お義父さんと呼ばせて

毎週火曜よる10時

TOPICS | トピックス

花澤家の次女・真理乃を演じる新川優愛さんが、大阪のカンテレ本社で取材会を行いました。大のお笑い好きで、3月6日(日)放送の『Cygames R-1ぐらんぷり2016』の応援団も務める新川さん。ドラマでも、花澤家の一員として、笑いを誘う会話劇をのびのびと演じていますが、実はこれまでコミカルなお芝居の経験はあまりなかったそう。

トピックス | お義父さんと呼ばせて

「私は“笑わせる”というより“笑わされている”という感じですね。現場では遠藤さんや渡部さん、蓮佛さんのアドリブ合戦がすごいんです。一番ビックリしたのが、第2話で保が花澤家で酔っぱらうシーン。お酒に酔って絡むんですけど、遠藤さんが本番で急に『ドナドナ』を歌い出したんです。しかも結構長く(笑)。“ここで私が笑ったらNGになる!”と一生懸命笑いをこらえていました」と明かしてくれました。遠藤さんと渡部さんがアイデアを出し合う「秘密の相談」をする姿もよく見るらしく、「“盗み聞きしたい!”っていつも思います(笑)。私もおもしろいアドリブが出せるようになりたいです」と先輩俳優たちの演技に、大きな刺激を受けているようです。

トピックス | お義父さんと呼ばせて

キラキラしたイマドキの女子大生を絵に描いたような真理乃ですが、自分自身は正反対の「地味なタイプ」だと言います。理想の男性像は「素朴な人がいいです。私が地味なので、派手な人についていけないと思います(笑)。」と告白。「インドア派の人と家で一緒にお笑いのDVDを見たりしたいです」と意外な素顔をのぞかせました。

  ドラマは最終回に向けて、いよいよ佳境。「撮影が終わってしまうのが寂しくて。花澤家でまだワチャワチャと騒いでいたいんです。渡部さんが結婚を認めずに、ドラマが2クール目に突入してくれたら(笑)。」と続編を希望して笑いを誘う新川さんでした!

TOPICS | トピックス


Twitter | ツイッター

Facebook | フェイスブック

関西テレビ ページトップへ戻る