂の初出演舞台『魔術』(出演:中山美穂、萩原聖人、橋本淳、勝村政信)。TV初放送、全編ノーカットでお届け!
作・演出は南河内万歳一座座長である内藤裕敬。
深夜の終着駅、まるで魔術のように忽然と姿を消した街の人々。おでん屋の屋台の灯りに吸い寄せられた3人の男と1人の女。電車事故、繋がらない電話、途切れた記憶の糸、狂いだした人と人との距離と密度。そして、観客を驚かせる衝撃の結末とは?!
番組ナビゲーターは、“カンテレ劇場支配人”の川島壮雄アナウンサーが担当。リモートゲストに、南河内万歳一座座長で作・演出の内藤裕敬が登場。『魔術』の世界観は奇しくも、コロナ禍の現在に重なる…。今だからこそ、観る人に深く問いかける舞台『魔術』を是非お楽しみ下さい!

おうちで舞台~カンテレ劇場~『魔術』

おうちで舞台~カンテレ劇場~『魔術』

おうちで舞台~カンテレ劇場~『魔術』

おうちで舞台~カンテレ劇場~『魔術』

【作・演出 内藤裕敬コメント】

関西テレビ ページトップへ戻る