お義父さんと呼ばせて

毎週火曜よる10時

STORY | ストーリー

お義父さんと呼ばせて | ストーリー

大道寺保遠藤憲一)は中堅の専門商社に勤める51歳。仕事熱心な営業マンで、その誠実さから“土下座の大道寺”の異名を持つ。ある日、取引先との交渉でホテルを訪れたは、結婚式を挙げたばかりの幸せそうなカップルを見て一念発起、システムエンジニアで28歳年下の恋人・花澤美蘭蓮佛美沙子)との結婚を決意し、プロポーズする。

その頃、大手総合商社に勤めるエリートビジネスマンの花澤紀一郎渡部篤郎)は、妻の静香和久井映見)から、娘の美蘭に恋人がいることを聞き、胸がザワついていた。しかも、近々その男が家に来るという。もちろん、娘の恋人が自分と同じ51歳だとは知る由もなく、美蘭のことを「相当なダメ男好き」「案外遊んでる」と話す次女の真理乃新川優愛)や長男の葉理男中村倫也)の言葉に、紀一郎の不安は募るばかり。さらに、本人たちがすでに結婚を決めていると知り、カッとなった紀一郎は思わず美蘭の頬を叩いてしまう。

お義父さんと呼ばせて | ストーリー お義父さんと呼ばせて | ストーリー

険悪なムードが漂う中、迎えた顔合わせ当日、現れたのは老人ホームで暮らしていた紀一郎の父・昭栄品川徹)だった。色恋沙汰を起こしてホームを追い出された昭栄は、しばらく花澤家に居候するという。そこへ、美蘭を連れて帰ってきた。相手の男が26歳だと聞いていた紀一郎は、明らかに自分と同世代のを見て愕然!一方のも、以前雑誌で見かけた、いけ好かない男がまさか美蘭の父親だったとは……と驚きを隠せない。

お義父さんと呼ばせて | ストーリー お義父さんと呼ばせて | ストーリー

そんな恋人と父親の反応をよそに、2人の馴れ初めを家族に聞かせる美蘭。しかし、同い年で同じ商社マンでありながら、生き方も考え方もまるで違う紀一郎が相容れるはずもなく、紀一郎は2人の結婚に猛反対。ついには、何とか理解してもらおうと頭を下げるを「バカじゃないの」とあしらい、辛辣な言葉を浴びせる。すると、日頃からちょいワル親父を気取る父親に嫌悪感を抱いていた美蘭も猛反発。激しい言い争いの末に家を飛び出すが、に諭され、仕方なくその日は家に帰る。

お義父さんと呼ばせて | ストーリー

花澤家では、娘の帰宅に内心ホッとする紀一郎に、静香から一通の手紙が渡される。「おとうさんへ」と書かれたその手紙には、これまでの楽しい家族の思い出と、美蘭から紀一郎に宛てた感謝の言葉が美しい文字で綴られていた。美蘭の本音を知り、感動する紀一郎だったが、それも束の間、最後まで読むと、それがの書いた手紙だと判明!怒りに震える紀一郎は、「この先、何があってもあの男との交際は認めん!」と宣言する。

STORY BACKNUMBER | ストーリー バックナンバー


もっと見る

Twitter | ツイッター

Facebook | フェイスブック

関西テレビ ページトップへ戻る