お義父さんと呼ばせて

毎週火曜よる10時

TOPICS | トピックス

約4ケ月にわたって行われた撮影もゴールを迎え、キャストの皆さんが次々とクランクアップ。

トピックス | お義父さんと呼ばせて

2人きりのしみじみとしたシーンを終え、夜遅くクランクアップを迎えた遠藤憲一さん渡部篤郎さん。監督から花束を受け取ったお2人は、多くのスタッフに拍手で労われる中、「楽しかったです、お疲れさまでした。打ち上げの時にちゃんとしゃべるから、今日は早く帰らせて!」と渡部さんが笑いを取った後、遠藤さんは「54歳にして、こんな温かいドラマで、さまざまなシーンに登場する役をいただいて本当に感謝しています。皆さんに助けられて、強烈に思い出に残る作品になりました」と、感無量の様子。また、渡部さんは「遠藤さんとこんなに長くご一緒することができて楽しかったです。終わってみるといい思い出になりました」と明かし、遠藤さんも「デビュー時に戻ったように、みんなで一緒に作り上げていく楽しさを実感しました」と撮影を振り返りました。最終回の見どころについて「僕らは、テレビを見て下さる方に楽しんでもらいたいという思いを込めてやりましたので、ぜひ楽しんでください」(渡部さん)、「渡部さんのアドリブがあまりに突然でびっくりしたシーンもありました。僕はまだまだ素人だな、と(苦笑)。驚いてしまうようなアドリブがいろんなところにちりばめられているので、ぜひ楽しみにして下さい!」(遠藤さん)と、それぞれアピール。

トピックス | お義父さんと呼ばせて トピックス | お義父さんと呼ばせて
トピックス | お義父さんと呼ばせて

かわいらしい年下彼女の顔だけでなく、保(遠藤憲一)の尻を叩く一面などさまざまな表情を見せてくれた美蘭役の蓮佛美沙子さんは、遠藤さんと渡部さんに両側から抱きしめられてにっこり。「なんか全然終わった感じがしないです。また来週から、みんなで花澤家のリビングでぎゃーぎゃーやる気がする」と実感が沸かない様子。「『演じていても楽しくて、観ていても楽しいドラマって、意外とないな』って思いながらやれたのが嬉しいです。素敵な彼氏と素敵なお父さんという“両手に花”で、たくさん勉強させていただきました」と話し、「心の温かい方が多い現場だというのが画面にもすごく出ていたな、と回を追うごとに感じました」と告白。また、「リハーサル中にあんなに笑う現場は初めて。みんなで面白いものを作ってるんだ、とすごく幸せでした。そして、それがちゃんと見て下さる方に届いているのを実感しました」と振り返り、「泣きそうになってきたので、このへんで」と、こみ上げる感情を抑えていました。

トピックス | お義父さんと呼ばせて

姉・美蘭(蓮佛美沙子)へのコンプレックスを抱えた次女・真理乃を演じた新川優愛さんは、「こんな楽しい作品を皆さんの中に参加してできたことが、ものすごくありがたいです。また皆さんとご一緒できるように頑張っていきます!」と挨拶。また、撮影を振り返って「毎日現場に来るのがすごく楽しくて!セットの中でも笑って、ロケでも笑って(笑)。あっという間の4ヶ月、先輩方との現場は勉強になることだらけでした。2016年始まりの作品がこのドラマで良かったなって心から思います」。さらに、「笑いをこらえるのが大変な作品でした」と苦笑い。

トピックス | お義父さんと呼ばせて

女装という衝撃的な趣味を披露した長男・葉理男役の中村倫也さんは、「皆さん、お疲れさまでした。“女装男”こと中村倫也です」と一同を笑わせた後、「僕はホームドラマが大好きで、生まれて初めてホームドラマをやったんですけど、こんな素敵な方々とこんな面白い作品をやれて本当に幸せでした!また、やりましょう!!」と作品への熱い思いを明かしました。

トピックス | お義父さんと呼ばせて

湘南の砂浜で最後のシーンを終えた山崎育三郎さんは、共演の和久井映見さんから花束を贈られ、蓮佛さんからの「砂ちゃん!アイアイサー♪」の呼びかけに応えて、本家「アイアイサー♪」で周囲に手を振りました。「今回、こういう役は初挑戦でした。監督、スタッフ、共演者の皆さんがほんとにいい雰囲気でどんどんやっちゃえ!っていう空気を作ってくださったので、新しい自分に出会えました。」と話したところで、監督から「言ってないよ!勝手にやっただろ」とヤジが飛び、「ちょっと静かにしてください(笑)。」とたしなめる場面も。「このチームですごく楽しい時間を過ごさせて頂きました。ありがとうございました!アイアイサー!!」と最後まで砂清水らしく締めくくりました。

トピックス | お義父さんと呼ばせて

紀一郎(渡部篤郎)の秘書・希和役の中村アンさんは、上司の渡部さんから花束を受け取り、「会社のシーンが多くて、なかなか会えない方もいたのですが」と他のキャストとの共演シーンが少なかったことを惜しみながらも、「本当に温かい現場で楽しかったです。お世話になりました!」と笑顔で語り、「撮影もあと少しなので、頑張ってください」と、他のキャスト、スタッフにエールを送りました。

夫・紀一郎との2人でのシーンが最後となった静香役の和久井映見さん。渡部さんから花束を受け取り、「いつも食卓のシーンで、たくさんのみんなの中にいられるのはとても新鮮で幸せでした」と胸中を明かし、「今までシリアスな作品でご一緒させていただいた渡部さんと、こんなコミカルなシーンで終われるのはとても幸せです。」とコメント。また、「一人ずつ、一つずつ終わっていくんだな、と思うと切なくて。食卓を囲んでわちゃわちゃと、みんなが巻き込まれながら進んでいくのがすごく楽しかったので、もうあの日々が来週からないのかと思うと淋しいです」と、涙ながらに話す笑顔が印象的でした。

ドラマの中の色んなシーンで、素敵な表情、面白いやり取り、幸せな空気で楽しませてくれたキャストのみなさんに会えるのも、いよいよあと1回。キャスト、スタッフ渾身の最終回をどうかお見逃しなく!!

TOPICS | トピックス


Twitter | ツイッター

Facebook | フェイスブック

関西テレビ ページトップへ戻る