お義父さんと呼ばせて

毎週火曜よる10時

TOPICS | トピックス

1月17日(日)、都内スタジオで、制作発表記者会見が行われました。W主演の遠藤憲一さん、渡部篤郎さんをはじめ、蓮佛美沙子さん、新川優愛さん、中村倫也さん、中村アンさん、和久井映見さんという顔ぶれがそろって登場。

マスコミの他に一般のお客様も参加し、超特急が歌う主題歌『Yell』に乗せて、まず遠藤さんと渡部さんの2人が壇上でがっちり握手して会場を沸かせた後、他のキャストたちも揃うと一層大きな拍手が巻き起こりました。

トピックス | お義父さんと呼ばせて

主演を務めるオジサン2人は、まず遠藤さんが「先日の撮影で、『愛してる』という言葉をマジで言いました。30数年やってきてこんなセリフは初めてで、とても新鮮。幸せな時間を過ごさせてもらっています。ドラマ中は、蓮佛ちゃんを愛し抜いて、渡部さんに結婚を許してもらえる日が来ることを信じて演じてます」と話し、渡部さんは「遠藤さんとは十数年前に初めて共演させていただきましたが、またこの歳で一緒にできるのは感動的。このような素敵なキャストの一人に入れていただいたことに感謝しています」とコメント。
遠藤さん演じるの彼女・美蘭役の蓮佛さんは「個人的にオジさまが大好きで、私の趣味にドンピシャなので、すごく幸せな日々です。彼氏が遠藤さんでお父さんが渡部さんなんて、ほんとに両手に花です」と、にっこり。
一方、美蘭の妹・真理乃役の新川さんは「笑えるところはありつつも、毎話ごとに家族の絆や恋人との関係が描かれていて、特に女性はこみ上げるものがあるんじゃないかと思います」、美蘭の兄・葉理男役の中村倫也さんは「笑って温かい気持ちになれるドラマです。僕も一緒にキュンキュンしながら、結婚について勉強したいと思います」、美蘭の母・静香役の和久井さんは「おおらかに見えるお母さんですが、秘密を抱えているので注目してみて下さい。美蘭の関係はもちろん、夫・紀一郎と秘書の関係もどうなるのか、今後が楽しみです」、紀一郎の秘書・希和役の中村アンさんは「『51歳の男性は正直ないな』と最初思ってましたが、美蘭2人の恋愛を見ていると、『アリなんじゃないかな』って思ってきました」と、それぞれ話してくれました。

トピックス | お義父さんと呼ばせて

また、撮影ウラ話として、「冒頭のシーン、横浜の埠頭でけっこうな長距離を全力で走ったのがハードでした。裸踊りのシーンでは、久しぶりに前バリ貼るのが大変でした」(遠藤さん)、「役名だけでなく、自分の名前も美沙子なので“みーちゃん”って遠藤さんから呼ばれると、つい素で返事をしてしまいそうになりますね(笑)」(蓮佛さん)、「会話劇が面白くて、映らないところで新川さんが必死に笑いをこらえて肩を震わせてます」(中村倫也さん)、「渡部さんのような方に、高いレッスン料もなく直接演技を教えてもらっていて、すごくぜいたく!」(中村アンさん)など、次々と現場の様子を暴露。

トピックス | お義父さんと呼ばせて

お互いの印象について聞かれた遠藤さんと渡部さんは、「渡部さんには男の色気があって、僕にはまねできないので、すごいなと思います。そんな渡部さんが慌てふためくコメディチックな面もあるので、その両方が見られてほんとに面白い」(遠藤さん)、「今までこんなに長く一緒にいたことはなかったので、すごく楽しいです。僕が付いていってるという感じです」(渡部さん)と答えてくれました。

トピックス | お義父さんと呼ばせて

また、「20歳以上離れた恋愛はあり?なし?」との質問には、遠藤さんが「俺はアリだと思います。年の差があろうがなかろうが、結局はその人の持ってるキャラクターだと思うんで」と答えたのに対し、渡部さんは「ないない!!大人として『相手の年齢はこの辺が限度じゃないか』と考えるのが普通だと思う。恋愛なので自由ですが、大人として一応考えなきゃ範囲が広がり過ぎちゃう」と話し、役柄さながらの対立した意見を戦わせて会場を沸かせました。

今回は抽選で選ばれた一般の方約50名も、遠藤さんと渡部さんのお2人を自由に撮影できるということで、皆さん色んな角度からオジサン2人の大撮影大会!この模様はtwitter、facebook等のSNSで午後6時以降に拡散されますので、こちらもチェックしてみて下さい。

オリジナル脚本で描く、家族の絆と愛情が満載のクスッと笑えるホームドラマ!ぜひご家族みんなでご覧いただき、それぞれの登場人物に感情移入しつつ、美蘭の恋の行方を最後まで見届けてくださいね!

TOPICS | トピックス


Twitter | ツイッター

Facebook | フェイスブック

関西テレビ ページトップへ戻る