お義父さんと呼ばせて

毎週火曜よる10時

TOPICS | トピックス

保(遠藤憲一)の第二の女疑惑も晴れ、より保の人のよさがクローズアップされた第8話。保の人間性は、頑なだった紀一郎(渡部篤郎)の心にも響いたよう。そして、第1話の冒頭シーン、保と紀一郎の爆走の謎がついに明らかに!キャストの皆さんも「あのシーンは今後どう繋がるのか」と気にしていただけに、見ている皆さんもすっきりされたのではないでしょうか。

トピックス | お義父さんと呼ばせて

冒頭シーンの撮影から約2ヶ月経った2月下旬、再び埠頭のロケ現場に現れた遠藤さんと渡部さん。遠藤さんは「やっと冒頭と繋がってよかったよ(笑)。」と現場を和ませ、渡部さんの顔を見るなり、「今日はあんなに長い距離走らないんだって」と嬉しそう。それもそのはず、第1話の冒頭シーンはかなり長い距離を何本もダッシュしなければならず、遠藤さんが「ぜぇぜぇ言いながら撮りました」と漏らすほどの大変さだったんです。

現場では、遠藤さんが2ヶ月前を振り返り、「すっごい距離を走ったんだよ。普段、全然運動しないから大変で…。1発ならまだしも、3、4発とやるとさすがにね」と苦笑いを浮かべ、「でも、渡部さんはその後でゴルフに行ってたからね!信じられないよ」と渡部さんのタフさに驚いたエピソードをぽろり。

トピックス | お義父さんと呼ばせて

リハーサルでは、コンテナの陰から姿を現すやいなや走る準備運動をする、という遠藤さんのアドリブにスタッフ全員大ウケ!また、保が紀一郎に追いつかれる直前の場面では、遠藤さんが監督に「『得意の脅しか!?』っていうセリフを入れていい?」と提案。もちろん、追ってきたライバル商社の人間に対する言葉なのですが、ほんのり紀一郎にもリンクする絶妙な言葉選び。豊かな発想で次々と提案をする遠藤さんの、作品への強い思いが垣間見えます。

トピックス | お義父さんと呼ばせて

2人がもみ合いになるシーンは、すぐそこが海というシチュエーションで、どさくさに紛れて渡部さんが遠藤さんを海に落とそうとするなど、仲良くじゃれ合うお2人。アクションのスタッフが遠藤さんに倒れ方を指南していると、「遠藤さんだから教えなくて大丈夫だよ」と言う渡部さんに、「他人事だと思って!」と遠藤さん。そんな2人だからこそ(?)もみ合って同時に倒れ込むシーンは息ピッタリで、見事一発OK!

保の人柄が、紀一郎との雪どけを促したのも束の間、紀一郎には仕事のトラブルが。
さらに静香(和久井映見)がまさかの家出?保と美蘭(蓮佛美沙子)の結婚どころか、紀一郎と静香に離婚の危機?果たして保と花澤家にはどんな結末が待っているのか?!

TOPICS | トピックス


Twitter | ツイッター

Facebook | フェイスブック

関西テレビ ページトップへ戻る