お義父さんと呼ばせて

毎週火曜よる10時

STORY | ストーリー

美蘭蓮佛美沙子)の誕生日を5日後に控えたある日、紀一郎渡部篤郎)が「当日は家族だけで誕生会をやる」と言い出す。遠藤憲一)の裸踊りと酒癖の悪さを目の当たりにした紀一郎は、誕生日までに何としても2人を別れさせ、花澤家から排除しようと考えていた。

お義父さんと呼ばせて | ストーリー お義父さんと呼ばせて | ストーリー

一方のは、花澤家での大失態を思い出して呆然自失、仕事も手につかない。見かねた部下が声をかけると、美蘭との関係を打ち明け、格上の紀一郎に自分がどう対抗すべきか意見を求める。そして、紀一郎からの突然の呼び出しに、アドバイス通り強気で立ち向かおうとするが、年収や財産についてズケズケと聞かれた挙句、その程度で花澤家の娘として何不自由なく暮らしてきた美蘭を幸せにできるのかと問われると、返す言葉もなく意気消沈。美蘭も、いつもと違うの様子に気付く。

お義父さんと呼ばせて | ストーリー

翌日、何とか気持ちを立て直し、ジムで美蘭と待ち合わせた。しかしそこへ、追い打ちをかけるように紀一郎が現れ、に体力勝負を持ちかける。「勝ったら明日の美蘭の誕生日会に招待する」――。紀一郎の挑発を受けて立つだったが、日頃から鍛えている紀一郎にかなうはずもなく……。


美蘭の誕生日当日、紀一郎は前日にジムで取り違えた携帯電話を返すため、の自宅へ。しかしその帰り、マンションのエレベータが故障し、2人は閉じ込められてしまう。突然のハプニングに取り乱し、暴れ出す姿を見て、紀一郎が閉所恐怖症だと気付いた。宿敵の意外な弱点に顔をほころばせながらも、紀一郎が安心できるよう、子供の頃の思い出や他愛もない話を聞かせる。その一方で、紀一郎から「少しでも結婚に自信がないなら身を引いてほしいと」真剣に頼まれ、考え込んでしまう。

お義父さんと呼ばせて | ストーリー お義父さんと呼ばせて | ストーリー
お義父さんと呼ばせて | ストーリー

そして、気が重いまま向かった誕生日会の席で、紀一郎美蘭の別れを宣言。も黙っていると、美蘭は男2人の勝手な価値観と古い発想に激怒!「誰かに幸せにしてもらおうなんて思ったこともない!」と家を出て行ってしまう。慌てて後を追いかけたは、紀一郎に言われて芽生えた将来への不安を正直に打ち明けるが、美蘭は「先のことよりも今の自分の気持ちを大切にしたい」との悩みを一蹴。2人はお互いの愛を再確認するが、一方で紀一郎のイライラはさらに募り……!?

STORY BACKNUMBER | ストーリー バックナンバー


もっと見る

Twitter | ツイッター

Facebook | フェイスブック

関西テレビ ページトップへ戻る