お義父さんと呼ばせて

毎週火曜よる10時

TOPICS | トピックス

1月スタートに向けて先日撮影がスタート、ロケ初日の現場となった千葉県のホテルに、主演の遠藤憲一さんと渡部篤郎さんがそろい踏みしました。

中堅専門商社の部長・大道寺 保(だいどうじ たもつ)(遠藤憲一)が、一流総合商社の取締役・花澤 紀一郎(はなざわ きいちろう)(渡部篤郎)の愛娘・美蘭(蓮佛美沙子)との結婚を決意。共に51歳、同い年ながら生き方も性格も正反対の紀一郎が、「結婚したい男」VS「結婚させたくない男」として、大人げなく激しくぶつかり合う姿をコミカルに描くこのドラマ。「エンケンと渡部篤郎が“親子”に!?」と、話題を呼んでいます。
この日は、同じロケ場所ながら別々のシーンでの撮影でしたが、遠藤さん、渡部さんはお互いの演技をモニターで確認し合ったり、合間にはリラックスムードで談笑したり、早くもいい雰囲気。シリアスもコメディーも演じ分ける実力派俳優2人が見せる、一生懸命ながらもコミカルなオッサンの姿に、周囲からも思わず笑いがこぼれる撮影初日となりました。
「最初はお父さん役かと思っていた」という遠藤さんは、共演の渡部さんについて「厳しい人なので、ちょっとでもNGを出すと怒られちゃう(笑)。演じるはちょうど紀一郎に怒られる役なので、日常でも怒られながらやっていきたいですね」と語り、今後の共演を心待ちにしている様子。

トピックス | お義父さんと呼ばせて

この日、最初にクランクインを迎えた大道寺役の遠藤さんは、「土下座の大道寺」の異名通りに、いきなりの土下座シーンからスタート。熱血営業部長として、部下を従えて必死の形相で額を床に押し当てての熱演。ホテルの廊下を全力疾走するシーンでは、様々な角度から撮影するためにリハーサルを含めると20回にも及ぶダッシュを苦もなく繰り返す遠藤さん。さらに、この日最後の撮影シーンでは、頭からスーツまでびしょびしょに!
初日から体当たりの熱演を見せる遠藤さんに、期待は高まります!

TOPICS | トピックス


Twitter | ツイッター

Facebook | フェイスブック

関西テレビ ページトップへ戻る